競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【ひまわり賞(オークス)'20】スタートから300mでコーナーの盛岡1800m戦

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は少な目の5頭見解です。
その代わりといっては何なのですが、少しフォーマットを変えてみました。
それでは日刊スポーツ杯 第34回ひまわり賞(オークス)(スズカコーズウェイ賞)(M1)の出走馬分析をしていきます。

 

本記事は予想ブログではないので予想は載せていません、見解を載せていますので皆さまの予想の参考にしてください(予想は当日にTwitterに載せています)

地方競馬(KEIBA.GO.JP)のHPからレース映像を見る方法 - club keiba

 

ひまわり賞(オークス)出走馬分析

ここではレースレベルを以下のようにグループ分けをする。(主に【位置取り】で使用します)
重賞:レベルA
牝馬限定重賞、特別戦:レベルB
3歳Aクラス:レベルC
3歳Bクラス:レべルD


1アンズビジン(先行)
【馬場】
水沢と門別で1勝ずつ。
砂が深いのを好む。


【距離】
1000mと1400mで1勝ずつ。
最長距離は1600mで、6着が最高着順。
前走が盛岡1600mだったが、直線ではスタミナ切れで失速している。
1800mは長い。


【位置取り】
前走:レベルA(盛岡1600m)
馬なりで8番枠から中段8番手(14頭立て)
2走前:レベルA(水沢1400m)
→押し出して3番枠から先行5番手(11頭立て)
3走前:レベルB(水沢1600m)
→出ムチ、一杯に追って12番枠から2番手(12頭立て)


【盛岡1800m】
スタートが速くない先行馬なので、先行するには強めに追われないとダメ。
そうなると、上り坂スタートの盛岡1800mでは前半での体力の消耗が激しくなる。
ただでさえ前走盛岡1600mで直線失速しているだけに、距離延長は鬼門といえる。
ただ、ここ4戦は全てが重賞で、うち1勝をしている実績はここでは上位。
前走、前々走と牡馬も混じった重賞だったが、いずれも牝馬では最先着している。
実績は上位だが、適性は低い馬。



エイシンナーサリー(好位)
【馬場】
名古屋・水沢・盛岡でそれぞれ1勝。
直近の勝利が前走の盛岡なので、実は盛岡の方が馬場的に好んでいる可能性がある。


【距離】
水沢、盛岡1600mで勝利している。
前走が盛岡1600mで勝てているので、初の1800mでも問題なくこなせるだろう。


【位置取り】
前走:レベルC(盛岡1600m)
→軽く押し出して1番枠から1番手(9頭立て)
2走前:レベルA(水沢1400m)
馬なりで6番枠か10番手(11頭立て)
3走前:レベルD(水沢1600m)
→躓きながらも押し出して8番枠から3番手(9頭立て)


【盛岡1800m】
盛岡1600mを逃げて勝利しているのは能力の高い証。
スタートから3角まで700mも直線があり、距離的にも逃げ残りづらいコース設計だからである。
道中3番手以内の先行した時に結果が出ており、逆に中段以降からでは結果が出ていないので、今回も逃げはしなくとも好位は取ってくるだろう。
ゴリゴリ押し出して先行するタイプではなく、馬なりでも先行力があるタイプなので、前半で体力を使わずに好位が取れるのは距離延長する身として大きい。
盛岡1800m適性は高いとみる。

 

4マルケイマーヴェル(好位)
【馬場】
盛岡で2勝、水沢で1勝なので、やや盛岡の方に実績がある。


【距離】
水沢1400mで1勝、盛岡1200mで2勝している。
水沢1600mで2着というのもあるが、1800mは初めて。
実績的には、今回は長い。


【位置取り】
前走:レベルC(盛岡1200m)
→押し出して3番枠から2番手(11頭立て)
2走前:レベルC(水沢1600m)
→押し出して2番枠から1番手(8頭立て)
3走前:レベルC(盛岡1200m)
→押し出して2番枠から5番手(9頭立て)


【盛岡1800m】
盛岡では1400mまでしか経験したことがない。

スローペースになりやすく先行有利の盛岡1800mコースだが、本馬は前走が盛岡1200m戦。
単純に距離が長いように思う。
2走前に水沢1600mで2着には入っているが、水沢1600mと盛岡1800mではただの200mの距離延長ではない。
コーナーがきつく直線が短い水沢とほぼ真逆の盛岡なので、差しが決まりやすいのは当然盛岡コース。
距離延長な上に水沢に比べて差しが決まりやすい盛岡コースなので二重苦である。


ボルドーリブロン(差し)
【馬場】
浦和コースで2勝を上げているので軽い馬場向きで〇。
水沢よりも盛岡向きだと思われる。


【距離】
1500-1600mで全4勝を上げているので若干長い。


【位置取り】
前走:レベルB(水沢1900m)
馬なりで8番枠から7番手(9頭立て)
2走前:レベルC(水沢1600m)
→出ムチを入れて7番枠から2番手(8頭立て)
3走前:レベルB(盛岡1800m)
→出ムチを入れて1番枠から6番手(11頭立て)

【盛岡1800m】
3走前のレベルC戦で4着に入っている。
この時の勝ち馬はのちに重賞を勝っており、3着馬は東北優駿で3着に好走している。
レベルの高い中での4着。


上り坂スタートなので、テンのスピードのない本馬は位置取りが後方になりそう。
逃げor好位差しで勝ってきただけに、後方からなら向正面からのロングスパートをするだろう。
小回りコースで向正面からの加速が求められる浦和コースで2勝しているので、まくり差しは得意なはず。

 

軸馬(1頭)

ボルドーブリュネ(好位)
【馬場】
砂の軽い笠松で全6勝をしているので、盛岡の砂にも合うはず。
逆に砂の深い門別や名古屋では結果が出ていない。


【距離】
前走は重賞で笠松1600mを勝利。
直近の3勝はいずれも1600m戦なので、ある程度距離がある方が得意。
初めての距離だが、距離で苦戦することは考えづらい。


【位置取り】
前走:レベルB(笠松1600m)
馬なりで9番枠から3番手(10頭立て)
2走前:レベルC(笠松1600m)※特別戦だが牝馬限定
馬なりで4番枠から2番手(9頭立て)
3走前:レベルB(笠松1600m)
馬なりで3番枠から3番手(9頭立て)


【盛岡1800m】
笠松からの移籍で今回が初戦。
ゆえに未知な部分が多いが、馬場と距離に関しては問題ないと推測できる。
高低差のあるコースへ・左回り適性は不明で、こればかりはやってみないと分からない。
馬なりで先行できるのは大きな強みで、盛岡1800mはペースが落ちやすく先行が残りやすいが、スタート地点が2mの上り坂の途中なのでテンでパワーを要する。
押し出して先行するタイプはこの急坂で追われることになるのでスタミナが消費されるが、馬なりで先行できればそれがない。
馬なりで先行できるのは、盛岡1800mにベストな特徴といえる。

 

予想について

予想は見解の答え合わせ、競馬の醍醐味でもあります。馬体重を見たいので予想はTwitterでレース当日30分前頃にツイートします。気になる方はそちらをぜひ!
またnoteをフォローしていただくと、あなたのマイページに僕の記事が表示されますので、いち早く記事を読むことができます。
予想を見るならTwitterを、記事を読むならnoteをフォローして頂けたらと思います。
Follow me!!

 

以上、日刊スポーツ杯 第34回ひまわり賞(オークス)(スズカコーズウェイ賞)(M1)出走馬分析でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋