競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【3分見解】ハヤテスプリント(2020,盛岡競馬)

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200725051418j:image

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は6頭の見解です。
それでは、めんこいテレビ杯 第8回ハヤテスプリント(M2)の出走馬分析をしていきます。

 

本記事は予想ブログではないので予想は載せていません、見解を載せていますので皆さまの予想の参考にしてください(予想は当日にTwitterに載せています)

地方競馬(KEIBA.GO.JP)のHPからレース映像を見る方法 - club keiba

 

ハヤテスプリント出走馬分析

1ヒガシブレーヴ(好位)
軽い馬場を好むので水沢よりも盛岡の方が戦績が良い。
なので当日の雨予報も〇。
チャルメーラとは直近5戦で2度先着を許しているが、いずれも良馬場によるもの。
稍重だった前走では本馬が先着をしている。
エイシンフラシュ×ドリームジャーニーという配合なので、血統面からも納得はできる。


好位からの競馬をする馬なので、位置取りの優位性は低い。
このコースで有利なのは前の集団なら逃げで、基本は差し・追込。
というのも、3角までが上り坂で距離が400m以上と長い。
さらに3角からは下り坂になるので、逃げ・先行馬にとっては息の抜けないコースとなっている。
逃げ馬ならば距離ロスなく進めるし、何よりもマイペースでレースを進められるので位置取りの不利は相殺されるが、基本的には差し馬が良い。


よって、良馬場なら消し、稍重以上なら買い。



4マナホクレレ(好位)
3走前の門別1200m戦では不良馬場ということもあるが1:12.6の好タイムで勝利している。
門別競馬は時計がかかる競馬場なので、盛岡1200mとさほど変わらないタイムというのは評価できる。
これだけのタイムを持っていれば、砂の軽い盛岡馬場にも対応できるだろう。


レベル的には門別>岩手なので、門別で4勝している実績はここでは上位。
好位からの競馬なので舞台との相性は良くないが、ポテンシャル的には足りている。



エイシンハルニレ(逃げ)
逃げ馬だがテンのスピードに関してはスプリンターのそれではない。
マイル以上なら信頼度は厚いが、前々走ウイナーカップ(1400m)でも逃げられていないように短距離だと心もとない。
今回に関してみれば、ハナをきれるかは微妙。
戦績的には逃げた方が良いので、スプリント戦で逃げられない可能性が上がるのはマイナス。


展開としてはスローの上がり勝負を好む。
仮に本馬が逃げるようだと、そのような展開に持ち込むだろう。
盛岡の向正面は上り坂となっているので、スタートからスピードは出づらい。
坂を活かしたペース配分をするのが理想的。


テンのスピードや得意の展開を考えると1200mは合っているとは思えないが、重賞を勝てるポテンシャルを持っているので軽視はできない。



7チャルメーラ(追込)
スタートが上手くないので毎回後方からの競馬となっている。
その特性を生かして、後方で脚を溜め、直線で差し切ったのが3走前の盛岡1000m。
それ以外の近走は後方からじわじわと位置を上げてのレースとなっている。
いうならば、前者が緩急の強い、後者が緩急の弱いレース展開である。
なので、腹をくくって後方で脚を溜めて直線でズドンがこの馬には合っている。
盛岡1000mという前が圧倒的に有利な舞台で、上がり3F35.6という鬼脚で差し切れる能力を持っているので、末脚にかけた方が良い。


ただ、近走はスタートから前に行こうとするそぶりを見せているので、それだと前半での体力の消耗が激しくなり好走は難しくなるだろう。
重賞なのでペースも速まるであろうし、テンのスピードがない馬が鞍上のサポートを受けて前に行くわけだから、後半で脚を残せるかはかなり怪しい。

 

軸馬(2頭)

3ダルマワンサ(差し)
前走ウイナーカップ(1400m)は小回りで砂の深い水沢だったので軽視した。
言い換えると、本馬は砂の軽い馬場を得意としていると思ったからだ。
門別でデビューして1勝後、笠松へ移籍。
笠松といえば砂が軽く時計が出やすい競馬場。
そこで3勝、重賞でも2着が3回という実績を残している。
そして、前走から岩手へ移籍。


差し馬で砂の軽い馬場を好む馬なので、盛岡コースは最適。
盛岡1200mはワンターン競馬でコーナーが2つ、コーナーもゆったりとしているので差しが決まりやすい。
直線も300mと水沢(230m)に比べて長く、前走からの上積みが大きく見込める。
予報では盛岡の土日は雨なので、馬場が硬くなるのもプラス。
文句なしに軸馬です。



10バイクミレー(先行)

スタートの上手い差し馬。
この特徴は今回と非常に相性が良い。
スプリント重賞ということでペースは上がりやすい。
ペースが速くなってもスタートが上手ければ後手を踏むことはなく、追走に苦労することもない。
コース形態的には差し有利なので、スタートが速い分、脚を溜める時間が作れる。
本馬はスタートでは2~3番手、そこから位置取りを下げて脚を溜めて直線で差し切るというのが好走パターン。


新馬戦で3着、2戦目で勝利と、叩き良化型の可能性を秘めている。
前走は1月以来の半年ぶりのレース。
なので今回は叩き2戦目となる。
新馬戦と2戦目の上昇を考えれば、前走からの上積みが期待できる。
前走ではヒガシブレーヴ、チャルメーラに先着を許しているが、前走からの上積み・適性では本馬の方に分がある。

 

予想について

予想は見解の答え合わせ、競馬の醍醐味でもあります。馬体重を見たいので予想はTwitterでレース当日30分前頃にツイートします。気になる方はそちらをぜひ!
またnoteをフォローしていただくと、あなたのマイページに僕の記事が表示されますので、いち早く記事を読むことができます。
予想を見るならTwitterを、記事を読むならnoteをフォローして頂けたらと思います。
Follow me!!

 

以上、めんこいテレビ杯第8回ハヤテスプリント(M2)出走馬分析でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋