club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【回顧と次走】函館2歳S&中京記念~レース回顧と有力惨敗馬の次走推奨レース紹介~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

Twitterでは日々競馬(地方、中央、海外問わず)に関する情報を呟いていますので、是非フォロミーして下さい!笑

 

函館2歳Sは本命がまさかの出遅れ!

中京記念は適性を見抜けていなかったですね。

これらの反省も含めてレース回顧、そして有力馬の次走推奨レースを紹介していきます。

 

 

函館2歳S結果

【結果】

1着:ビアンフェ(1:09.2)

2着:タイセイビジョン(1 3/4)

3着:プリンスリターン(1 1/4)

 

レース回顧

・ビアンフェ(4人気1着)

母は函館2勝、半姉ブランボヌールは函館2歳S勝馬の函館血統。

まさに血統がものをいう勝利でした。

ゲート入りをものすごく嫌っており、それでいてレースで勝ってしまうのはゴールドシップ天皇賞(春)を思い出しました。 

発馬は悪くスタートでは後方から2番目でしたが、そこからのダッシュ力で先頭にまでたちました。

前半3F33.5のペースで逃げて、最後の直線では2番手以降を突き放している。

最後は2着のタイセイビジョンに詰め寄られているもセーフティリードを保っての勝利でした。

ゲート入りを嫌いスタートが悪かったにもかかわらず2F目には先頭に立つダッシュ力、ハイペースで逃げても最後の直線で他馬を突き放す瞬発力があります。

函館は血統背景もありあいますね。

ちなみにキズナ産駒は早くも重賞初制覇です。

 

【次走推奨レース】ファンタジーS

一瞬のキレを活かすには小回りコースの方が良さそうです。

スプリンターとしては発馬が今後の課題となりますが、次走は距離延長もしたいところなのでファンタジーSが無難かと。

普通に考えれば小倉2歳Sです、小回り1200mですしね。

3歳春まではどうしてもスプリント路線が少ないので、マイルまではこなしたいところ。

適性というよりかは今後を見据えてのトライアル的な意味合いでファンタジーSですね。

 

有力馬次走推奨レース

・レッドヴェイパー(1人気5着):小倉2歳S

スタートの出遅れが響く5着、今回は参考外と考えて良いでしょう。

それでも5着を確保できているので能力は高いです。

本来は好位差しが得意な馬で、出遅れても重賞で5着には入れる能力は示しましたので、次走は小倉2歳Sで重賞を制覇を狙いところです。

 

・タイセイビジョン(2人気2着):サウジアラビアRC

道中は13番手と、スタート・追走を考えても1200mは忙しかった印象です。

特に追走に苦労している印象があり、途中から鞍上は着狙いの騎乗に切り替えたのかなと思います。

その結果3~4角ではロスなくインを突き、直線では外に出す無難な騎乗で、ハイペースで前もつぶれたので2着を確保できました。

 

追走を考えると、この馬の場合は距離がもう少し長いほうが良いですね。

直線が長いほうがしまいの脚を活かせる、そしてある程度ペースは流れてほしいので次走はサウジアラビアRCが良さそうです。

距離を考えれば京王杯2歳Sなのですが、このレースは超スローの究極の瞬発力勝負となるので、それならばペースが上がるサウジアラビアRCの方が好走できるでしょう。

 

パフェムリ(3人気4着):クローバー賞

力負け感が強く、強いてあげれば直線でインを突かずに外に追い出せれば3着まではあったかなという印象です。

力的にも重賞だと厳しそうなので、次走は札幌1500mのクローバー賞(OP)。

ヴィクトワールピサ産駒の牝馬で母父がジャンポケなのでマイルくらいがちょうどよいのではと思っています。

血統面で見ると1200mでは短い印象なので、マイル辺りを試すのもありかと思います。

 

・プリンスリターン(11人気3着):すずらん

好位追走を容易にでき、ハイペースの方が走りやすそうだったことから、今回の展開にはまり人気薄ながら好走できたのかなと思います。

4角では絶好の位置ともいえる前3頭が並ぶ中の4番手で、直線ではスムーズに外に追い出せています。

小回り適性も高く、ストロングリターン産駒でパワーのある血統構成なので、次走は条件戦で札幌1200mのすずらん賞は洋芝ですし合うと思います。

 

中京記念結果

【結果】

1着:グルーヴィット(1:33.6)

2着:クリノガウディ(ハナ)

3着:プリモシーン(クビ)

 

レース回顧

・グルーヴィット(3人気1着)

 前半3F35.3ですが1000m通過は58.0と稍重馬場を考えると速い展開となりました。

それでも後方からの差しが届かない特殊な馬場で、馬券圏内は3着プリモシーンの道中7番手が最も後方からの競馬でした。

グルーヴィットは道中4番手の前目での追走で、4角では鞍上がムチを入れても反応が悪かったのでダメかなと思ったのですが、そこから直線では長くいい脚を使って勝負根性を見せる走りで勝利をもぎ取っています。

ファルコンSと同じような展開となり、得意パターンがハマった印象です。

 

【次走推奨レース】富士S

左回りで直線の長いコースが得意なので、次走は素直に東京マイルの富士SマイルCSが良いでしょう。

個人的には阪神Cとかあいそうだなと思いますが。

 

有力馬次走推奨レース

・カテドラル(2人気8着):関屋記念or新潟記念

今回は追走に苦労していました。

後方から差しが届かない特殊な馬場ゆえに、道中で位置を取りに行った分脚を使ってしまいました。

 

最後の直線で伸びなかったのは、道中で脚を使ったことと馬場適性によるものでしょう。

 

次走を考えると関屋記念が良さそう。

パンパンの良馬場で高速決着になりやすく、かつしまいの脚にかける競馬で勝ち負けできるレースですので、この馬の特性に合っています。

新潟記念も2000mですが基本的に求められる適性は同じ。

血統的にもハーツ産駒で母系がデインヒル、リボー系ですので2000mはこなせると思います。

 

まとめ

2歳戦は精神面で出遅れや折り合い懸念というのが走ってみないと分からない、不確定要素がかなりあるレースですので難しいですね。

中京記念は馬場が特殊で読み切れませんでした。

最低限土曜競馬を鑑みてから予想するべきでした。

とっさの修正力を身に着けたいところです。

 

以上、レース回顧と有力馬の次走推奨レース紹介:函館2歳S&中京記念編でした。

ご覧いただきありがとうございました。