club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】ハイセイコー記念(2019)~地方のが得意です~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

今回は第52回ハイセイコー記念(SⅡ)の予想です。

予想のポイントは以下。

大井1600m(内):小回りで直線は300mほど、スタートから1角までの距離も短いので内枠先行有利

重視:位置取り、実績

血統パイロクロフネ、ストーキャット、マキャベリアン

ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

ハイセイコー記念予想

◎ゴールドビルダー

今の大井1600mコースと相性の良いパイロ産駒。

これがまず大きいです。

その上で最内枠、先行力のある脚質なので位置を取りやすい。

大井1600m戦は内回りコースで直線が短いので、有利な条件が揃っています。

実績的にも4戦3勝で、前々走ゴールドジュニアでは今回も出走するストーミーデイ、モンゲートラオに敗れていますが、この時は斤量差が1kgありました。

今回は同じ斤量での戦いなので逆転は十分に考えられます。

特に今回の出走メンバーを見ると、差し・追込馬が多く、ストーミーデイのような有力馬は外目の枠となっています。

鞍上には南関リーディングの森さんを携えての戦いなので、総合力でこの馬が本命に値します。

 

マンガン

前走平和賞ではヴァケーションという馬に敗れていますが、追込の脚はすさまじく上がりは最速、同2位との差は0.8秒もあります。

因みにこのヴァケーションはゴールドジュニアで3着に入っており、ストーミーデイ、モンゲートラオには敗れていることになります。

ハイペースで流れればこの馬の展開となり、差し馬の中で最も鋭く確実な脚を持っていると思います。

1600mに高い適性があり、レベルの高い平和賞でも2着に入れているので、この点は他の有力馬にはない魅力。

南関では珍しく大崩れが少ない追込馬ですので、ここでも安定感を見せてもらいたい。

 

 ▲ストーミーデイ

前走ゴールドジュニアではモンゲートラオ、ゴールドビルダーらを撃破。

先行して好位からの差しが決まりました。

ただこの時ゴールドビルダーは1kg重い斤量を背負っての戦いでしたので、今回同斤量で勝負が決する形になります。

12番枠と外目の枠に入ってしまったので先行争いである程度体力を使ってしまうかなと思い評価を下げています。

1600m戦は初めてですが、血統的には相性は良さそう。 

 

△3頭一気に

△1ブリックオドーン

2戦2勝馬でまだ底を見せていないが、レベルの高いレース経験がないのが懸念点。

前走大井1600mで快勝している点はアドバンテージ。

先行力もあるので競馬しやすい。

 

△2プリマガリーナ

こちらも2戦2勝馬

1200mでしか走ったことはないが、母は東京2歳優駿牝馬で勝っている馬なので血統的には1600mもこなせそう。

逃げ馬でこの馬が展開を握るが、スタートの上手い馬なのでテンから追って先頭に立つようなことはなくペースは落ちそう。

 

△3モンゲートラオ

ここ2戦は2着が続いているが、相手がゴールドビルダー、ストーミーデイと今回も人気になりそうなメンバー。

前走ゴールドジュニアでは前4頭をかなり離した位置からの凄まじい追い込みで、唯一差しから馬券に絡んでいる。

展開的には明らかな先行有利で、それでも追い込んでいる点は力のある証拠。

今回も期待できる。

 

買い方

◎ゴールドビルダー

マンガン

▲ストーミーデイ

△1ブリックオドーン

△2プリマガリーナ

△3モンゲートラオ

 

馬単

◎→〇▲△1△2△3

計5点

 

予想を終えて・・・  

 大井のマイル戦は内回りコースを使うので、内枠先行有利だと思っています。

その中でゴールドビルダーを本命にしましたが、その他で先行力のある馬はいずれも無敗馬のブリックオドーン、プリマガリーナ。

しかしながらこの馬たちは強い馬と戦ったことがないので、実力は未知数。

強い馬同士の戦いになると自分の競馬ができなくなり凡走というケースはよく見るパターンなので無敗馬ですが過信は禁物です。

となるとゴールドビルダーは経験値的にも足りていますし、枠等の運にも恵まれています。

前走から鞍上が森さんに乗り替わっている点も〇。

最内からの好位差しで決まり!!

 

以上、第52回ハイセイコー記念(SⅡ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。