競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【エトワール賞2020】中段差し有利の門別1200m戦

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200810151406j:plain

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は5頭見解です。
それでは、HBC杯第20回エトワール賞(アニマルキングダム賞)(H3)の出走馬見解をしていきます。

 

皆様の予想をする上での参考として、見解を楽しんでいって下さい。

地方競馬(KEIBA.GO.JP)のHPからレース映像を見る方法 - club keiba

 

エトワール賞出走馬分析

門別1200mはスタートから3角までが470mもある。
レース中最もラップが速い2F目が直線になるので、前半が速くなる傾向。
コーナーも400mありゆったりとしているので、差しが決まりやすいコース形態。
直線は330m。
ただ、コース形態的には差し有利だが、1200mという距離自体は先行有利。
したがって、中段よりも前の差し馬が好走しやすい。


1ジョウラン(好位)
前々走グランシャリオ門別スプリント(1000m、6着)では終始鞍上が追いっぱなしで息を入れるタイミングがなかった。
1000mを走ったおかげか、前走JAバンクよりぞう特別(1200m)では馬なりで2番手の好位を取れており、それが2着という結果を生んでいる。
勝ちきれなかったのは、単純に勝ち馬が強かったから。
この馬は1000mでは追走で一杯となり勝負にならない。
一方1200mなら馬なりで追走ができるので、最後の直線でも脚を残せる。


ただ、好位という位置取りは1200m戦に合っていない。
昨年のこのレースを勝利している本馬だが、その時は3角4番手から差し切っている。
前走の走りだと逃げ馬に食いついて行く競馬なので、それだと前半で脚を使ってしまう。
3角までの470mを考えると、最後まで脚を持たすのは難しい。
脚質的には軸にはしづらい。


4ルナクレア(差し)
前走のエゾカンゾウ特別(1200m)はB3-C1の隠したレース。
スタートから押し出していき、3角5番手からコーナーワークで4角2番手、直線で逃げた馬を捉えての快勝。
スタートは上手くはないが、コーナーでのまくりと直線の瞬発力が武器。
1200m戦においては中段あたりからの差しが決まり手となる。


今回においては50kgというかなり軽い斤量で出れるので、道中の追走はかなり楽にできる。
その上でコーナリングと直線の瞬発力があるので、格上挑戦ながら面白い1頭だと思う。
1200m戦は差しが決まりやすい舞台でもあるので、脚質的にもあっている。



5ニットウスバル(差し)
前走グランシャリオ門別スプリント(1000m)はスタートで鞍上が落ちそうになるというアクシデントがあり度外視で良い。
前々走の交流重賞ホッカイドウスプリントカップ(1200m)では勝ち馬に最後まで食らいついての4着。
勝ち馬メイショウアイアンは今回未出走、2,3着馬はJRA所属の有力馬。
因みに同着2着のマテラスカイは月曜日のクラスターカップ(盛岡1200m)をレコードで勝利してる。
その馬相手に0.4秒差なので、今回で見れば能力的には十分足りている。
しかも、5着ノボバカラには4馬身(0.8秒)差をつけている。
さらにさらに、4角では外を回しての4着なので、これは実力でもぎ取った4着と考えて良い。


今回は9頭の少頭数なので、差しも決めやすい。
逃げ馬には1000mレコードホルダーのアザワクがおり、ペースが速くなるのは必至。
少頭数、展開、コース適性と条件は揃っている。



6アザワク(逃げ)
前走習志野きらっとスプリント(船橋1200m)ではスタートが上手く決まらなかった。
ゲートが開いた時点では後方から4~5番手と、らしくないスタート。
そこから持ち前のダッシュ力で無理やり先頭に立つも、勝ち馬のノブワイルドのマークにあい、4角で簡単にかわされてしまっている。
それでもやる気をなくさずに最後の直線でも粘り強く走り4着に善戦。


着順は良いとして、スタートでの遅れは気になるところ。
考えられるのは遠征競馬。
本馬は門別以外ではJRAの函館、地方では園田と船橋でのレース経験がある。
そのいずれでも、スタートが上手く決まっていない。
1000mという超短距離戦で逃げられる馬が、園田の1400m戦ですら逃げられていないのである。
遠征時はスタートが不安定になる。


今回に限れば地元でのレースに戻るので、スタートの心配は薄れる。
懸念点は1200mというコース。
3角まで470mある門別1200mと270mしかない門別1000m。
逃げ馬の本馬が1000mで4勝を挙げているにもかかわらず、1200mでは1度も勝てていないのは最初の2Fにある。
レース中最もラップタイムが速い2F目が直線かコーナーかでは、前半のペースに大きく影響する。
1200m戦では前半で脚を使わされてしまうので、どうしても終いで苦しくなる。
3走前の1200m戦では2着も勝ち馬には0.9秒も離されており、かつクラスもA4-B3と最高クラスでのレースではない。
1000mと1200mでは別馬だと思っても良いくらいに、パフォーマンスは落ちる。
逃げ残りを考えて消すまでには至らないが、重い印は打てない。



8ソルサリエンテ(先行)
前走(1200m)はスタートは遅めだったが、じわじわと位置を上げて3角時点では好位3番手を確保。
直近では好位が取れていなかったので、好位を取れたのは復調のキザシ。
コーナーで若干置いて行かれるものの、4角では2番手にまで押し上げ、直線でしっかりと逃げ馬を捉えて勝利。

前々走(1200m)では出ムチを入れても中段くらいしか取れなかったので、状態は上向いているのだろうと思う。
ただ今回は前走に比べて2kg重い57kgでの出走となる。
斤量の重さはテンのスピードに影響するので、スタートの上手くない先行馬である本馬にとっては芳しくない。
内枠だったら前に壁が作られて最悪だったが、外枠なので包まれる心配はない。
積極的には狙いづらいが、抑える必要はある。

 

予想について

予想は見解の答え合わせ、競馬の醍醐味でもあります。予想は当日になるのでTwitterにて公表しています。気になる方はそちらをぜひ!
またnoteをフォローしていただくと、あなたのマイページに僕の記事が表示されますので、いち早く記事を読むことができます。
予想を見るならTwitterを、記事を読むならnoteをフォローして頂けたらと思います。
Follow me!!

 

以上、HBC杯 第20回エトワール賞(アニマルキングダム賞)(H3)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋