club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第85回日本ダービー(2018)最終予想

 友だち追加

どーも、人生で1度でいいから前日徹夜組を体験してみたい。

ぺちです。

 

ダービーなんかの大きなレースがある時って席取りが熾烈で、前日から並んで開門と同時にダッシュで席を確保します。

凄い人だと1週間前から並んだりもします。

並んでる時って単純にしんどいと思うんですけど、反面友達なんかと一緒だとトランプしたりコンビニ弁当を一緒に食べたりと、なんか学生時代の文化祭みたいなノスタルジックな気分に浸れると思うんですよね。

ダービーの前日に青春時代のあの感覚を味わい、当日にサラブレッドの青春時代を観る。

ダービーをレースだけではなく1週間のパッケージとして楽しんでみたいものです。

 

モラトリアムはここら辺にして、今回は競馬の祭典日本ダービーの予想です。

 

 

 

 

土曜日のレースからみる傾向

本日行われた葉山特別(4歳以上1,000万下、芝1,600m)の勝ちタイムは1:34.3とタイムこそ平凡ですが、これはペースがドスローだったゆえです。

特筆すべきはこのレースの上がり3Fが33.1という速さであったということ。

これは高速馬場である証明となります。

 

また3歳500万下の2,400m戦でのタイムが2:24.4と平場にしては速いタイムでの決着となっていることからも、馬場が高速であることが分かります。

 

日本ダービーは2:23秒台前半から半ばくらいの決着となりそうです。

 

また今週からB→Cコースに代わっているので、内側を走れる内枠が有利となっています。

本日行われたレースでも内側を走った先行馬が残っていました。

 

展開予想

今回は純粋な逃げ馬不在ですが、おそらくはジェネラーレウーノが逃げることになるでしょう。

前走の皐月賞では大逃げした3頭のうちの1頭です。

ジェネラーレウーノが外枠(16番枠)なのと、1番枠にスタートの良いダノンプレミアムや3番枠に先行力のあるテーオーエナジーがいるので、逃げポジションを取るためにはスタートから追いだして行かないといけなくなりそうです。

ですので、ペースはある程度流れて平均~ハイペースの間位となりそうです。

 

そこにテーオーエナジーやダノンプレミアム、サンリヴァル、エポカド―ロ辺りが続く展開となりそうです。

人気馬では、ブラストワンピースは7~8番手の中段でワグネリアンが10番手辺り、その後ろの14~15番手辺りにキタノコマンドールが続いていきそうです。

 

ある程度ペースが流れると、最後の直線は瞬発力のある差し勢が有利な展開になると思います。

 

第85回日本ダービー勝ち馬予想

◎ダノンプレミアム

ワグネリアン

▲キタノコマンドール

☆オウケンムーン

△ゴーフォザサミット

 

◎ダノンプレミアム

本命はダノンプレミアム。

皐月賞を回避してどうとか言われていますが、先週のアーモンドアイのように超一流の馬にはデータが通用しないということがあります。

アーモンドアイは血統的にどうとかいわれていましたが(僕も思っていました)、見事に蹴散らしました。

データ分析はあくまで過去のものを現在に当てはめる行為ですから、その枠組から外れるような超一流馬の場合、データは参考になりません。

 

ではダノンプレミアムが超一流馬かどうかということですが、サウジアラビアRCと朝日杯FSで連続レコード勝利、特に朝日杯では3番手にいながら上がり最速で最後は流しています。

それでも2着のステルヴィオに0.6秒差をつけての勝利ですから、規格外の何物でもありません。

前走の弥生賞ではワグネリアンを子供扱いにし、距離適性に幅があることも証明しました。

したがって、同世代の中では頭一つ抜けた存在であることは間違いありません。

 

気になるのは皐月賞を回避の原因となった挫跖(ざせき)の影響ですが、追い切りを見る限りでは問題ないようにみえました。

調教では抜群の動きをしていましたし、調教をみるだけでもこの馬のポテンシャルの高さから価値のある映像となっていますので、youtubeとかで見てみてください。

追い切りのレビューは以下の記事にて詳しく記載しています。 

 

ワグネリアン

対抗はワグネリアン

調教が皐月賞時とは雲泥の差でした。

うがった見方をすると、皐月賞は本気で獲りにいっていないように思います。

調教も軽かったですし、レースでも直線で最後まで追っていません。

もともとエンジンの掛かりが遅い馬でもあるため、皐月賞の舞台である中山コースは直線が短く向いていません。

そういった背景もあり、皐月賞は勝ちにいっているというよりは勝てたら儲けものくらいの間隔で臨んでいたのではないかと思います。

 

その点、今回は直線が長い東京コースでこの馬が重賞を勝っている舞台です。

陣営も最大目標はダービーと言っていますし、今回は追い切りの時点で内容が全然違います。

皐月賞では7着と人気を裏切りましたが、今回は巻き返しが大きく期待できます。

 

▲キタノコマンドール

3番手評価がキタノコマンドール

データ的な懸念点で重賞未勝利というのが気にはなりますが、前走の皐月賞(5着)は初重賞であったと考えると非常に優秀な成績だと思います。

相手が急激に強力になると凡走してしまうケースがよくあるのですが、この馬は最後まで伸びて、上がり3Fは最速をマークしています。

キャリアの浅さが皐月賞では不安材料でしたが、前走の経験でその不安は消え、むしろキャリアが浅いことによって成長力の伸びしろが他馬よりもあるという強みに変わりました。

 

またこの馬もワグネリアンと同様、広い東京コースの方がおそらく向いています。

左回りの経験はありませんが、ストライドが大きいので広いコース向きではあると思います。

 

皐月賞よりも着順があがる可能性は高いと思います。

 

☆オウケンムーン

穴はオウケンムーン。

穴馬探しの回で挙げた馬です。

前走の皐月賞(12着)では取りたいポジションを取れずに自分の競馬ができませんでしたし、馬場も合っていないようにみえました。

今回は得意の左回りで馬場状態も良いので、巻き返しに期待ができます。

 

近年の共同通信杯勝ち馬はクラシックとの相性が良いですからね、この馬もやってくれると思います!

 

△ゴーフォザサミット

この馬も穴馬探しの回で挙げた1頭です。

穴馬の中では1番可能性を感じるポテンシャルを秘めています。

前走の青葉賞(1着)で中段のポジションを取れたことはこの馬にとって大きな収穫でした。

 

この馬の負けパターンはポジションが後方すぎて上がりで良い脚を使うものの届かないってパターンなので、中段にポジションを取れたことによって展開で負けるということがなくなると思います。

 

青葉賞組はダービーに勝ったことがありませんので、2着までならあると思います。

 

消した人気馬

・ブラストワンピース 

毎日杯からのダービーというイメージが湧かなく、いきなり相手が強力になるので好走はどうかなと思います。

この馬は大竹厩舎なのですが、ここの厩舎は間隔を空けてレースに出すことが多いです。

厩舎の代表馬でルージュバックという牝馬がいたんですけど、この馬もきさらぎ賞桜花賞というローテを踏み、圧倒的1番人気で惨敗しています。

ブラストワンピースもルージュバックしそうな香りがします(笑)

 

超一流理論だとこんな不安材料もぶっ飛ばしてしまうんですけど、個人的に超一流馬は同じ年に何頭も出ないと思っていて、超一流馬はダノンプレミアムかなと思います。

 

エポカド―ロ

皐月賞がピークの仕上げだったと思います。

調教がイケてなかったです。

加えて瞬発力がないので、東京の瞬発力勝負だと分が悪い判断し切りました。

皐月賞は展開に恵まれた感が否めず、皐月賞→ダービーのローテを踏んでいる他馬に比べると加点材料が乏しく感じます。 

 

・その他、一言だけ

ステルヴィオ → 距離適性的に厳しそう、調教も皐月賞時の方が良かった

 

ジェネラーレウーノ → パワー型の馬で瞬発力勝負だと分が悪い、中山向きで前走以上は見込めない

  

 買い方

◎ダノンプレミアム

ワグネリアン

▲キタノコマンドール

☆オウケンムーン

△ゴーフォザサミット

馬単 ◎→◯▲☆△

計 4点 

 

今回は馬単にしました。

ダノンの2着は全然あり得るとは思うんですけど、勝ってもらいたいという願望を込めたロマン馬券です!

経験上、予想に感情をいれてしまうと良いことがないんですけど(笑)、ダービーやグランプリレースでは感情重視で予想するようにしています。

予想が当たる歓びと同時にドラマ性も持たせたくなっちゃうんですよね!

あと毎回ダービーでは単勝馬券も買うようにしています。

ちなみに昨年はスワーヴリチャードを買いました。

 

 

 

まとめ

今回は結果的にデータに逆らい調教に従うような予想になりました。

データ的にはブラストワンピースやエポカド―ロが最上位の評価なんですけど、その2頭を切ってしまいましたからね。

逆にダノンプレミアムやワグネリアンはデータ的には次点で、調教が良かった馬です。

あとは第六感ですね(笑)

超一流理論は感覚的なものですからね。

この選択が吉とでるか凶と出るか。。。

 

マカヒキダービージョッキーになった川田君ですが、ダノンプレミアムでダービー2勝目を飾ってほしいものです。

ファイティン!ダノン&川田君!

 

以上、第85回日本ダービー最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

 

友だち追加