club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】デイリー杯2歳S(2019)~良家の名血お嬢様~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

今回は第54回デイリー杯2歳ステークス(GⅡ)の予想です。

予想のポイントは以下。

馬場:良馬場、Bコース、内馬場が荒れてきていて外差しが決まりやすくなってきている

京都1600m(外):直線は平坦約400m、長くいい脚を使える馬が合う

重視:勝った時の勝ちっぷり、血統

血統:母馬は中距離馬、父馬はステイヤー

【参考】【血統】デイリー杯2歳Sに合う母馬と種牡馬を分析する - club keiba

ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

デイリー杯2歳S予想

◎ライティア

・名血の証
新馬戦は阪神1600m戦、上がり最速の35.5で2着馬には0.2秒差をつけての勝利でした。
2着馬以降が次走で勝ち上がっていないので、レースレベルは決して高くはなかったのですが魅力は十分です。
まず、直線ではムチを1回しか入れておらず、ほとんど本気で追っていないまま勝利しているので、余力残しでの勝利ということ。
3~4角も終始外々を回しての競馬でしたので、相当に安全運転での勝利と言えます。
まだ力を秘めているという魅力が一つ。

 

・血統
そして血統の魅力。
全姉にはオークスシンハライトがいる血統で、その他にもラジオNIKKEI杯でディープ産駒初の重賞勝利を果たしたアダムスピーク牝馬マーメイドSを制したリラヴァティと兄弟には重賞勝ち馬がズラリ。
母のシンハリーズは競走馬としても米国の芝GⅠデルマーオークスを制している名馬で、母馬としてもかなり優秀です。
ちなみに今の京都馬場と血統の傾向では、母馬には中距離適性が求められますが、シンハリーズが勝利したデルマーオークスは芝の1800m戦。
京都馬場との適性も◎です。
父は京都マイルが大得意なディープインパクト
牝馬に大物が多い点も注目で、ライティアは牝馬
母父シングスピール(JC他GⅠ4勝)も中長距離馬のサドラーズウェルズ系なので今のタフな京都馬場にマッチしています。
血統面ではパーフェクトに近いです。

 

〇サクセッション

・実績最上位

新馬戦、前走アスター賞と楽勝で勝利している、実績面ではNo.1の馬。
前走は3角から折り合いを欠いたわけではないが先頭に躍り出て、そこから逃げて勝利を収めています。
基本的には好位差しが勝ちパターンだと思われるので、今回のメンバーを考えると展開がゆったりしそうなので向きそうです。
アスター賞のメンバーをみると、2着馬は未勝利戦で函館2歳S勝ち馬で京王杯2歳Sでも2着となったビアンフェにタイム差なしの2着経験があるので、レースレベルは決して低くはなかったと思います。
展開に左右される脚質でもなく、勝ったレースでも完勝に近いので、順当に考えればこの馬が勝ち馬としての最右翼でしょう。

 

・西高東低
近年は外厩の利用により薄れつつありますが、まだまだ関西勢の方が全体的には強く、こと2歳戦に関しては関西勢が優勢です。
サクセッションは関東馬
初めての長距離輸送でもありますので、この点は懸念点となります。

 

・血統
母馬のアディクティッドは独国マイラーでシュヴァルツゴルトレネン(GⅢ)を制した馬。
中距離馬というよりは短距離馬なので若干の割引。
父馬キングカメハメハNHKマイルC日本ダービーの変則2冠馬で、産駒は芝でもダートでも結果を残しています。
母父ディクタットは英国のスプリンターで英仏のスプリントGⅠを2勝、日本の安田気炎で2着という実績がある短距離馬です。
全兄にくる
血統背景系からはもう少しスタミナ面が欲しいところですが、父キンカメがどこまでカバーできるかというところ。

 

 ▲インザムード

新馬戦は圧勝。
道中は3番手からの追走で、直線に向くと馬なりのまま先頭に。
そこから追われると後続を突き放し、最後は2着に0.4秒差をつける完勝でした。
2・3着馬がその後2戦して勝ち上がっていないのでレースレベルは高くはありませんでしたが、力差の差は歴然でした。
9人気での勝利は血統で嫌われたのかなと思います。

 

・血統
母馬のサンエルピスは父にキングカメハメハを持つ牝馬で、現役時代はダートの1800mで1勝しています。
勝利はこの1度きりでしたが、新馬戦でもダ1800m2着と中距離に適性のある馬でした。
つまり今の京都マイル戦に適した血統を持っていることになります。
父馬のノヴェリストは欧州のスタミナ血統で主な勝ち鞍はキングジョージ
英仏独伊と異なる国でGⅠを勝っているマルチタレントです。
日本で種牡馬入りし、代表産駒は今年の京成杯を制したラストドラフト。
今の京都馬場はマイル戦でもゴールドシップエピファネイアといったステイヤー種牡馬が活躍しているので、ノヴェリストのようなパワー血統でも対応できると思われます。 

 

△2頭一気に

△1レッドベルジュール

新馬戦は阪神1800m戦でしたが、若干掛かっていたので距離短縮はプラスに働きそうです。
最内枠に入れたのも、前に壁が作りやすいのでプラス。
上がり33.8(最速)の脚で勝利しているように、瞬発力勝負になればチャンスは広がりそうです。
ただ、母馬のレッドファンタジアは父アンブライドルズソング、母父がストームキャットといういかにも短距離馬で、戦績をみても小倉の1200m戦、阪神ダ1400m戦での3着が最高着順。
血統面ではパワー不足が懸念となります。 

 

△2ペールエール

前走新潟2歳Sでは瞬発力勝負で勝ち馬には屈しましたが、上がりは2位の33.1で2着を確保。
道中5番手にいながらこの脚を使えている点は評価できます。
新潟2歳Sは例年早い時期の重賞ということでメンバーが揃わず、3着ビッククインバイオはその後サフラン賞4着、アルテミスS3着と結果を残せていません。
ペールエールにも大きな上積みは期待できず、成長力で逆転されていると思っています。

 

買い方

◎ライティア

〇サクセッション

▲インザムード

△1レッドベルジュール

△2ペールエール

 

3連単フォーメーション】

◎〇→◎〇→▲△1△2

計6点

 

予想を終えて・・・  

今回は血統を重視しました。

というのも2歳戦は戦績の情報量も少なく、成長度合いも馬によってさまざまなので、実績はそこまでの信ぴょう性を持ちません。

先週のファンタジーSの勝ち馬レシステンシアは新馬戦を勝ったばかりの1戦1勝馬でした。

そこで2歳戦は何を重視できるかと考えてみると血統が思い浮かびます。

2歳戦で絞り込めばある程度の血統傾向はつかめますし、血統は変わることはありませんからね。

また新馬戦や未勝利戦での勝ちっぷりも重要です。

レースレベルを読み解く上で、負かした相手の次走なんかも見るようにしています。

ライティアは良家のお嬢様。

勝ちっぷりも良く、ここでも勝つようなら牝馬クラシックの主役を担ってくれる逸材です。

 

以上、第54回デイリー杯2歳ステークス(GⅡ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。