競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【メモ】地方競馬の予想方法(暫定)

 友だち追加

地方競馬の予想方法(暫定)

地方競馬に対しての戦略は以下の通り。
①レースを絞る
②持ちタイム
③同時期の走破時計の比較
④組の力差


①は施行数が多いレースに絞る。
そうすると、同じようなローテを踏む馬が重複するので、③の比較がしやすくなる。

 

各競馬場のレース数の多い距離は以下の通り。
園田競馬→1400m
名古屋競馬→1400m
笠松競馬→1400m
高知競馬→1300m、1400m

 

②の持ちタイムについては単純に能力のバロメータ
これも施行数が多い1400mならば、何度も走っているのでその分信頼できる数字になる。
良馬場、重馬場、どの時期に出したタイムかも見極める必要がある。
タイム更新を近い時期に出していれば、成長している可能性が高いので〇。

 

③については、地方競馬の場合はローテがある程度一定なので、同時期で出したタイムを比較できる。
例えば、同じ日の別のレースに出走していた場合、馬場状態は同条件になるのでタイムの比較に信頼性が増す。
ちなみに、クラスが下になるほどローテは類似するので、下のクラスの方が予想はしやすくなる。

 

④はABCのクラスの中で「組」が存在する。
この「組」は数字が大きいほど賞金が低く能力も劣っていることが多い。
同じ日(別レース)で同じタイムを出していれば、組の数字が小さい方がレースレベルが高いので序列が上になる。