club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】チャンピオンズカップ(2018)最終追い切り分析~ケイティブレイブ、好調を維持~

 友だち追加

どーも、先週のルメールは2日で6勝。

ぺち(@Pettit0116)です。 

 

先週はいつも通りのルメールで、アーモンドアイの日本レコードによるJC制覇をはじめとした6勝をあげています。

これで通算199勝となり昨年の自身の記録に並びました。

そして200勝には王手、年間最多勝利の212勝更新まではあと14勝となりました。

GⅠはJCで通算8勝目となり記録を更新中です。

来週の日曜日は香港国際競争に向かうので残り8開催日で記録に挑むことになります。

ルメールといえば初期の頃はハーツクライでみるように穴をあけるイメージで、少し前までは平場では勝ちまくるけど重賞や特にGⅠだと飛ばすイメージだったんですけど、いつのまにか重賞・GⅠでも勝ちきる勝負強さが備わっていて取りこぼしが少なくなりました。

今年のルメールならもう一つくらいGⅠを獲りつつ213勝の最多勝記録を更新しそうです。 

 

Le-Meter(ルメーター):199勝、GⅠ8勝(記録更新中)

※イチメーターのパクリです 

 

さて今回は第19回チャンピオンズカップ(GⅠ)の最終追い切り分析です。

 

チャンピオンズカップ想定オッズ 

11/28現在の上位人気馬はこちら。(neikeiba.comより)

1番人気:ルヴァンスレーヴ  2.2倍→濃霧のため映像なし

2番人気:ゴールドドリーム  2.9倍→出走回避

3番人気:ケイティブレイブ  5.3倍

ーーーー

4番人気:オメガパフューム 12.2倍 

 

ゴールドドリームが出走回避、ルヴァンスレーヴが濃霧のため映像なしと散々な為、人気上位のケイティブレイブ、オメガパフューム、サンライズノヴァの3頭と調教からよく見えたオススメ穴馬を紹介します。 

※関東所属馬は濃霧により動画がないため未分析

 

1週前追い切りも併せて是非っ!

【調教】チャンピオンズカップ(2018)1週前追い切り分析~ゴールドドリーム、一流の準備~ - club keiba

ルヴァンスレーヴ

濃霧のため映像なし。

美浦南Wで軽く仕掛けた程度で併せ馬に2~3馬身先着したとのこと。

陣営の話によると状態面は前走(南部杯2人気1着)と変わらずに良いということなので、その言葉を信じるしかないですね。

もともと調教がけする馬ではなく調教の動きがレースに直結する馬ではないと思うので、目に見えて悪くない限りは問題ないと思います。

1週前追い切りでは併せ馬に先着を許しラスト1Fで脚が上がってしまっていましたが、今回は併せ馬に先着出来ているのでそれだけでこの馬の場合は合格点と言えるのかもしれません。

陣営のコメントにネガティブな表現がなかったですし、休み明けで1度叩いているので臨戦過程から見ても問題はないと想定できます。

仕上がり:--%

 

ゴールドドリーム

出走回避

 

ケイティブレイブ

11/28(水)      4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/53.6-38.7-25.1-12.6

ラップタイム(14.9-13.6-12.5-12.6)

【単走馬なり

1週前に速い時計を出しているので最終追い切りでは調整程度でラスト1Fにだけ注目していましたが、12.6とこの馬にしては良いタイムですので状態は良いと判断して良さそうです。

1週前追い切りにも言えることなのですが非常にゆったりと走っているのにタイムが出ているので心身ともに好調さが窺えます。

陣営のコメントではタイムが出過ぎているといっているように若干想定外のようですが、馬なりなので無理して出したタイムではなく単純に馬の成長分だと思うので、疲労が出るといったマイナスな影響はないと思います。

日本TV盃→JBCクラシックからの3戦目ですが、追い切りの全体時計的には前走の方が速いですがラップの刻み方は今回の方が良く、ラスト2Fからスピードを維持出来ていますのでこの馬の脚質に合った追い切りができています。

状態は前走から横ばいですが前走勝利できているので、引き続き状態は良さそうです。

仕上がり:85% 

  

オメガパフューム

11/28(水)      4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/52.8-38.7-25.7-13.3

ラップタイム(14.1-13.0-12.4-13.3)

【2頭併せ軽仕掛け】

ラップタイムで分かるように最後に脚が上がってしまっていますね。

全体時計はまずまずなのですがラスト1F13.3は良い印象を受けませんし、それよりも併せ馬にも先着を許しているのが気になります。

前走JBCクラシック(3人気2着)の最終追い切りでも坂路でラスト1F13.2と似たようなラップタイムを刻んでいるのですが、その時は併せ馬にしっかりと先着出来ているのでまだよかったのですが、今回は遅れをとっているので幾分疲労が出始めているのかなと思ってしまいました。

この馬はここ2戦の最終追い切りでは併せ馬に先着してきているので、この違いは良くはないでしょう。

ピークは前走だったようにみえます。

仕上がり:75%

 

サンライズノヴァ

11/28(水)      4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/53.5-38.9-25.1-12.6

ラップタイム(14.6-13.8-12.5-12.6)

【2頭併せ強め】

併せ馬を突き放せてはいませんが先着はできています。

全体時計は前走武蔵野S時(1人気1着)で51.7というかなり速いタイムを出していますが、賞金面を考えると勝たなくてはいけない1戦だったので納得できます。

ローテからみるとメイチ仕上げは前走で、今回はその状態の維持ができていれば良いと思います。

そういった意味では、今回は時計的には前走よりも遅いですがラスト2Fでスピードを維持できていますし、強めに追われているので適度に負荷も掛けられていて良い追い切りにみえました。

前走の反動もみられないので好調を維持できています。

仕上がり:85%

  

よく見えた穴馬候補

なし。水曜最終追い切りではない馬が6頭いますので、木曜追い切りで良く見えた馬がいれば更新します。

 

全頭の調教をみて・・・ 

上位人気馬の最終追い切り分析はこのようになりました。

アポロケンタッキーサンライズソア、ダノングッド、チョウワウィザード、パヴェル、ミツバの6頭は動画がないため未分析(動画がアップされ次第更新します)

ルヴァンスレーヴ:--%(濃霧のため動画なし)

ゴールドドリーム:出走回避

ケイティブレイブ:85%

オメガパフューム:75%

サンライズノヴァ:85%

 

オススメ穴馬はこちら

なし。

 

データ分析・最終予想も併せて是非っ!

【データ】チャンピオンズカップ(2018)出走馬適性分析~ルヴァンスレーヴ、1800mのが良い~ - club keiba

【予想】チャンピオンズカップ(2018)最終予想~ルヴァンスレーヴ、今年は3歳の年~ - club keiba

明日木曜日にはステイヤーズSの最終追い切りを、金曜日はチャンピオンズカップとチャレンジCの最終予想をアップしますのでお楽しみに!!

 

以上、第19回チャンピオンズカップ(GⅠ) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければ是非っ。