club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】チャンピオンズカップ(2018)1週前追い切り分析~ゴールドドリーム、一流の準備~

 友だち追加

どーも、チャンピオンズCの前にラジオNIKKEI杯京都2歳Sのレース回顧&備忘録です。

ぺちです。

 

※本題を読みたい方は目次まで飛ばしてください※

●レース回顧

レースは1000m通過が1:02.3のスローペースの中、6~7番手に位置していたクラージュゲリエが上がり最速の33.8の脚を使って勝利、今週も内枠の馬の勝利となりました。

課題であった折り合いもついていましたしコーナリングも馬群に入れていたというのもあってスムーズに周れていました。

馬体重も14kg増と成長がみられますし、心身ともに成長した印象で早くも来年の菊花賞候補が現れました。

2着ブレイキングドーンも前走の放馬を感じさせずまったく折り合いは気になりませんでした。

道中は5番手で中段稍後ろ辺りで追走して上がりは2位の34.0、着差は枠順による位置取りの差なのでこの馬もクラシックをにぎわせそうです。

上位2頭は力が抜けていましたね。

3着ワールドプレミアは道中6番手でクラージュゲリエと同じような位置にいましたが、4角で大外を回していたということもありますが、コーナリングで出遅れて直線に向いた時点では2頭と差が開いてしまっていました。

エンジンの掛かりが遅いので直線の長いコース向きですね、京都・阪神の外回りや東京向きでしょう。 

4着ミッキーブラックはスローペースで道中折り合いに欠いていたことに加えて、瞬発力勝負に屈した印象です。

長距離適性は高いと思いますが、展開次第では折り合いが課題となり、また瞬発力勝負でも分が悪いので、現状はパワー勝負が見込める中山向きかなと思います。

 

●備忘録

特になし

 

さてラジオNIKKEI杯2歳Sのレース回顧を終えたところで、今回はルヴァンスレーヴvsゴールドドリーム第2戦チャンピオンズカップ1週前追い切り分析です。

1週前追い切りの内容から、最終追い切りで求められる調教内容を分析していこうと思います。 

 

チャンピオンズカップ1週前追い切り 

今回はチャンピオンズCで人気になるであろうルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームケイティブレイブ、オメガパフュームの4頭とその他で良く見えた馬の1週前追い切りレビューをしていきます。

 

ルヴァンスレーヴ

11/21(水)       4F-3F-2F-1F

美浦/坂路/良/52.8-38.3-25.5-13.0 

ラップタイム(14.5-12.8-12.5-13.0)

【2頭併せ一杯】

もともと調教がけしない馬ですが、今回もムチを入れられて追われているものの併せ馬を突き放すことができずに併走してフィニッシュしています。

この馬は追い切りでは良し悪しが判断しづらいのですが、毎度の共通点は「脚の回転や首の使い方など動き自体は凄く良いけどタイムが平凡で併せ馬に先着されてしまう」ことで、それは今回もしかりでした。

となるとこの馬にとっては順調な追い切り内容で、最終追い切りでも同様の動きができていれば問題はないでしょう。

【最終追い切りでの注目点】

 いつもと同じ動き(動き自体は良いがタイムは平凡で併せ馬に先着されていても不問)

 

ゴールドドリーム

11/21(水)       6F-5F-4F-3F-1F

栗東/CW/良/80.5-65.5-51.1-37.8-11.9 

ラップタイム(15.5-14.4-13.3--11.9)

【単走馬なり

この馬はルヴァンスレーヴとは逆で調教がけする馬です。

単走馬なりで直線に少しだけ追われていますが、全体時計も速くラスト1Fも11秒台で駆け抜けられています。

これまでとの違いといえば、1週前追い切りではいつも坂路で行われているのですが今回はCWに変更されています。

6Fと長い距離を走っているのでスタミナ強化、コーナーでの加速の強化辺りが狙いかと思いますが、京都のダートは直線が短いのでこの変更はプラスに捉えています。

これまで坂路調教で結果を出してきているので、最終追い切りでは坂路で51秒以下のタイムで駆け抜けられていれば、これまでGⅠで好走している状態と遜色ないと言えます。

【最終追い切りでの注目点】

坂路で51秒台以下のタイム

 

ケイティブレイブ

11/21(水)       6F-5F-4F-3F-1F

栗東/CW/良/80.7-64.4-50.3-37.4-12.1 

ラップタイム(16.3-14.1-12.9--12.1)

【単走馬なり

この馬の1週前追い切りは場所問わず軽い内容のことが多いのですが、前走JBCクラシックを経ているからなのか今回はタイムを出してきた印象です。

レース用にスイッチが切り替わっていて、全体時計もラスト1Fも好時計で駆け抜けられています。

馬なりながらしっかりと踏みこめていて首も上手に使えています。

既に仕上がっている印象なので、最終追い切りではラスト1Fのタイムに注目で、特別遅くなければ問題ないと思います。

【最終追い切りでの注目点】

ラスト1Fが特別遅くないタイム

 

オメガパフューム

11/22(木)       4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/52.3-38.0-24.8-12.5

ラップタイム(14.3-13.2-12.3-12.5)

 【単走強め】

全体時計もラスト1Fも好タイムで駆け抜けています。

ケイティブレイブ同様JBCクラシックを走ったからか既に仕上がっている印象で、脚の回転が速く首もしっかりと使えていてしなやかな動きで走れています。

首がまっすぐに伸びていて集中力も感じますし、既に申し分ないです。

最終追い切りでは併せ馬にしっかり先着できていれば十分でしょう。

【最終追い切りでの注目点】

 併せ馬に先着

  

オススメ穴馬 

サンライズソア

栗東/CW/良/6F80.8-66.1-52.0-38.5-12.6 

ラップタイム(14.7-14.1-13.5--12.6)

【2頭併せ馬なり

この馬もJBCクラシック組で既に仕上がっている印象です。

馬なりながら強めに追われている併せ馬に先着出来ていますし、重心が低く脚がしっかりと前に出ていて伸びやかな動きを見せています。

最終追い切りでは、できれば強めに追われていてかつ併せ馬に先着出来ているのが理想です。

【最終追い切りでの注目点】

強めの負荷+併せ馬に先着

 

インカンテーション

栗東/CW/良/6F84.4-67.1-52.0-38.8-12.6 

ラップタイム(17.3-15.1-13.2--12.6)

【2頭併せ強め】

武蔵野Sでの最終追い切りでは正直物足りない出来で、強めに追われているにもかかわらず併せ馬に差を広げられて先着を許していました。

前走からの変わり身としてはこの馬が1番ありました。

今回はラスト100m位から強めに追われていますが、馬なりの時点で強めに追われている併せ馬と併走できていますし、鞍上のゴーサインとともにすっと併せ馬をかわせているので追ってからの反応の良さが目立ちました。

最終追い切りでは今回同様強めに追われていることを期待します。

【最終追い切りでの注目点】

強めの負荷

   

1週前追い切りまとめ

今回紹介した馬の1週前追い切りからみる最終追い切りの注目点は以下の通りです。

アスカノロマンアポロケンタッキー、クインズサターン、サンライズノヴァ、ダノングッド、チュウワウィザード、パヴェル、ヒラボクラターシュ、ミツバの9頭は1週前追い切り動画なしのたみ未分析

ルヴァンスレーヴ:いつもと同じ動き

ゴールドドリーム:坂路で51秒台以下のタイム

ケイティブレイブ:ラスト1Fが特別遅くないタイム

オメガパフューム:併せ馬に先着

 

●オススメ穴馬

サンライズソア:強めの負荷+併せ馬に先着

インカンテーション:強めの負荷

センチュリオンも良かったです

 

データ分析・最終追い切り・予想も併せて是非っ!!

【データ】チャンピオンズカップ(2018)出走馬適性分析~ルヴァンスレーヴ、1800mのが良い~ - club keiba

【調教】チャンピオンズカップ(2018)最終追い切り分析~ケイティブレイブ、好調を維持~ - club keiba

【予想】チャンピオンズカップ(2018)最終予想~ルヴァンスレーヴ、今年は3歳の年~ - club keiba

明日月曜日はステイヤーズSとチャンプオンズCの、火曜日にはチャレンジCのデータ分析をブログにしますのでお楽しみに!!

 

以上、第19回チャンピオンズカップ(GⅠ)1週前追い切り分析でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければ是非っ。