club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【圧倒的】ステイフーリッシュの高い適性~第70回チャレンジカップ(2019)予想~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は第70回チャレンジカップ(G)の予想です。
予想のポイントは以下。
馬場(Aコース):開幕週だが例年時計は速くない、かといって遅すぎでもない
阪神2000m(内):スタートがG前直線なので急坂を2度上る、スタートから1角までにその坂があり、300mほどあるので先行争いはゆったり
重視:小回り適性、近走内容
血統キングカメハメハ持ち【参考】チャレンジC(2019)血統分析
ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

チャレンジC予想

これといった中心馬がいないのでコース適性や距離適性がモノを言う戦いとなりそう。
重賞でも実績のある馬、条件戦から上がってきた馬の比較が予想のポイントとなる。
レースの格ではなく、レースで戦ってきた相手、そして各馬のレース内容を吟味して予想を組み立てていく。
逃げるのはブラックスピネルだろうが、突っかかっていく馬はいないのでペースはそこまで上がらないと思われる。
が、外国人ジョッキーが多数参戦するので楽には逃げられない→ペースは上がらず馬群が凝縮した展開を想定。

 

◎ステイフーリッシュ

ここは普通に走れば勝てるでしょ。
前走福島記念は斤量57.5kgで出走、勝ち馬が56kgで福島コース連対率100%(1-3-0-0)のクレッシェンドラブだったことを考えると、0.2秒差なら問題ないでしょう。
重賞勝ちは京都新聞杯ですが、ホープフルS3着を始め、前走福島記念函館記念鳴尾記念など小回りの2000mは最も得意としている舞台。
今回は別定戦なので56kgで臨めるのも、450kg前後しかない馬体重を考えると大幅プラス。
先行から差しまでできる自在性と操縦性の高さもある。
総合力でこの馬が本命。


血統的にも母父にこのレースと非常に相性の良いキングカメハメハを持っています。
逆に他の馬でキンカメ持ちはいないので相対的に見ても血統面でアドバンテージがあります。
父のステイゴールドもこのレースと相性が良く、なにしろこの馬自身昨年3着に好走しているので大崩れは考えられません。
中谷騎手の重賞初制覇に期待しましょう。

 

〇テリトーリアル

前走カシオペアS(L)では斤量差はあれどソーグリッタリング、デンコウアンジュといった重賞でも勝ち負けの馬たちに勝利。
レースレベルは低くはなかった。
前々走都大路S(L)でもソーグリッタリングの2着だが、のちにクイーンSで5着、札幌記念でも6着と善戦するエイシンティンクルに先着している。
今回のメンバーは舞台適性の低い馬が多いので、今回もやれておかしくはない。
テリトーリアルは京都・阪神の2000m戦で勝利経験もあるので小回りコース、距離適性も高い。
条件戦をゆっくりと上がってきた苦労馬だが、安定感のある馬で22戦して15回も馬券に絡んでいる。
重賞は今回が初めてだが戦ってきた相手を考えればいきなりも期待できる。

 

▲ノーブルマーズ

春の鳴尾記念組ではギベオン、ブラックスピネル、ステイフーリッシュに先着を許す5着だった。
その時からの変化で考えると、ノーブルマーズは夏に2000m戦の小倉記念で3着と初めて根幹距離の重賞で馬券に絡んでいる。
さらに今回は鞍上が川田さんに乗り替わる。
宝塚記念の3着などがあるのように、これまでの高倉さんと手が合っていなかったとは思わないが、リーディング2位騎手への乗り替わりは期待値込みでプラスだろう。
鳴尾記念組ではブラックスピネルは休み明けが走らない、ギベオンは小回りコースを苦手としているので狙いづらい。
ノーブルマーズに関しては小回りの阪神コース適性は宝塚記念で証明済み。
2000mの根幹距離もこの夏で一定の実績を作ったので、今回のこのタイミングで言えばチャンスはある。

 

△ギベオン

鞍上強化が大きい。
前走毎日王冠は新人1年目の岩田望来騎手、今回はデットーリ騎手と一気に強化される。
これまで小回りコースでは結果を残せていない馬だが、世界No.1騎手の手腕は怖い。
昨年の中日新聞杯を勝利しているので、実績もさることながら、この時期が得意な可能性もある。
鳴尾記念もスタートで後手を踏みながらも4着と形は作っているので、抑えに入れておく。
 

買い方

◎ステイフーリッシュ
〇テリトーリアル
▲ノーブルマー
△ギベオン
 

馬単
◎→〇▲△
計3点

 

予想を終えて・・・  

分析すればするほどステイフーリッシュになりました。
世界のジョッキーが集っているので正直鞍上の実績差はありますが、前走福島記念でも2着に持ってきていますので今回地元の関西圏の競馬ならば大丈夫でしょう。
S.ジョブズの名言「Stay hungry Stay hoolish」にちなんだ馬名ですが、がむしゃらに勝利を目指してもらいたいです。

 

以上、第70回チャレンジカップ(GⅢ)最終予想でした。
ご覧頂きありがとうございました。