club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】セントウルS(2019)~血統と脚質の妙味~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

今回は第33回産経賞セントウルステークス(GⅡ)の予想です。 

予想したポイントは以下の通り。

①開幕週の馬場

②ローテ

③血統は父系はミスプロ系短距離種牡馬で、父・父母父・母父・母母父いずれかでナスルーラ持ち

【参照】【傾向・血統】セントウルS&京成杯AHをざっくり分析する - club keiba

ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

セントウルS予想

◎マテラスカイ

逃げ馬のこの馬に取っては2番枠という絶好の枠を引けました。

ダートが主戦場の馬でしたが、昨年のプロキオンSでは1:20.3という芝コース並みのタイムでレコード勝ちをしています。

プロキオンSが行われる中京ダ1400mはスタートから200mほどは芝なので、芝からのテンの速さは証明済み。

ハナは取れると思います。

セントウルSは開幕週に行われる阪神内回りコースのスプリント戦なので、逃げ・先行がかなり有利です。

 

そのうえでの強調材料は、この馬はダート戦でも砂の深い地方戦よりも中央の堅い馬場の方が得意としています。

レコード勝ちした時も重馬場寄りの不良馬場でした。

ダート馬でもパワー型というよりかはスピード型なので、芝の1200m戦でもこなせると思っています。

また使い詰めた方が良い馬で、本来ならば前走から1か月以内で臨めるのがベストですが、それでも叩き2戦目は良いローテです。

さらに血統が魅力で、父はミスプロ系の短距離種牡馬のスペイツタウン、母父はブラッシンググルーム経由のナスルーラ持ちです。

このレースと相性の良いストームキャットも父母父に持っており、血統面では相性の良い血をすべて持っています。

芝のレースは2戦目ですが、スノードラゴンレッドファルクスのようにスプリント戦は芝・ダートの互換性があるので期待できます。 

 

イベリス

マテラスカイがいなければこの馬を軸にして流していたと思います。

この馬も逃げ馬なので4番枠はプラスです。

ただマテラスカイがいるのでテンの速さではかなわないかなと思います。

となると番手からの競馬となるわけですが、逃げれなかった場合は(1-0-1-2)と戦績が落ちます。

逆に逃げた時は(2-0-0-1)で着外はNHKマイルCの16着のみなので、1200m戦で2勝している距離適性を考えれば逃げてほしいところ。

馬格が450kg前後しかない馬なので斤量が52kgで臨め、それでいて前で競馬ができるので軽ハンデを最大限に生かせます。

阪神コースで2勝、1200m戦で2勝、逃げて2勝なので舞台適性は高いです。

血統面も父がキンカメ経由のミスプロ系短距離種牡馬ロードカナロア

カナロアはストームキャットも持っていますし、母父はボストンハーバーなのでナスルーラ系も持ち合わせています。

 

▲ダイメイプリンセス

このレースと相性の良い北九州記念組でその勝ち馬です。

使い詰めて良力を発揮するタイプで、前走は叩き2戦目ということが好走の一因だったと思います。

今回は叩き3戦目、前走程度の力は出せるのではと思います。

開幕週の馬場なので基本的には前目有利ですが、この馬は小回りコースでもまくれるコーナリング技術がありますので、ハイペース必至の今回は外から差し切るイメージも持てます。

鞍上は正直秋山さんが最も手があっていると思いますが、川田さんならマイナスではないはずです。

血統からは相性の良さが感じられませんが、斤量も前走から1kg減の54kgですし、ここでも。

 

△3頭一気に

△1ミスターメロディ

高松宮記念勝ち馬で能力は実証済み。

問題はこれまで休み明けで結果を残せていないこと。

宮記念ではテンの速い流れを先行して押し切っていて、今回もおなじような展開になると思われるので、着実に力をつけていることも踏まえての抑えです。

 

△2アンヴァル

阪神コースで結果を残しておらず、平坦コース向きな馬です。

ただ4歳になって成績に安定感が増しており、昨年10着だった北九州記念を今年は3着に入っていますので昨年10着だったセントウルSでも前進が期待できます。

それでも実績ほどの信頼は置けませんので抑えです。

 

△3タワーオブロンドン

こちらも抑えで。

後方からの馬で前走キーンランドCは外差しが決まる馬場だったため馬が外に出た分、内が開いてインを付けて2着に好走していますが、開幕週の阪神内回りコースでは内が開きません。

そうなると外を回さざるを得なくなりますので、苦戦はしそうですが地力でどこまでといった印象です。

 

買い方

◎マテラスカイ

イベリス

▲ダイメイプリンセス

△1ミスターメロディ

△2アンヴァル

△3タワーオブロンドン

 

馬単

◎→〇▲△1△2△3

計5点

 

予想を終えて・・・

 

今回人気馬がかなり怪しいと思っています。

タワーオブロンドンは小回り適性(差しが届かない可能性)、ミスターメロディは休み明け、アンヴァルはコース適性。

ということで本命をダート馬マテラスカイにしたわけですが、妙味は十分にあります。

阪神開幕週の内回りなので逃げ有利、枠も2番枠、鞍上武さん。

ここは手広くいきます。

 

こちらも併せてぜひ! 

【適性】セントウルS&京成杯AH~甘く危険な人気馬たち~ - club keiba

 

以上、第33回セントウルステークス(GⅡ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。