club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】CBC賞(2019)~1200m差し適性~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

Twitterでは日々競馬(地方、中央、海外問わず)に関する情報を呟いていますので、是非フォロミーして下さい!笑

 

さて今回は第55回CBC賞(GⅢ)の最終予想です。 

予想のポイントの前に、今回は純粋に1200m戦ということで距離適性を大前提において予想を組み立てています。

そのうえで、ポイントとなるのはこちら。

・重馬場

・外差し有利

ハンデ戦

・血統なら芝ナスルーラ持ち(1200m戦だが急坂アリ、直線長いことによりタフさが求められるため)

 

CBC賞予想 

◎ショウナンアンセム

前走は高松宮杯で3着と好走、1200m戦では(1-0-1-1)とGⅠとGⅢのオーシャンSを含めてのこの戦績は適性の高さを窺わせます。

これまでは1400~1600mを主戦場としていて、OPのパラダイスS勝利以降重賞では1600mを、そして2走前から1200m戦に転向しています。

この転向が功を奏した形で、前走のGⅠ激走につながります。

最後の勝利こそ1400m戦ですが、これまでマイル戦で2勝、1200m戦で1勝をしているように、この馬は根幹距離の方が強いのではと思います。

なので1200m戦の転向は正解だと思っています。

 

また左回りに強く、全6勝の内4勝が東京コースによるものです。

さらにさらに、重馬場にも強く2勝、稍重で1勝を挙げています。

土曜日のレースを見る限りは、12Rの120mm戦で逃げ馬が勝ちましたが、直線では馬場の3分どころに出していました。

1400m戦の知多特別ではペースが流れたため外差しの競馬となっており、馬場は外が伸びる馬場だといえます。

この馬は後方からの差し馬なので、今の中京の馬場にも合っていると思います。

 

最後に血統面ですが、父はトニービン産駒のダービー馬ジャングルポケット

欧州由来のナスルーラ系の血を持っています。

母系は米国のスピード血統を持っていますので、こちらの血が強く出て短距離馬となり、かつ父系でスタミナ面を補っていることを考えると、血統的にもこのレースに合っていて文句なしの本命です。

 

〇レッドアンシェル

去年のダノンスマッシュを見ているかのような戦績です。

元々はマイルを主戦場としていた馬で、3歳時にはOP戦のリゲルSを勝利しています。

京都金杯でも3着、アーリントンCではその年のマイルCを制するペルシアンナイトの2着に入る素質馬でした。

ただ、東京新聞杯の7着以降勝ちきれないレースが続き出走するレースも距離などで工夫を凝らしますがなかなか勝てませんでした。

それが前走初めての1200m戦を試したら、2着に0.4秒差の圧勝でした。

マイル戦でOP勝ちまでできたこと、そして前走の圧勝からわかることは、この馬は根幹距離が得意で、マイル<1200mだったのではということです。

ダノンスマッシュも1200mに転向して一気にGⅠ級の馬になりましたが、この馬も同じようなレールに乗って行けるくらいのスプリンターとしての素質を感じます。

 

重馬場、というか不良馬場の富士Sで4着の経験がありので馬場は苦にしないでしょうし、鞍上は中京コース得意で今年の高松宮記念の勝利ジョッキーでもある福永さんです。

スタートが決してうまくはないこの馬にとっては強い味方となりそうです。

 

ただ、印としては2番手評価にしたのは血統面と脚質です。

前走が良い勝ち方だったので、前走の勝ち方を踏襲したいはずということを考えると今回も先行をしたいはずです。

しかしながらハイペースになりやすい短距離戦で、直線の長い中京コースですから差しが決まりやすく先行勢に似は若干不利なコースです。

番手につけてのレースだと瞬発力勝負で屈する可能性があります。

また血統面では欧州系ナスルーラを持っておらず、父のマンハッタンカフェは非根幹距離に強い種牡馬ですので、血統面では相性は良いとは言えません。

 

▲キョウワゼノビア

前走こそ1400m戦ですが、最後に勝利したのはマイル戦で1200mでは2勝、うち1回はダート戦と今の中京の馬場を考えれば好材料となります。

左回りに強く、前走・前々走ではリステッド競走で3着に入っています。

ダート戦ですが中京1200mで勝利している経験もあります。

 

脚質的にも前走リステッド競走で上がり2位の脚が使える差し馬ですし、血統的にもハーツクライ産駒なので欧州のナスルーラ持ち、母系にはニジンスキーもいるスタミナ血統です。

ダート戦で勝利しているようにパワーがあり重馬場での勝利もあるので、この馬の場合はパンパンの良馬場よりも少しタフな馬場の方が良く、舞台は絶好かと思います。

 

☆アレスバローズ

昨年の勝ち馬ですが、この馬の場合は馬場はパンパンの方が良かったでしょう。

高速決着に強く、昨年は1:07.0の好タイムで勝利しています。

いかにもディープインパクト産駒といった瞬発力が売りの馬で、この父にして短距離に適性が高いのは 珍しいです。

それでも1200m戦で最も直線の長い中京で重賞勝利しているのは、やはりディープ産駒といったところでしょう。

 

前走高松宮記念では3角で不利のある消化不良なレースでした。

前々走のシルクロードSでは直線で一旦は先頭に立つも、そこからスピードが持続せずに敗れています。

負け方的に先頭に立つのが速すぎると本気で走らなくなる馬なのかなと思いましたので、残り100mくらいで先頭に立てる中段くらいからのレースが良さそうですね。

 

このレースは短距離戦では珍しく、2年連続でディープ産駒が勝利しています。

その理由はやはり直線の長さでしょう。

アレスバローズは父にディープを持ち、母系にはトニービンがいる欧州型のナスルーラ持ちでもあるという、血統系にはこのレースに持ってこいです。

良馬場であれば本命まで考えられたのですが、馬場の関係上4番手まで評価を落としています。

 

買い方

◎ショウナンアンセム

〇レッドアンシェル

▲キョウワゼノビア

☆アレスバローズ

 

馬連

◎→〇▲☆

計3点

 

予想を終えて・・・

今回は非常に難解でした。

というか夏競馬は毎週こんな感じな気がします。

ラジニケも時間がかかりましたしね。

最近は距離適性に重点を置いて予想をしていますので、その成果をみせられればなと思います。

 

以上、第55回CBC賞(GⅢ)最終予想でした。

読んでくてありがとう!