club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【交配相手】米国からの輸入種牡馬カリフォルニアクロームに最適な花嫁探し

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
カリフォルニアクロームが日本にやってくる!!
そんなビッグニュースを聞いて、いてもたってもいられずこんなテーマを思いつきました。
Nextサンデーサイレンスになるのか、それとも砂のサンデーになるのかは分かりませんが、そんなことを夢想するのが競馬の醍醐味でもあります。
しばし僕の夢想にお付き合いください(笑)

 

プロフィール

f:id:shumpei116:20191123231301p:plain

主な勝ち鞍:ケンタッキーダービープリークネスSハリウッドダービードバイWC(GⅠ7勝)
ダートのみならず芝のGⅠでも勝利している。
父Lucky Pulpitは重賞未勝利の3勝馬だが、1000-1100mの芝・ダートそれぞれで勝利。
父母父コジーンは日本でもローブデコルテ(オークス)やアドマイヤコジーン(朝日杯FS安田記念)を輩出し、自身も5歳でBCマイル(芝1600m)を制している芝馬。
父系は芝寄りの短距離血統だといえる。
これがカリフォルニアクロームが芝でもGⅠを獲れた血統的背景だろう。
ちなみにハリウッドダービー(1800m)では勝ちタイムが1:47.88と日本の芝コースも条件次第では対応できる期待を持たせるタイムをマークしている。

 

母系は現役時代に1000mと1800mでレコードタイムを出したnumberd Account(最優秀2歳牝馬)を4×4で持っており、母父Not for Saleは全兄にリズム(GⅠ2勝、優秀2歳チャンピオン)がいる・
リズムは中距離で活躍した馬。
早熟な中距離血統。

 

父系からは芝適性とスピードを、母系からは中距離以上に対応できるスタミナと早熟性を取り入れた結果、米国クラシック2冠、そして芝・ダート両方でGⅠを獲れた要因だろう。
因みにカリフォルニアクロームミスタープロスペクターを4×3で持っており、これは俗にいう「奇跡の血量」。
ミスプロは米国では長距離を得意としており、ベルモントS(ダ2400m)に強かったといわれている。
当馬は父系の血統の割には中長距離に強いので、ミスプロ(もしくは母系)の影響も強く受けている印象。


基本的にはダートGⅠ馬を目指す配合がされていくだろうが、変化球の芝短距離馬なんかも面白そう。


脚質は逃げ馬で、距離は中距離(1800m以上)。
日本のスマートファルコンのようなイメージ。
スタミナも十分あるので、ダート馬としては理想的。
負けパターンは追い比べのキレ負けなので、サンデー系と合わせると良さそう。

 

王道ならこの2頭

①アイアンテーラー(馬名に基本情報リンクあり)
主な勝ち鞍:クイーン賞マリーンC2着

f:id:shumpei116:20191123232917p:plain
ポイントは母系にウッドマンの血を持っているということ。
余談ではあるがカリフォルニアクロームが持つnumberd Accountは甥がウッドマンです。
近年の日本ダートの超一流どころを見ると、母系にウッドマンの血を持つ馬が結構いる。
ルヴァンスレーヴ、チュウワウィザード(この2頭は同じ牝系)、コパノリッキーなど。
またカリフォルニアクロームと同じシアトルスルー系で日本で活躍しているゴールドクイーン、ラインカリーナはいずれも母系にウッドマンの血を持っている。
つまり日本のダートへの適性面・そしてシアトルスルー系との血統的相性面でウッドマンの血はマッチしているということになる。


アイアンテーラーはルヴァン、チュウワと同じ牝系で、母母父にウッドマン系のティンバーカントリーを持っています。
父はサンデー系ダート種牡馬ゴールドアリュール
この馬はダートマイルにめっぽう強い血統なので、この組み合わせなら距離の融通も利きそうです。


②ララベル
主な勝ち鞍:JBCレディスクラシック

f:id:shumpei116:20191123232950p:plain

アイアンテーラーと同じGアリュール×ティンバーカントリーという配合。
コパノリッキー同じ配合なのでニックスですね。
距離適性も1800mがベストとかなり似ています。
ただ距離適性の幅はこちらの方が上で、勝利はダ1200-2100mとかなり広いです。
カリフォルニアクロームが中量距離馬なので、母系は短距離系のスピード血統がマッチすると思っています。
配合の組み合わせを取るならララべル、牝系の優秀さを取るならアイアンテーラーといった感じです。 

 

奇跡の血量ブーストを期待するならこの2頭

③ブランダムール
主な勝ち鞍:芝1200mで5勝

f:id:shumpei116:20191123233053p:plain
米国芝マイルGⅠ馬で、産駒が日本のGⅠでも勝っているコジーンを4×3で持つ奇跡の血量ができます。
母馬も芝馬なので、これならマイル以下の芝レースでも対応できそうです。
瞬発力よりもスピードの持続力勝負になりやすい安田記念なんかは合っていそうです。
母父にはウッドマンも内包。
中長距離馬の種牡馬×短距離母馬という組み合わせ。


マドラスチェック
主な勝ち鞍:関東オークス2着

f:id:shumpei116:20191123233134p:plain

こちらはA.P.インディの4×3、さらにはミスプロも5×4×4×5=18.75%の奇跡の血量です。
ミスプロの計算はまさに奇跡的ですよね。(笑)
A.P.インディは米国3冠馬同士の配合(シアトルスルー×セクレタリアト)でGⅠ4勝、1992年には米国年度代表馬にも選ばれています。
主な勝ち鞍はBCクラシックベルモントS
先述したようにミスプロは米国ベルモントSと相性の良い血統なので、A.P.インディ・ミスプロの奇跡の血量を持って米国に挑戦してもらいたいですね。
日本生産馬の調教馬でベルモントS制覇!!
そんな夢を託せる配合です。 

 

ただただ個人的な夢の配合なら

ダイワスカーレット
主な勝ち鞍:有馬記念エリザベス女王杯天皇賞(秋)2着

f:id:shumpei116:20191123235537p:plain

言わずもがな名牝です。
逃げ馬×逃げ馬なので超逃げ馬配合。
スカーレットの父アグネスタキオンは母父に入るとダート色が強くなるので悪くはなさそうですが。
それよりも何よりも、ダイワスカーレットの仔で大物が見たいという願望がかなり強いです。
ダートの中距離以上でドバイWCが目標!みたいな(笑)

 

最後に・・・

久しぶりに米国の超大物が来た、というよりも僕が競馬を始めたのが2008年なので、個人的に過去最大の輸入種牡馬なのではと思います。
大金をつぎ込んでの輸入なので質の良い牝馬が集まるでしょうし、陣営も成功させたい気持ちがかなり強いでしょう。
早くて2023年にデビューする産駒たちに期待しましょう!(米国では2017年から既に繁養されています。)
Nextサンデーサイレンスになれるか。


ご覧いただきありがとうございました。