club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【朝日杯FS 2018 競馬予想】最終予想~アドマイヤマーズ、ムーンに続け~

 友だち追加

どーも、朝日杯FSの血統的傾向は父ディープインパクト

ぺち(@Pettit0116)です。 

 

朝日杯FS阪神開催になった2014年からの4年間でディープ産駒は3勝と圧倒的な成績を残しています。

もともと阪神マイルはディープ産駒が得意とする舞台ですが、それにしてもこの成績はすごいですね。

今年の出走馬では紅一点グランアレグリアがディープ産駒、牝馬による戴冠を後押しするデータとなります。

 

さて血統を踏まえたうえで今回は第70回朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)の最終予想です。 

 

第70回朝日杯FS勝ち馬予想

◎アドマイヤマーズ

〇ファンタジスト

▲グランアレグリア

☆クリノガウディー

 

◎アドマイヤマーズ

堅実性の高さから本命に。

新馬戦ではケイデンスコールを負かしていますし2戦目ではある程度流れたペースで勝利、前走デイリー杯ではスローペースを勝利と経験値が1番あります。

上がりの脚もダイワメジャー産駒にしては使えて、これまで最速が33.3ですべてのレースで上がりは3位以内です。

また3戦すべてがマイル戦で距離は問題ないですし、コースは初めてですが阪神と同様の坂のあるコース、右回りは経験済みなので苦手ではないと思います。

鞍上はこのレース3勝と相性の良いデムーロ兄、最終追い切りの動きも上々と基本的に力負け以外は考えられない陣容となっています。

出走メンバー中1番欠点・懸念点が少ないとも言えます。

 

〇ファンタジスト

2番目に欠点・懸念点が少ないのがこの馬。

重賞2勝という実績に加え、右回り・坂コースは勝利経験がありますし、ハイペース・スローペースどちらにも対応できる賢さがあります。

スタートがうまく先行力もあるので操縦性の高さもあります。

そしてこの馬は調教が素晴らしく、1週前追い切りでは50秒を切る坂路4F49.8、最終追い切りも4F52.8と2週続けて精力的な調教ができています。

懸念点は距離延長で初のマイル戦ということくらいですが、前走京王杯2歳Sをみると最後の直線で抜け出してからラスト100mくらいで後続に差を縮められていたので若干スタミナ面の不安はあります。

ただ陣営のコメントではもともと新馬戦はマイルを使う予定だったことを明かしていますので、これを信じれば問題ないことになります。

スプリンターズS以降GⅠは外国人ジョッキーのためのレースとなっていますが、ここで武豊が外国人Jの連勝ストップ&自身初の朝日杯FS制覇を達成してほしいです。

 

▲グランアレグリア 

ポテンシャルならこの馬。

新馬戦では阪神JFを制したダノンファンタジーを軽く蹴散らしており、前走サウジアラビアRCでは牡馬相手にスタートで出遅れながら終わってみれば2着に0.6秒差の楽勝とポンテンシャルの高さ・そこを見せていないすごみがあります。

ただ懸念点も多いのが悩みの種です。

一つ目はスタート。

前走サウジアラビアRCでは勝ってはいるもののスタートで出遅れています。

8頭の少頭数でのレースだったので巻き返しは比較的に容易にできましたが(もちろんこの馬のポテンシャルあってのものですが)、今回は15頭立ての多頭数ですのでもし出遅れれば相手も強化されますし巻き返しは難しいと思います。

またそれを踏まえて懸念点の2つ目が輸送です。 

これまで2戦2勝でどちらも東京コースでのレースですので今回初めての関西遠征となります。

前走出遅れの精神的な難しさを持つ馬が関西初輸送というのは不安が助長されます。

さらに右回りも初めてですので、牡馬混合GⅠというただでさえハードルの高いレースで越えなければならないハードルが多いです。

 

☆クリノガウディー

穴ならこの馬です。

前走東スポ杯2歳Sでは着順こそ7着ですが勝ち馬とのタイム差は0.5秒だけですし、個人的に東スポ杯2歳Sは2歳重賞で1番レベルが高いレースだったと思うので、それを考えると悪くない敗戦です。

前走を振り返ると1800mのペースだと少しだけ手綱を抑えていたので若干遅いように見え、マイルの方がペースを考えるとよいと思います。

直線でも一瞬先頭に立っていたように能力は示しましたが、瞬発力がそこまでないので上がり勝負の展開は不向きで、GⅠのような展開が流れてスタミナ勝負になるレースの方がこの馬に向くと思います。

最終追い切りでもよい動きを見せていて、枠順も最内枠を引けてロスなく立ち回れますので穴としては買える要素がふんだんにあります。

 

買い方

◎アドマイヤマーズ

〇ファンタジスト

▲グランアレグリア

☆クリノガウディー

馬連

◎〇

【ワイド】

◎〇

計2点

 

一応ブログなので4頭挙げましたが、買い方的には本命対抗の馬連・ワイドで。

これを厚く買うのが良いかと思います。

 

消した人気馬

ケイデンスコール

このレースは差し・追込が決まりやすいので脚質でみればこの馬が上位人気で1番適しているのですが、左回りしか経験がなく新馬戦では得意のスローの瞬発力勝負でアドマイヤマーズに負けていますので、相当に恵まれない限り逆転は難しいと思います。

新潟2歳Sからの直行はこのレースに直結しませんし、デイリー杯に出走させる予定がアクシデントによりぶっつけになってしまったようなので順調に事が運んでいるわけでもありません。

2歳の気難しい時期は順調さもかなり重要だと思うのでここでは消しました。

 

予想を終えて・・・

 

来年のクラシックの展望として、牝馬は構図が固まりつつありますが牡馬はまだまだ大将格が不鮮明のように感じます。

暫定では朝日杯FSに出走する重賞勝ち馬なのでしょうが、重賞2勝のニシノデイジーや京都2歳S勝ち馬のクラージュゲリエなんかもいます。

シーザリオの仔サートゥルナーリアも大物感があって期待感は半端ないですよね。

もともと朝日杯FSはクラシックに直結しませんのでここはマイラーの巣窟としてみたほうがよさそうです。

と考えるとダイワメジャー産駒のアドマイヤマーズは最もマイラーっぽいキャリア・血統をお持ちですので、アドマイヤリード以来のアドマイヤ軍団GⅠ戴冠+翌年のマイル路線を引っ張ってもらう逸材として期待したいです。

ファンタジストはどちらかというとスプリンターになるのかな。

グランアレグリアはここで負けても評価は落ちないでしょうから勝っても負けても新しい展開は見込めないので、競馬を線で見た場合この馬が勝つのが1番オモロくはないでしょうね。

 

データ・追い切り分析も是非!!

【朝日杯FS 2018 競馬予想】データ・出走馬適性分析〜グランアレグリア弱点も能力で凌駕〜 - club keiba

【朝日杯FS 2018 競馬予想】最終追い切り・調教分析~ファンタジスト群抜~ - club keiba

明日日曜日には来週のGⅠ有馬記念の1週前追い切りをブログにしますのでお楽しみに!!

 

以上、第70回朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますので登録よろしくお願いします。