club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】第7回アルテミスS(2018)最終追い切りレビュー~エールヴォア、古馬のような追い切り~

 友だち追加

どーも、ルメールの年間200勝の可能性は。。。

ぺちです。

 

破竹の勢いで勝ちまくっているC.ルメールですが、最近は重賞でも勝ちまくる勝負強さも備わり手がつけられない状況となっています。

昨年は199勝と200勝にあと1勝だけ届かなかったのですが、最近の勢いだと今年は200勝、さらには武豊が持つ年間最多勝利数の212勝も見えてくるのではないかと思い、これからルメールがどれくらいのペースで勝っていけば達成できるのかを試算してみました。

10/25時点でJRAの競馬開催日が残り19日、1日に12R行われますから単純計算で最大騎乗回数は228回となります。

現在ルメールは169勝していますので200勝まで残り31勝、7Rに1回勝てば200勝に到達できます。

日割りにすると、毎開催騎乗して1日2勝すれば達成できます。 

次に年間最多勝利数の212勝ですが、残り43勝なので5Rに1回勝てば記録が達成されます。

日割りにすると、毎開催騎乗して1日3勝すれば達成できます。

ちなみにルメールが秋競馬が始まった9/8以降は16日間で42勝しています。

1日当たり2.6勝なので、このペースでいければ新記録は達成できることになります。

流石に12Rを毎回乗るのは難しいので、212勝は難しそうですが200勝はまず間違いなく達成できそうです。

 

さて今回はルメールはスワンSなので不在、アルテミスステークスの最終追い切りレビューです。

 

 

 

 

アルテミスステークス想定オッズ 

10/24現在の上位人気馬はこちら。(neikeiba.comより)

1番人気:グレイシア                      2.9倍

2番人気:ミディオーサ                  3.5倍

3番人気:シェーングランツ          4.6倍

4番人気:ミリオンドリームズ      5.3倍

ーーーー

5番人気:ビーチサンバ                14.1倍 

 

上位4頭が1桁倍のオッズなので、今回は人気上位4頭と5人気以下の人気薄の中で激走しそうなオススメ穴馬を紹介していきます。 

グレイシア

10/24(水)          4F-3F-1F

美浦/南W/稍重/53.9-38.9-12.9

ラップタイム(15.0--12.9)

【単走馬なり

タイム的には平凡ですがフォームがきれいで2歳馬に良くある首を横に動かしたりする落ち着きのなさがこの馬にはなく、集中して走れています。

折り合いは問題なさそうですし、馬なりながら合計タイム・ラスト1Fともに出走メンバーの平均以上のタイムを出せているので、無理のないソフトな仕上げですが状態は良さそうです。

仕上がり:80%

 

ミディオーサ

10/24(水)          4F-3F-1F

美浦/南W/稍重/54.1-38.8-12.5

ラップタイム(15.3--12.5)

【3頭併せ強め】

2番手・真ん中から追走し、直線では強めに追われて最後は併せ馬に先着してフィニッシュしています。

最後の最後で併せ馬をかわして先頭に立っていますので、追ってからの反応が遅く、走りもまだ首が高くてがむしゃらに走っている印象です。

ラスト1F12.5は優秀ですが、精神面で不安のある走りでした。

仕上がり:75%

 

 

 

 

シェーングランツ

10/24(水)           4F-3F-1F

美浦/南W/稍重/53.3-38.7-13.3

ラップタイム(14.6--13.3)

【3頭併せ馬なり

3頭の真ん中を走り、並んだまま最後まで併走してフィニッシュしています。

馬込みで走る練習でしょうが、落ちついてマイペースで走れている印象でした。

折り合い面での不安はなさそうです。

馬なりながら合計タイムは出走メンバーの中では平均よりも速いので水準以上の仕上がりにはなっていると思います。

仕上がり:80%

 

  

ミリオンドリームズ

10/24(水)          5F-4F-3F-1F

美浦/南W/稍重/70.0-54.1-39.5-13.1

ラップタイム(15.9-14.6--13.1)

【3頭併せ馬なり

3頭の真ん中を走り、直線では一瞬ひるんでしまい後退するのですが、その後に盛り返して最後は併せ馬と並んでフィニッシュしています。

新馬戦は直線では外を回して勝利していますので、馬込みに入ってのレースとなった場合は不安があります。

今回は18頭特別登録していますので多頭数の中でのレースとなるので、枠順にもよりますが馬込みでの競馬は課題となりそうです。

 仕上がり:70%

  

よく見えた穴馬候補

エスケーアタランタは動画なしの為未評価

エールヴォア

栗東/CW/良/6F82.1-64.6-49.1-36.1-11.8

ラップタイム(17.5-15.5-13.0--11.8)

【単走馬なり

馬なりながらこのタイムは古馬並のタイムです。

2歳のこの時期なら追い切りで抜けたタイムが出せているだけで勝負になると思います。

今回この馬以外に栗東CWで追い切られているのがトスアップですが、この馬は4F52.2-12.0ですから、単純に4Fで3秒も違います。

しかもトスアップは強めに追われていて、この馬は馬なりですからポテンシャルの高さが窺えます。

仕上がり:90%

 

ビーチサンバ

栗東/坂路/良/4F56.1-41.2-27.0-12.8

ラップタイム(14.9-14.2-14.2-12.8)

【単走馬なり

 ゆったりした入りで終始馬なりですが、ラスト1F12.8は出走メンバー中2位のタイムで、同1位のブラックダンサーは併せ馬で強めに追ってラスト1F12.7ですから、馬なりでこのタイムは優秀です。

精神面も首がまっすぐ前に向いていて集中して走れているので能力が発揮できそうな仕上がりになっています。

仕上がり:80%

 

 

全頭の調教をみて・・・ 

上位人気馬の最終追い切りレビューはこのようになりました。

グレイシア                 :80%

ミディオーサ             :75%

シェーングランツ     :80%

ミリオンドリームズ :70%

 

オススメ穴馬はこちら

エールヴォア             :90%

ビーチサンバ             :80%

 

併せてこちらも是非っ!   

 

明日の木曜日にはスワンSの最終追い切りレビューを、金曜日にはスワンSとアルテミスSの最終予想をアップしますのでお楽しみに!!

 

以上、第7回アルテミスステークス(2018) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければ是非っ。

ぺち。 

友だち追加