club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【有馬記念 2018 競馬予想】最終追い切り・調教分析~Wミッキー上昇気流~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

最近はサッカーのクラブW杯を観ています。

深夜には鹿島アントラーズレアルマドリードが対戦するわけですが、仮に、もし仮に鹿島が勝つことになると決勝戦アルアインとのアジアのクラブチーム対決という前代未聞の展開となります。

どのチームも初戦の難しさに苦しんでおり、昨日はリバープレートアルアインに敗れるという波乱も起こっています。

レアルは今日が初戦。

そこが鹿島がレアルに付け入る最大の隙で、前半からガンガンがっぷりよつで攻めてほしいですね。

  

サッカーの話はこらへんで。

さて今回は第63回有馬記念(GⅠ)の最終追い切り分析です。

 

1週前追い切りも併せて是非っ!

【有馬記念 2018 競馬予想】1週前追い切り・調教分析〜サクラまだまだ若い〜 - club keiba

 

有馬記念最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

 

ミッキーロケット

12/19(水)        4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/50.8-37.4-24.7-12.5

ラップタイム(13.4-12.7-12.2--12.5)

【2頭併せ強め】

宝塚記念(7人気1着)時の最終追い切りが同じメニューで4F50.7-12.3なので、今回はほぼ同じようなタイムで駆け抜けられています。 

動き的には、宝塚記念時は荒っぽい動きをしていて鞍上が追いづらそうにしていたのに対し、今回はシャープで無駄のない動きでまっすぐに走れています。

もともと調教掛けする馬なのでタイムがこれくらい出るのは普通なのですが、今回は追ってからの反応が良く併走している併せ馬を一瞬で置き去りにできていますので、前走天皇賞・秋(8人気5着)よりも大幅な上積みが期待できます。

仕上がり:95%

 

ミッキースワロー

12/19(水)      6F-5F-4F-3F-1F

美浦/南W/良/83.8-68.1-52.8-39.0-12.8

ラップタイム(15.7-15.3-13.8--12.8)

【2頭併せ強め

前走JC(8人気5着)は札幌記念以来3か月半ぶりのレースだったということもあり最終追い切りは馬なりで併せ馬に先着はしているものの6F85.4-1F12.9というタイムでソフトな仕上げでした。

一方今回は1度叩いているので最終追い切りでも動きが良化されていて、強めに追われているのでしっかりと負荷もかかっていますし、後方から追走して併せ馬をしっかりととらえて大きく先着できています。 

全体時計もラスト1Fもいずれも前走以上ですし、動き的にも小気味の良いフットワークでリズムよく走れています。

1週前追い切りが良化途上の追い切り内容に見えていたため不安がありましたが、今回の採取追い切りでそれを払しょくできる内容に仕上がっていると思います。

仕上がり:95%

 

サクラアンプルール

12/19(水)       6F-5F-4F-3F-1F

美浦/南W/良/84.9-69.1-53.6-39.1-12.2

ラップタイム(15.8-15.5-14.5--12.2)

【2頭併せ軽仕掛け】

1週前追い切りでも抜群の動きを見せていましたが、今回も同様に抜群の動きを見せています。

この馬はタイムというよりも併せ馬との関係性が重要で、どのように追い抜いて先着できているかが見るポイントとなります。

良いときは馬なりで並びかけてそこから一気に突き放して大きく先着します。

今回は馬なりで並びかけて鞍上が軽く仕掛けると即座に反応し、そこからいっぱいに追われている併せ馬を一気に突き放して楽々先着していますので良いときの動きをしています。

2週連続で良い動きを見せているのはこの馬くらいなので、その点も強調材料です。

仕上がり:90%

 

シュヴァルグラン

12/19(水)      4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/53.8-39.7-25.3-12.5

ラップタイム(14.1-14.4-12.8-12.5)

【2頭併せ強め】

前走JC(5人気4着)の最終追い切りが強めに追われながらも併せ馬を突き放せず併走してフィニッシュしていていまいちな内容でした。

今回は同じメニューで何とか先着ができています。

昨年このレースで3着に入っていてその時の最終追い切りは4F54.0-12.9(同メニュー)ですので、単純比較でも似たような時計を出せています。

一気に突き放すことができておらず、じわじわとなので物凄くよいというわけではありませんが、前走との比較、昨年との比較をするとまずまずの出来にあるのかなと思います。

仕上がり:80%

 

クリンチャー

12/19(水)      4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/54.5-39.3-25.1-12.3

ラップタイム(15.2-14.2-12.8-12.3)

【単走馬なり

凱旋門賞明けで体調がどうかという点が気になるところですが、1種前追い切りの時点ではまだ完全な状態ではないかなと思わせる内容でしたが、最終追い切りでは春の状態まで戻った印象を持てました。

タイム的にも天皇賞・春(4人気3着)時は同メニューで4F54.9-1F12.6ですので同水準の域に達しています。

動き的にも馬なりながらパワーを感じさせる踏み込みの強い足さばきで、しっかりと地面を蹴り上げられています。

 仕上がり:80%

 

よく見えなかった馬

ここでは逆に良く見えなかった馬を紹介します。

ブラストワンピース

12/19(水)      4F-3F-1F

美浦/南W/良/51.9-37.4-12.8

ラップタイム(14.5--12.8)

【2頭併せ強め】

この馬はいつも勢いよく併せ馬を先着できるのですが、今回は併走して強めに追われてからもしばらくは併せ馬を突き放すことができずに、最後は先着できはしましたがジワジワとアタマ差程度でした。

夏の新潟記念(1人気1着)や秋の菊花賞(1人気4着)のほうがよく見えました。 

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬はをまとめます。

ミッキーロケット    :95%

ミッキースワロー    :95%

サクラアンプルール:90%

シュヴァルグラン    :80%

クリンチャー           :80%

 

よく見えなかった馬

ブラストワンピース

 

データ分析も併せてぜひっ!

【有馬記念 2018 競馬予想】データ・出走馬適正分析~レイデオロ盤石~ - club keiba

【有馬記念 2018 競馬予想】最終予想~レイデオロでしょう~ - club keiba

明日木曜日は阪神Cの最終追い切りを、金曜日は阪神Cの最終予想をアップしますのでお楽しみに!!

 

以上、第63回有馬記念(GⅠ) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければ是非っ。