club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】葵ステークス(2019)~藤岡康太に託します~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

 

今回は第2回葵ステークス(G)の最終予想です。 

予想の面白さでは今週の重賞の中では1番でしょう。

牝馬が強いレースですが今年は果たして。。。

それでは予想に参りましょう。

 

葵ステークス予想

◎ディープダイバー

ジャカランダシティ

▲ディアンドル

☆ケイアイサクソニー

 

※中間・最終追い切り分析については、ここでは詳細を記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【中間追い切り】葵ステークス(2019)調教BEST3~実績<調子のレースとなりそう~ - club keiba

【最終追い切り】葵ステークス(2019)調教BEST3~抽選通ってほしい馬見つけた~ - club keiba

 

予想のポイント

①行った行ったの先行有利

京都1200mは京都内回りコースで行われるため直線が短い。

加えて京都コースは直線が平坦なので前が止まりづらい。

よって逃げ・先行有利となり、差し・追い込みが決まりづらいコースといえる。

好位を取れる馬を狙っていきたい。

 

②前が止まらない馬場

先週のレースを見ていると前残りが非常に多かった。

内回りコースでは特にその傾向がみられる。

内馬場が良いのだろう。

 

③血統

・幅広くヘイルトゥリーズン

サンデー系はもちろん馬券に絡みやすいが、タイキシャトル系の好走が目立つ

昨年の勝ち馬ゴールドクイーンの母父はタイキシャトル、先週の3歳未勝利戦(1200m)の勝ち馬の父はメイショウボーラー産駒だった。

ナスルーラも併せ持つと良い 

昨年の1-5着馬は父系、父の牝系、母の父系、母の牝系のいずれかにナスルーラを持っていた。

ストームキャット

タイキシャトル系と同じく過去3年と先週の1200m戦から3頭の好走馬を輩出している。

 

◎ディープダイバー

目下2連勝中。

前走橘S(1着)だった馬はこの馬含めて6頭出走するが、2着ジュランビルは今回未出走、3着以下には0.6秒差以上のタイム差をつける力の差を見せつけている。

上がりも最速の33.5で、直線で馬群を縫って差し切ったのはコース取りの幅を持たす大きな収穫となった。

1200m戦では前々走で勝利をしていて、この時は道中4番手からの競馬で好位差しをしている。

今回もこの時のような競馬ができれば勝ち負けだろう。

 

この馬の武器は好位差しなので、後ろに位置を取り過ぎると差し切れない恐れがあり、それは3走前(5着)の負け方である。

鞍上は前走からの継続で藤岡弟。

前走は道中8番手から勝利に導いているので、今回も積極的に位置を取りにはいかなそうなのが不安ではあるが、追い切り面から状態の良さもうかがえるので連勝中の勢いに乗っかろうと思う。

 

ジャカランダシティ

抽選で除外になったセプタリアンを除くとこの馬の最終追い切りが1番良かった。

それだけで選んだのではなく、1200m適性の高さもある。

1200m戦では(2-0-1-1)とすべての勝利をあげており、逆に1400m戦では(0-0-0-2)と奮わない。

ここ2戦が1400m戦で大敗をしているので評価を落としているだろうが、1200m戦に戻る今回は上積みが見込める。

1400m戦では単純に距離が長く最後まで体力が持っていないのに対し、1200m戦ならその心配はなくなるし、先行力があるので内枠の5番枠というのも活かせる。

最終追い切りの動きが良く、血統的にも父がストームキャット系で母父がサンデー系なのでヘイルトゥリーズンも持っている。

このレースとの相性、状態面、血統、これらはこの馬のアドバンテージとなる。

 

▲ディアンドル

新馬戦からクラシックには見向きもせず、ずっと1200m戦を使っている。

5戦4勝2着1回のほぼパーフェクトな戦績で、そのすべてが1200m戦なのだから出走メンバー中で最も1200m適性は高いといえる。

脚質も先行直があるので京都内回りとは相性が良く、それでいてしまいの脚も使える好位差しな馬なので、レースとの相性ではNo1。

3か月の休み明けということで、追い切りを見てもまだ良化途上といったように見えるので3番手にまで評価を落としたが、能力面や適性面を考えると無視はできない。

ただここはステップレース扱いのように感じる。

 

☆ケイアイサクソニー

レース間隔が詰まっていて、前走からは中1週という厳しいローテ。

新馬戦は12月のはじめだったが、そこから今までに休みなく9走もしている。

そういった兼ね合いから今回は1本しか追い切りを行っておらず、その点が気になるところだが内容的には前走の状態を維持できているように見えたので印を打つことにした。

逃げ先行有利のコース形態で、この馬は逃げ先行で結果を残してきている。

加えて1枠1番という絶好の枠を引けた。

さらにさらに、血統を見ると母父がこのレースと相性の良いタイキシャトルで、父がロードカナロアなのでストームキャットも入っている。

脚質・枠順・血統、これらは非常に魅力的に映る。

鞍上も関西騎手でベテランの和田さんに乗り替わるのでプラスに働くであろう。

京都コースとの相性も良い。(1-1-0-1)

 

買い方

◎ディープダイバー

ジャカランダシティ

▲ディアンドル

☆ケイアイサクソニー

 

馬単

◎→〇▲☆

計3点

 

予想を終えて・・・

適性面ならディアンドル、追い切り面ならジャカランダシティ、血統面ならケイアイサクソニーです。

ただ総合評価で見るとディープダイバーが本命になりました。

終わってみれば牡馬ばかりで、牝馬は抑え程度に入れたディアンドルのみとなりました。

ディープダイバーは鞍上藤岡弟のスタートからの位置取りに大きくかかっているわけですが、藤岡弟の戦績を調べてみると1200m、そして京都は結構成績良いのでコースと手が合っているのかもしれません。

前走のイメージではなく、福永さんが勝った前々走のイメージで乗ってほしい!

 

以上、第2回葵ステークス(G)最終予想でした。

読んでくてありがとう!