club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【データ】AJCC(2019)出走馬適正分析~ウーノとエールの圧倒的2強~競馬予想blog

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

 

今週の予想は3重賞で本命が3着、6着、4着と奮わず。。。

1番自身のあった京成杯の本命シークレットランもスタートを決めて理想的な展開だったのですが、3角からのスピードアップの追走にクロスして4角手前ではムチを入れてましたからね。

じわじわ伸びてはいたものの差し切るまでには至らずでした。

敗因らしい敗因はありませんが道中の追走に苦労しいていた印象なので、後方で脚を溜める競馬の方が良いのかもしれません。

 

さて、今回は菊花賞馬登場の第60回アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)の出走馬適正分析です。 

 

AJCC適正分析

ここではAJCCに特別登録している馬の中で、過去のレース分析から中山2200mに適性の高い馬を抽出し好走期待馬として紹介します。 

ここでは馬の力を最大限に引き出せる舞台設定かに重点を置いて数値化しています。

最上位の馬を100として2位以下の好走期待馬を比較していただければと思います。

 

ジェネラーレウーノ

【2200m(1-0-0-0)右回り(3-0-2-1)中山(3-0-1-0)】

言わずもがな中山巧者の馬です。

重賞2勝は京成杯セントライト記念で、中山で唯一の3着も皐月賞ですから中山実績を考えるとこの馬が最上位かと思います。

前走菊花賞はスローの瞬発力勝負に自ら持って行ってしまい9着、この馬はパワーとスタミナの馬ですから展開が向きませんでした。

鞍上の田辺君も京都では味が出せません。

田辺君も中山巧者なので、人馬ともに今回の舞台は間違いなく合います。

田辺君による京都での逃げと中山での逃げでは大きな差があり、前走からの巻き返しという点ではこの馬が1番期待できます。

京成杯勝ちがあるようにこの時期の中山でも結果を出していますし、自分でレースを作れますので面白味はないですがここは勝ち負けでしょう。

好走期待値:100

 

フィエールマン

【2200m(0-0-0-0)右回り(2-1-0-0)中山(1-0-0-0)】

前走菊花賞はローテといい実績といい関東所属で関西発遠征と正直不安要素満載でしたが、鞍上ルメールが覚醒していた時期と重なったということはありますが、この馬の相当なポテンシャルを逆説的に証明した形となりました。

もともとポテンシャルを秘めてはいましたが、菊花賞以前はスタートが上手くなく後方からの競馬をしていました。

前々走のラジオNIKKEI賞(1人気2着)の敗因はスタートで出遅れ道中は後方に位置し、4角の時点では最後方と絶望的な位置にいたことによります。

逆に前走菊花賞ではそのスタートが上手く決まり道中で中段よりも前で競馬で来ていたことが勝因だと思います。

今回も休み明けですのでスタートはカギとなりますが、しまいの瞬発力は他を圧倒しています。

出走頭数が最大で11頭ということも出遅れる可能性を考えるとプラスでしょう。

この頭数なら後方からでもそこまで不利にはならないと思いますし、距離も瞬発力型のディープインパクト産駒ですので中距離の方が適正が高いと思いますので3000mより2200mの方が適正が高いでしょう。

鞍上も先週京成杯を勝利したルメール関東馬で関東でのレースと前走以上に能力を出せる環境にあると思います。

好走期待値:100

 

サクラアンプルール

【2200m(0-0-0-0)右回り(4-2-2-8)中山(3-1-2-3)】

こちらも中山巧者です。

前走有馬記念では不利な大外枠から上がり3位の35.6の脚を使って勝ち馬に0.7秒差の7着と善戦しています。

この馬の好走パターンは中距離で洋芝や中山のような時計のかかる馬場の時なので、今回の舞台は合っています。

長くいい脚を使えずいい脚を一瞬しか使えないので乗り難しい馬ですが、鞍上は札幌記念で重賞をもたらした蛯名さんですので癖はわかっているでしょうから、田辺君の方が理想的ですが悪くはない乗り替わりです。

好走期待値:85 

 

ダンビュライト

【2200m(1-0-1-1)右回り(2-0-4-6)中山(1-0-3-0)】

昨年の勝ち馬でこの馬も中山が得意な馬です。

皐月賞では3着、昨秋のオールカマーでも3着と中山に高い適性があります。

前走チャレンジCはスタートで出遅れてしまいこの馬の武器である先行力を活かした競馬ができなかったので4着と敗因は明確です。

それでも先行できていれば2着まではあったかなという印象で、1着のエアウィンザーには勝てなかったと思いますが。

コーナリングが上手く器用な馬ですが、爆発力がなく決めてのある馬がいると厳しく思いますが善戦は可能だと思います。

課題は前走同様スタート、そして57kgですので斤量も昨年より2kg重くなります。

そして最大の懸念点が鞍上の北村友一で、今年は調子が良いですが関西限定で、関東のしかもトリッキーな中山でうまく乗れるのかは非常に怪しいです。

好走期待値:80

 

AJCC適正まとめ

過去のレースから分析した好走期待馬はこちら。

ジェネラーレウーノ(好走期待値:100)

強調材料:中山適正、鞍上田辺、前走からの上積み

フィエールマン(好走期待値:100)

強調材料:瞬発力、鞍上ルメール、前走からの上積み

サクラアンプルール(好走期待値:85)

強調材料:中山適正、一瞬のキレ

ダンビュライト(好走期待値:80)

強調材料:中山適正、コーナリング

 

最終追い切り・最終予想も併せてぜひっ!

【調教】AJCC(2019)最終追い切り分析~現状はジェネラーレ~競馬予想 - club keiba

【予想】AJCC(2019)最終予想~フィエールの大物感~競馬予想blog - club keiba

明日火曜日には東海Sのデータ分析を、水曜日にはAJCCの最終追い切りブログにしますのでお楽しみに!!

 

以上、第60回アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)データ・出走馬適正分析でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければぜひっ。