club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【データ】愛知杯(2019)出走馬適正分析~レッドジェノヴァメッチャ合いそう~競馬予想blog

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

 

今週の重賞成績は、

AJCC→本命2着、対抗4着、3連単1,2着固定だったので全くダメ

東海S→荒れると予想して本命(2着)から手広く伸ばしたものの堅く決まり、的中したもののトリガミ

 

東海Sは穴目も狙って本命含めて6頭予想に入れたのですが、7着以内に全頭来ていたので絞り込み方は間違っていなかったのですが、インティの力を見くびっていましたね(笑)

 

さて今回は荒れる牝馬ハンデ重賞第56回愛知杯(GⅢ)出走馬適正分析です。 

 

愛知杯適正分析

ここでは愛知杯に特別登録している馬の中で、過去のレース分析から中京2000mに適性の高い馬を抽出し好走期待馬として紹介します。 

ここでは馬の力を最大限に引き出せる舞台設定かに重点を置いて期待値化しています。

期待値の大きい馬から順に紹介します。

 

レッドジェノヴァ

【2000m(3-2-1-2)左回り(0-1-1-1)中京(0-0-0-0)】

まず、愛知杯は中京の2000m戦ですが、馬場状況や例年のレース展開を考えると非常にタフなコースでスタミナを要する展開になりやすいです。

したがって2000~2400mくらいのスタミナ適正とパワーのある馬が活躍しています。

先週の4歳以上500万下の2000m戦を見ても、上位に来ている馬はスタミナ+パワー型の馬でしたので、今週も同じような傾向になるかと思います。

 

その点を踏まえると、レッドジェノヴァはこのレースに合っていると思います。

昨年は安定した成績を収めていて、夏には500万、1000万下を札幌で連勝しているようにパワーのいる馬場は得意です。

前々走京都大賞典も例年に比べてかなり時計のかかる馬場になっていた京都コースでしたので、そこでサトノダイヤモンドの2着、シュヴァルグランアルバートといった歴戦のステイヤーにも先着しています。

前走エリザベス女王杯でも堅実に4着に入っていますので、単純に地力が強化されている印象です。

2000-2400mに高い距離適性を持ち、上がりの速いレースよりもスタミナ勝負で勝ち上がってきた馬ですので、中京コースは初めてですが愛知杯との相性はバッチリだと思います。

好走期待値:95

 

コルコバード

【2000m(0-0-0-0)左回り(4-3-1-0)中京(0-0-0-0)】

2000m戦の経験はありませんが、2200m以上では(4-4-0-2)と非常にステイヤー気質の強い馬です。

中京コースの経験はないものの左回りでは馬券を外したことのない安定感を持っています。

スタミナ面とパワー面は実績を見れば問題ないことが分かりますが、気になるのは距離短縮の2000m戦で道中追走できるか。

個人的にはハイペースにならなければ問題ないと思っています。

前走のGⅠエリザベス女王杯を見る限りでは前半1000m通過が61.2の中を道中8番手で追走できていますし、愛知杯では前半60-61秒くらいで流れますので似たような展開を経験できたということになります。

前走は初めての重賞でGⅠという難しいレースだったものの、8着と善戦できているように精神的な強さも示していて、その経験は上積みとなります。

鞍上は丸山君ですが、個人的に今年は重賞でよく見る騎手な気がしますので飛躍の年になるかもしれません。

ちなみに丸山君は前々走でこの馬を2着に持ってきています。

好走期待値:85

 

レイズアベール

【2000m(2-1-1-0)左回り(1-0-1-2)中京(1-0-1-1)】

2000m、中京コースに高い適性を示していますが、特筆すべきは前走です。

1000万条件の蛍池特別という阪神の2000m戦(朝日杯FSと同日)で勝利しているのですが、展開としてはよどみない流れの中道中7番手(全9頭)の後方に位置し、上がりは最速の脚を使って3F35.0で勝利しています。

上がりが最速で35.0という遅いタイムだったことを個人的には評価していて、レベルが低かったのではなく時計のかかる馬場での勝利だと判断しています。

しかも上がり2位は35.9ですので約1秒も差をつけていますので、今の中京の馬場とは非常に相性が良さそうです。

コーナーワークが上手いようには見えませんし、追えば追うほど伸びるタイプの馬なので直線は長いほうが良さそうで、前走よりもコース的にも向いていると思います。

この馬もレイホーロマンス同様馬体重が軽い馬ですので、1000万したを勝利したばかりなので軽いハンデ斤量がプラスに働くでしょう。

好走期待値:80

 

レイホーロマンス

【2000m(1-1-0-8)左回り(1-1-0-4)中京(1-1-0-4)】

昨年の2着馬時計のかかる馬場に高い適性を持った馬です。

2200mが(1-1-0-1)のように2000mよりももう少し長い距離を得意としていますのでタフな中京馬場を考えると少し距離適性が長いほうが良いと思います。

エンジンのかかりが遅い馬ですのでスローの瞬発力勝負では置いて行かれてしまうのですが、愛知杯のようなある程度展開が流れて時計のかかるレースでは力を発揮します。

前走中日新聞杯(8人気4着)では勝ち馬とのタイム差こそ0.8秒ですが、3着のストロングタイタンとは0.1秒差、先週のAJCCで3着に入ったメートルダールには先着できています。

前走はハイペースのスタミナ勝負になったことが好走につながったと思いますので、今回の愛知杯でも同じような能力が求められると思いますので引き続き好走が期待できます。

馬体重が前走で424kgですので斤量のハンデが大きく影響しそうです。

好走期待値:80

 

愛知杯適正まとめ

過去のレースから分析した好走期待馬はこちら。

レッドジェノヴァ(好走期待値:95)

強調材料:馬場適正、前走からの調子

コルコバード(好走期待値:85)

強調材料:馬場・左回り適正、前走からの調子

レイズアベール(好走期待値:80)

強調材料:コース・馬場適正、直線長いほうが良い、ハンデ斤量

レイホーロマンス(好走期待値:80)

強調材料:馬場適正、昨年2着、ハンデ斤量

 

最終追い切り分析・最終予想も併せてぜひっ!

【調教】愛知杯(2019)最終追い切り分析~ランドネやっぱ4歳~競馬予想 - club keiba

【予想】愛知杯(2019)最終予想~レイズアベール昨年のテンドンを~競馬予想blog - club keiba

明日月曜日には根岸Sの、火曜日にはシルクロードSのデータ分析をブログにしますのでお楽しみに!!

 

以上、第56回愛知杯(GⅢ)データ・出走馬適正分析でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければぜひっ。