競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

アロハリリーは重賞馬へ千載一遇のチャンス~第57回愛知杯(2020)予想~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は第57回愛知杯(GⅢ)の予想です。
予想のポイントは以下。
馬場(Aコース):開幕週なので馬場は良好、小倉は雨も降らなそう、小回りコースなので内枠先行有利
小倉2000m:スタートから1角までは約500mとゆったりしている、1角手前から2角途中までに3mの上り坂、そこから下って直線は平坦293m
重視:位置取り、枠、コーナリング適性
血統:今年は変則開催なのでざっくりパワー血統程度
ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

愛知杯予想

今年は変則開催で愛知杯小倉競馬場で行われる。
京都の改修工事だったかな、たしか。
なので例年の適性は通用せず。
重視するのは小倉の適性。
起伏があって小回りコースというトリッキーなコースなので得意不得意が出やすい。
また開幕週なので必然的に内ラチ沿いを走れる馬が距離ロスがなく有利。
小倉適性と内枠先行馬から狙っていく。

 

◎アロハリリー

2.3走前に小倉で連勝をしている小倉マイスター。
道中2,3番手からの好位差しと小倉にある脚質も持っている。
枠は7番枠、馬の並びを見れば取りたい位置を取れる枠に入った。
アロハリリーよりも内枠で先行力があるのが1番サヴォワールエメ、4番モルフェオルフェの2頭のみ。
両隣りは差し馬のアルメリアブルームに先行馬だがスタートはいまいちのパッシングスルー。
この並びなら比較的楽に先行できる。
しかも小倉2000m戦は1角までの距離があるので、その分ごちゃつくこともない。
小倉開幕週の恩恵をがっつりと受けられ、しかも小倉適性が高い。
重賞実績はないが、2走前の小倉日経OPは牝馬限定GⅢと同等の能力が必要なメンバー。
小倉記念0.4秒差6着のアウトライアーズやリステッド競走で連続2着のトリコロールブルーらを相手に勝っている。
牝馬限定戦のGⅢ、かつ小倉なら勝ち負けできる。


前走福島記念は大敗の15着。
牡馬相手ということと、この時の福島はとにかく外差し競馬だったのでこの馬の脚質と合っていなかったことが敗因として挙げられる。
血統的にもハーツクライ産駒で母父はキンカメなのでパワーも十分。
得意舞台で戴冠を。

 

〇フェアリーポルカ

枠が外枠の14番だが、紫苑S2着でのちにJCで2着になるカレンブーケドールに先着している点は高く評価できる。
スタートの上手さがあるので無理なく先行して好位を取れる。
直線の反応も良く操縦性の高い馬。
小倉コースは初めてだが、脚質も相まって適性は高いだろう。
直線の短いコースなので3~4角にかけてスピードアップをしなければならないが、紫苑Sを見る限りは操縦性が高いので問題ない。
斤量も53kgと手ごろでパッシングスルーの54kgと比べると能力差が拮抗しているのでこちらを取りたくなる。
スタートから1角にかけてどの位置を取れるかがポイントとなるが、外枠の良い面として包まれることはないので、しっかりと先行力があれば好位は取れる。


戦績にムラがあり外枠という点が割引要素だが、能力・適性的には十分勝ち馬候補。

 

▲リリックドラマ

おそらく逃げるのはこの馬。
となれば開幕週の内ラチを走れる優位性が出る。
53kgと軽ハンデで逃げ馬なので行った行ったに期待。
重賞では結果が出ていないが、前走福島記念ではアロハリリーに先着しているし、差し有利の展開で勝ち馬に0.9秒差の11着なら牝馬限定戦のGⅢなら逃げ残れるのではないかと思う。
とにもかくにも逃げないと話にならないが、逃げたら面白い。
ハンデ重賞ならではのチョイスとなる。

 

△3頭一気に

△1デンコウアンジュ
追込馬なので展開に左右されてしまう上に開幕週なので大外分回しは圧倒的に不利。
それでも小回りコースの福島牝馬Sで上がり33.8で差し切る能力はここでは随一。
今回は頭数が16頭と多いので捌くのも難しいが、後方で来る可能性があるのは能力的にこの馬くらいしか思い浮かばない。
前走ターコイズSも逃げ先行有利の展開で勝ち馬に0.6秒、2着馬に0.3秒差まで詰め寄れている。
前が崩れればこの馬。

 

△2ランドネ
リリックドラマが逃げれないとすればこの馬に逃げられた場合。
逃げれば結果を残しており、前走中日新聞杯では逃げて6着と復調の兆しを見せている。
昨年3着の実績もあり、この時期は走る。

 

△3サラキア
大外枠は大きく割引だが、逃げても先行しても結果を残せる自在性は魅力。
3歳時に小倉1700mで圧倒的なパフォーマンスを見せて勝利しており、小倉適性は高い。
近走では先行力が付いたので今回も先行するだろうが、この馬の能力があれば大外の割引も覆せるかもしれない。

 

買い方

◎アロハリリー
〇フェアリーポルカ
▲リリックドラマ
△1デンコウアンジュ
△2 ランドネ
△3サラキア

 

馬連】◎-〇▲△1△2△3
計 5点

 

以上、第57回愛知杯(GⅢ)最終予想でした。
ご覧頂きありがとうございました。