club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】アフター5スター賞(2019)~3連覇で乾杯~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

Twitterでは日々競馬(地方、中央、海外問わず)に関する情報を呟いていますので、是非フォロミーして下さい!笑

 

今回は第26回アフター5スター賞(SⅢ)の予想です。 

予想したポイントは以下の通り。

①馬場状態

②コース適性

③血統ではキングヘイロー、ヌレイエフ系、ダンジグ系持ち

ここらへんも踏まえて予想していきます。

 

アフター5スター賞予想

キタサンブラック

大井1200mは大の得意で、これまで(5-1-0-1)。

その中にはコパノキッキングを下した東京スプリント競走(GⅢ)、東京盃(GⅡ)連覇も含んでいます。

単純に能力が抜けていて、かつ適性の高い舞台となるとまさに鬼に金棒。

前走プラチナCは前を捉えきれずの2着でしたが、展開に敵に前有利でこの馬には不向きでした。

鞍上は変わらずの森さんで心強く、血統もキングヘイロー産駒で相性の良い血を持っています。

史上初の3連覇も目前です。

 

〇キャンドルグラス

前々走フジノウェーブ記念競走ではSⅡの格ながら2着と好走、重賞でも勝ち負けできる能力を示しています。

前走東京スプリント競走ではさすがに中央勢の壁に敗れていますが、連戦続きで疲労があったとも取れます。

今回4か月の休み明けで充電済み。

昨年も同じように4か月の休み明けで臨み3着と好走しているように、この馬は休み明けは苦にしません。

今の大井の馬場は差しが届きやすい馬場なので、脚質的にも〇。

血統面でもサウスヴィグラス産駒で、この産駒は直近3年で2回馬券に絡んでいます。

昨年よりも重賞で連対するなどパワーアップしていることを実績で証明しているので、昨年の3着以上の結果が期待できます。

 

ただ1200mよりも1400mの方が得意な非根幹距離馬だと思うので、1200m重賞で勝ちきるほどの力はないのかなと思います。

 

アピア

昨年2着、一昨年3着とレースとの相性の良い馬。

適性距離は1000m戦で、1200m戦はやれなくはないといった印象です。

大井との相性も(13-2-1-2)と良いです。

前走は得意の1000m戦習志野きらっとスプリントでしたが、そこでは逃げることができずインを勝ち馬に取られたことによって主導権を握られ敗れています。

前走は休み明けでかつ逃げれなかったことを考えると、自分の展開に持ち込めればチャンスはあると思います。

 

△3頭一気に

△1レベルスリー

前哨戦のアフター5スター賞トライアルを10人気の人気薄ながら圧勝していて、本格化した雰囲気があります。

直線での末脚が魅力で、大井の直線の長いコースは合いますし、馬場も差し向きなので合っています。

父母父にダンジグを持っている血統なので〇。

馬名をPerfumeからとることで有名な馬主の山口さんも個人的に応援しています。

 

△2ヨンカー

アベレージヒッターで馬券圏内率の高い馬です。

後方からの差し馬なの前走習志野きらっとスプリントは展開が合っていませんでしたが、しっかりと3着に入っています。

血統的にも父がダンジグ系なので合うはず。

今の差しが届く大井の馬場なら。 

 

△3ナガタブラック

3歳馬でSⅡ優駿スプリントを勝った馬。

牡馬との戦いは初めてなので力関係が未知ではありますが、55kgという斤量と内枠の魅力で抑え程度に入れておきます。

 

買い方

◎キタサンミカヅキ

〇キャンドルグラス

アピア

△1レベルスリー

△2ヨンカー

△3ナガタブラック

 

馬単

◎→〇▲△1△2△3

計5点

 

予想を終えて・・・

キタサンミカヅキの3連覇のかかったレースとなりますが、まだ衰えをみせていないですし実績も申し分ないので、ここは堅いかなと思い本命にしています。

鞍上が森さんという点で信頼が置けます。

Perfumeファンなので、個人的にはレベルスリーを応援したいのですが、前走の解消だけの馬なので、印は打ちましたが本命までは・・・という感じです。 

 

以上、第26回アフター5スター賞(SⅢ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。