club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【調教】NZT(2019)最終追い切り分析~メイショウショウブ!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

NCKマイルCの前哨戦ですが、ほとんど直結しない悲しい前哨戦のNZT。

その理由としてはコース適正が大きく異なることだと思われます。

つまりここでは中山適正の高い馬を狙い撃ちするのが吉となるわけですが、今回は最終追い切りのブログなので好調馬を狙い撃ちします。

今回はアガラス、メイショウショウブといった人気どころがこぞって仕上がっている印象でした。

 

そんな第37回ウオッカ追悼競走 ニュージーランドトロフィー(GⅡ)の最終追い切り分析です。  

 

NZT最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

 

メイショウショウブ

未勝利戦最終:栗東/坂路/良/4F53.7-13.0【単走一杯】

NZT最終:栗東/坂路/良/4F52.3-11.7【単走一杯】

 

調教パターンが同じの未勝利戦(1着)との比較。

未勝利戦以降は最終追い切り場所をCWとしてきたが今回は坂路調教。

基本的に調教パターンの変更はネガティブにとらえてしまうのだが、今回はタイムが非常に優秀。

というか坂路の自己ベストを更新している。

3歳の伸び盛りの時期なので未勝利戦とは比較すべきではないが、今回は全体時計で1.4秒、ラスト1Fも1.3秒も速い。

ここ数戦では結果が出ていないが、かつてはデイリー杯2歳Sでアドマイヤマーズの2着があるように実績はある馬。

状態面が上向いている今回は久々の好走が期待できるかもしれない。

仕上がり:95%

 

ヴィッテルスバッハ

500万下最終:美浦/南W/良/5F67.6-13.2【3頭併せ一杯】

NZT最終:美浦/南W/良/5F67.0-12.9【2頭併せ馬なり

 

前走勝利した東京マイル戦の500万下最終追い切りとの比較。

追い切りメニューは同じだが前走は一杯追いで今回は馬なりという点を踏まえると、今回のタイムがいかに優秀かがわかる。

今回は馬なりながら一杯追いだった前走よりも全体時計では0.6秒速く、ラスト1Fも0.4秒速い。 

併せ馬を突き放すことはできていないが、追走して最後は併走してフィニッシュしているのでスタート時の差(1秒差で追走)を考えると悪くはない。

直線でエンジンのかかるの遅さを感じる遅れがあったのは気になるところではあるが、動き自体は力強い走りで、タイム面で成長による伸びしろも感じる。

仕上がり:90%

 

アガラス

東スポ杯2歳S最終:美浦/南W/良/5F68.6-12.9【3頭併せ馬なり

NZT最終:美浦/南W/良/5F67.0-12.8【2頭併せ馬なり

 

勝ち馬に差の2着に好走した東スポ杯2歳S最終追い切りとの比較。

併せ馬の数の違いはあれど他は同じメニューなので比較はしやすい。

全体時計では今回の方が1.6秒速く、ラスト1Fも0.1秒速い。

この馬は瞬発力型の馬なのでラスト1Fが重要となるが、好走した東スポ杯2歳Sよりも0.1秒でも速いのは状態の良い証だろう。

逆にきさらぎ賞(7着)ではラスト1F13.0だった。

追った時の反応と併せ馬の突き放し方的に動き自体は東スポ杯2歳S時の方が良く見えるが(というか東スポ杯が良すぎただけで今回も良い)、 タイム面では今回の方が良かったので仕上がりは上々だろう。

仕上がり:85%

 

グラナタス

500万下最終:美浦/南W/良/4F53.3-13.5【3頭併せ馬なり

NZT最終:美浦/南W/良/4F53.1-12.8【2頭併せ馬なり

 

前走勝利した阪神1400m戦(500万下)最終追い切り時との比較。

ともに馬なりで併せ馬の数は違えど同じメニュー。

全体時計は今回の方が0.2秒速く、ラスト1Fは0.7秒速い。

前走の最終追い切りは最後に少し垂れてしまった印象だが、今回は最後までしっかりと追えている。

併せ馬にも持ったまま突き放していて楽に先着できているので、前走以上の出来にはなっているはず。

ヴィッテルスバッハ同様重賞出走は初めてだがいきなりも期待できる仕上がり。

仕上がり:80%

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

メイショウショウブ   :95%

ヴィッテルスバッハ   :90%

アガラス                     :85% 

グラナタス                 :80%

 

データ分析・最終予想も併せてぜひっ!

【データ】NZT(2019)出走馬適性分析~ヴィッテルスバッハ!~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】NZT(2019)~ヴィッテルスバッハ!~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第37回ウオッカ追悼競走 ニュージーランドトロフィー(GⅡ) 最終追い切り分析でした。

読んでくれてありがとう!