【白銀争覇2020】エイシンエンジョイProfiling~スピード&コントロール~

f:id:shumpei116:20210106202819j:plain

初めましての方も、初めましてじゃない方も!
こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。


笠松1400mで行われる中日スポーツ杯 第26回白銀争覇(SPⅢ)。
今回注目したのは園田所属馬エイシンエンジョイ!!
園田馬ながら笠松適性の高い本馬ですが、その個性とは。
今回はスピード&コントロールエイシンエンジョイ”のプロファイリングをしていきます!!

 

エイシンエンジョイProfiling

ここからは近走の内容から、本馬の個性について探っていきます。

 

笠松グランプリ(SPⅠ)2020/12/3

笠松1400m=1着
前半3F35.7-後半3F37.8=1:26.0(2着馬1:26.0)
良馬場時のOP戦連対平均:1:26.3
トラックバイアス:-0.5


勝ちタイムの1:26.0は水準以上だが、トラックバイアス調整を入れると1:26.5で連対平均以下となる。
タイム的には水準以下。
位置取り的には前目有利。
勝ち馬の本馬は逃げ、2着馬は道中4番手、3着馬は3番手と前目で決まっている。
ラップは前傾だが、1400mという短距離戦ゆえに先行有利となったのだろう。


本馬は珍しく出ムチなしでハナを奪取。
2番手がスプリンター気質ではないニュータウンガールだったというのも良かった。
というのも、1角~向正面半ばまでの間、ニュータウンガールに競り掛けられることがなかったので、かなり楽に進められていた。
ただ、3角手前でウインオスカーにインからかわされ、3~4角ではニュータウンガールに外からかわされ、挟まれた状態で直線に向くというかなり苦しい後半だったが、それでも直線で差し返して勝利をもぎ取っている。
前半である程度脚を溜められたので後半で盛り返すことができたが、おそらくはレースプランとは大きく異なる勝利だったと思われる。
逃げ馬は本来一度かわされると盛り返すことが難しいので、競り掛けられたら無理をしてでもハナを譲らない。
この時はウインオスカーの勢いが勝っていたので、いくら本馬が反応しても対応しきれていなかった。
ニュータウンガールにかわされた時も然り。
なので、直線は差し返したというよりは、ウインとニューの2頭の脚が上がった(自滅)といったほうが表現として正しいだろう。

 

園田チャレンジカップ(重賞Ⅱ)2020/9/11

園田1400m=4着
前半4F49.2-後半3F38.9=1:28.1(本馬1:28.6)
良馬場時のOP戦連対平均:1:29.2
トラックバイアス:-0.2


稍重馬場だったが時計はそこまで速くはない。
勝ちタイムの1:28.1は連対平均よりも1.1秒も速く、バイアス調整を入れても-0.9秒優秀なタイム。
位置取り的には差し有利だった。
逃げ馬の本馬に加え、1230mの逃げ馬でもある生粋のスプリンター:ナチュラリーがいたことによりハイペースとなった。
勝ち馬は道中5番手、2着馬は3番手、3着馬は7番手と、着順からも差しが有利だったことが分かる。


本馬はスタートから出ムチを入れられてハナを切る。
ただ、道中で1230mと1400mよりも短い距離が主戦場の同脚質ナチュラリーにマークされていたことにより、終始息の入らない苦しい展開となった。
直線では2頭とも崩れた形で、本馬は4着、ナチュラリーは5着に敗れている。
逃げ馬対決ではナチュラリーにかわされることはなかったので、4着ながらある程度の示しは付いた。

 

総評と白銀争覇の予想見解

テンのスピードでハナを奪い、道中でペースを落とす逃げ馬。
敗れた園田チャレンジカップ(4着)や大外枠で勢いよく逃げたことで大逃げとなった飛山濃水杯(3着)では前半で脚を使いすぎている。
行った行ったの競馬よりもペースをコントロールして勝つ逃げ馬といえる。
逃げ馬ゆえに2番手でマークしてくる馬によって結果は左右されやすい。
好走の是非は2番手になりうる馬がどういう馬かで判断すると良いだろう。


園田所属馬だが笠松実績が高いのも特徴。
通算(3-0-1-1)と着外は1度のみ。
園田と笠松は馬場に大きな違いがあり、前者は重い馬場で後者は軽い馬場、時計の出方が全く違う。
参考までに、それぞれの1400m同クラス(Cクラス)の連対平均を見ると、園田が1:33.9、笠松が1:30.2。
園田と笠松では馬のレベルが園田>笠松なので、このタイム差は数字以上に大きい。
そんな中で本馬は笠松で上記の成績を誇る。
2020/10/9の兵庫ゴールドカップの勝利も時計の速い不良馬場だった。
本馬は軽い馬場向きだろう。


以上を踏まえて白銀争覇を考える。
今年は本馬の他に強力な逃げ馬がいない。
直近2戦で逃げの経験がある馬は本馬を除くと1アルタイル、3グリグリグリタロウ、5エネルムサシの3頭。
1はマイル以上が主戦場、3はまだAクラスでのレース経験がない、5も前走A3クラスと重賞級ではないように、本馬と比較すると能力差が大きい。
したがって、非常に楽に逃げられる。
となると前走のような好走が想定できるだろう。
枠も内枠で逃げやすく距離ロスなく立ち回れ、馬場も得意の笠松
ここは勝たなくてはならないレース。 

 

Follow me!!

note.com

twitter.com

以上、スピード&コントロールエイシンエンジョイ”Profilingでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次の記事でまたお会いましょう✋
では!!