【ローレル賞組から】東京2歳優駿牝馬2020予想見解

 

初めましての方も、初めましてじゃない方も!
こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

今回は大井1600m(内)で行われる第44回東京2歳優駿牝馬(SⅠ)の予想見解です。
強力門別組、前哨戦のローレル賞組、別路線組と面白いメンバーが揃いました。

f:id:shumpei116:20201230141732j:plain


ただ、今年はローレル賞組が強いと思っています。
 

東京2歳優駿牝馬予想見解

大井競馬場(内回り)

・1周1400m
・直線300m(正面、向正面)、コーナー約400m×2(1~2角、3~4角)
・最後の直線は286m(短い)
・南関では浦和に次いで時計が速い

【1600m】
・内回りコース
・スタートはゴール前
・最初のコーナー(1角)までは270mと短い
→逃げ~好位有利

逃げ=1番手、好位=逃げ馬のすぐ後ろの2~3番手
先行=4~6番手、差し=先行以降~中段まで、追込=中段以降

 

1ギルランディーナ(追込)

スタートからの行きっぷりがなく、毎回最後方からの競馬になる。
道中の追走にも苦労しており、鞍上が促し続けることで何とか追走といった形。
2走前の2歳特選ではペースが流れて差し・追込向きの展開になったことできれいに差しが決まっている。


SⅠ重賞の今回では、道中のペースがこれまで以上に速くなると思われ、追走に苦労してしまう。
井内回りコースで3~4角もごちゃ付きやすいので、後方一気では難しく思う。

 

13ディアリッキー(差し)

前走は重賞ローレル賞で4着。
これまで好位からの競馬だったが、先行力の差で道中は中段の7番手からの競馬となる。
1角までに鞍上が何度か促すも行き脚は付かずだったので、今回も同じような位置取りになるかと思われる。
向正面で前にいた勝ち馬ケラススヴィアが先に動き出すと、少し遅れた3角手前で本馬もスパートをかける。
4角出口では1馬身後方まで差を詰めるも、直線ではその差を開き返されて4着に敗れている。
上がりの脚も本馬が40.3、ケラススヴィアが40.0なので完敗である。


今回は大井の1600mに替わるが、それによる恩恵はむしろケラススヴィアの方が受けられそうなので、この2頭の逆転は考えづらい。

 

4ソロユニット

この馬に関してはこちらをご参照ください。

note.com

ひとことでいうと、超ピッチ走法なので距離延長が不安です。

16セカイノホシ(逃げ)

前走のローレル賞2着は相当優秀。
前後半3Fが36.5-40.2というハイペースで2着に残っている。
しかも、向正面では1人気のナジャに外から被されるのを防ぐためにペースアップをしており、息の入れる隙がなかった。
逃げ馬としては相当苦しい展開だった。

門別時代には1000m戦で逃げているように、テンのスピードに関しては1級品。
今回は大井内回りの1600m戦で、この舞台は先行有利。
直線が短いこともさることながら、スタートから最初のコーナーである1角までの距離も短いのでペースを落としやすい。
前走の川崎1600mはスタートから1角まで500mもあるのでペースが落としづらいコースだった。
今回は200mちょっとしかない。
テンのスピードがある馬なので、短い距離でハナを奪うことができる本馬は大井1600mとの相性が良いだろう。
前走のようにスタミナ勝負に持ち込めば、前走以上の走りができるはず。

 

7ケラススヴィア(好位)

まずはローレル賞の内容を振り返る。


ローレル賞(SⅡ)2020/11/10
川崎1600m=1着
前半3F36.5-後半3F40.2=1:42.9(2:04.0)
トラックバイアス:0.8


この日は馬場が乾いていて時計のかかる状態だった。
勝ちタイムの1:42.9は古馬のB1クラス並みの好タイム。
さらにバイアス調整をすると1:42.1となりA2クラス並みになる。
因みに、先日行われた全日本2歳優駿をトラックバイアス調整後で換算すると、本馬は3着に相当する。
それだけ、ローレル賞の本馬のタイムは優秀なのである。


スタートを五分で決めると馬なりで好位4番手、内ラチ沿いをキープする。
向正面に入るとロングスパートをかけ、3角では逃げ馬を視野に入れる3番手にまで押し上げる。
4角出口では逃げ馬を捉えきり、直線では一気に差し切っての勝利。
ハイペースで先行不利な展開、ラップ別にみると2F目の次に速かった向正面の5F目(12.2)でスパートを仕掛けるという厳しい展開ながら、スタミナは最後まで切れずに勝ち切った内容は素晴らしい。


前々走でも超ハイペースを2番手から勝ちきっているように、本馬はハイペースのスタミナ勝負に強い。
スローの瞬発力勝負にならなければ大丈夫だろう。
今回はローレル賞の逃げ馬セカイノホシもいるので、スローになるとは考えづらい。
セカイノホシは門別時代に1000m戦で逃げていた馬なので、テンのスピードに関しては相当速い。

以上から、軸馬はケラススヴィアとする。

 

予想(12/30時点)

※最終予想はレース当日のTwitterにて!!
◎7ケラススヴィア

〇16セカイノホシ

【ワイド】◎〇(1点)

 

Follow me!!

note.com

twitter.com

以上、第44回東京2歳優駿牝馬(SⅠ)予想見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次の記事でまたお会いましょう✋
では!!