【園田ジュニアカップ2020】キングオブハーバーProfiling~スタミナに振り切った個性~

f:id:shumpei116:20201229171010j:plain

初めましての方も、初めましてじゃない方も!
こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。


園田1700mで行われる園田ジュニアカップ(重賞Ⅰ)。
中心的な馬のツムタイザンが初距離の今回、注目したのは前走同距離で強い勝ち方をしたキングオブハーバー。
距離延長に活路を見出した本馬の強さとは!?
今回はスタミナに振り切った個性”キングオブハーバー”のプロファイリングをしていきます!!

 

キングオブハーバーProfiling

ここからは近走の内容から、本馬の個性について探っていきます。
 

アッパートライリミテッド2020/12/3

園田1700m=1着
前半5.5F75.4-後半3F39.4=1:54.8(1:55.7)
トラックバイアス:+0.2


馬場は平均的でトラックバイアスは+0.2。
勝ちタイムの1:54.8は良馬場時の古馬C3~C2並みのタイム。
勝ち馬の本馬は道中2番手、2着馬は最後方、3着馬は6番手と、着順的には差し有利の展開。
2歳馬にとって1700mというのは単純に長く、ペース問わず長距離戦のように差し有利となりやすい。

本馬はスタートから押しだして好位2番手をキープ。
道中では逃げ馬をぴったりとマークすべく複数回にわたり鞍上が促している。
1~2角、向正面でも押し出しており、それでも最後の直線では後続をぶっちぎっているので、それだけスタミナに自信があるのだろう。
ゆったりとしたストライド走法で、それは長距離向きな走り方なので、距離が合っている印象。

 

2歳未勝利2020/11/12

園田1400m=2着
前半4F51.3-後半3F41.8=1:33.1(1:33.5)
トラックバイアス:-0.5

 

トラックバイアスが-0.5秒でありながら、勝ちタイムは1:33.1と遅い。
このタイムは古馬のC3クラス相当のタイムで、同世代では1:32秒台以下で走る馬がゴロゴロいる中では低レベルなレースといわざるを得ない。
実際にこの時の勝ち馬は以降で7着、9着と結果が出ていない。
展開面ではハイペース。
上がり3F41.8は相当遅く、それだけ前半で脚を使っていたということ。
勝ち馬は逃げ、2着の本馬は2番手、3着馬は7番手と前目で決まっているが、それは後続の馬もハイペースで苦しみ前半で脚を使わされてしまったので、直線で差す余力が残っていなかったのだろう。
超スタミナ勝負となった。

 

本馬はスタートから出ムチを入れて好位2番手をキープ。
1400mの短距離戦なので、先行争いで相当苦労していた。
向正面からの逃げ馬の仕掛けについて行けずに、4角~直線にかけて突き放されてしまうが、ゴール前ではその差を詰めてフィニッシュ。

 

一連のゴール前の動きを見ると1400mではスピードが足りていない印象を受ける。
スピードが足りていないので仕掛けどころで突き放されてしまっているが、ゴール前ではスタミナ面で盛り返している。
ただでさえハイペースのスタミナ勝負であるのに、最後の直線で一旦突き離された相手にもう一度喰らいつくスタミナが光った。

 

総評と園田ジュニアカップとの相性

ストライド走法で飛びが大きいので、距離は長いほうが向く。
走法的にテンのスピードはピッチ走法の馬よりも出づらいが、それを出ムチでカバーしている。
本馬はスタミナに関しては相当なものがあるので、長距離戦で出ムチを入れても大丈夫。
超スタミナ特化型の馬なので、とにかくスタミナ勝負に持ち込めれば好走ができるだろう。


園田ジュニアカップは1700m戦で行われる。
この舞台はスタートから最初のコーナーまでの距離が非常に短いので内枠が有利。
本馬の2番枠というのは、それだけで大きなアドバンテージとなる。
しかも先行馬なので、コーナーワークを利用して先行もしやすい。
極端なスローペースの瞬発力勝負になると分が悪くなるが、1700mという距離は2歳馬にとっては長いので、スタミナ面での優位性を出せる。
前走が平均ペースであれだけのパフォーマンスを出せたので、重賞でメンバーレベルが上がる今回は必然的にペースも上がりやすくなり、それは本馬にとっては好都合。


懸念点は馬場状態で、雨or雪予報で当日速い馬場になるのはマイナス。
できれば良馬場でやりたい。
ただ、仮に馬場が速くなったとしても、この距離ならばスタミナ面での優位性があるので期待はできる。 

 

Follow me!!

note.com

twitter.com

以上、スタミナに振り切った個性”キングオブハーバー”Profilingでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次の記事でまたお会いましょう✋
では!!