競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【女王降臨】ロジータ記念2020予想見解

 友だち追加

f:id:shumpei116:20201110064608j:image

初めましての方も、初めましてじゃない方も!
こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は14頭立ての4頭見解です。
それでは、デイリー盃 第31回ロジータ記念(SⅠ)の出走馬見解をしていきましょう!

 

ロジータ記念見解

【お品書き】
川崎競馬場の特徴
・2100mに求められる適性
---------------------------------------
・有力馬見解(4頭)
・予想(11/10時点)

展開や馬場状態は当日やってみないと分からない不確定要素ですが、コース形態・競馬場の砂の深さ・スタート位置は基本変わりません。
この変わらない条件から、求められる適性を探っていきます。
その上で、展開予想を含めて好走可能性の高い馬の見解を述べていきます。(※約字と長めなので、読みたい情報だけお読みください)

 

川崎競馬場

・1周1200m
・直線400m(正面、向正面)、コーナー200m×2(1~2角、3~4角)
→コーナーが短いのが特徴=角度がきつい
・最後の直線は300m


さらに、砂が深く時計がかかる競馬場でもある。
南関4場で最も砂が深い。
南関競馬をやる上では、各競馬場の砂の深さを知っておくと予想を組み立てやすいのでお勧めです。

 

【2100m】
・スタートから最初のコーナー(3角)までは400mと長い
・コースを1周半=コーナー6つ
→2000m以上に前半のペースは落ちづらい、内枠有利=内枠先行~差し馬有利

 

11アクアリーブル(先行)
・前走56kg


前走の敗因はこれに尽きる。
牝馬に限らず、3歳の秋の時点で56kg(牡馬の場合は58kg)で好走は難しい。
羽田盃2着馬プラブールも黒潮盃で58kgを背負い敗れている。
本馬の前走は、それに休み明けも重なっていた。


今回は定量の54kg戦。
距離は100m延びるが関東オークス2着の実績があるので、距離に関しては問題ない。
同じ斤量ならば同世代の牝馬には負けないだろう。

 

5レッドカード(差し)
・スタミナ>瞬発力


門別所属馬。
門別3冠の緒戦北斗盃を制し、北海優駿を5着、王冠賞3着と牝馬ながら3冠で安定した戦績を残している。
3冠レースでも最も崩れたのが北海優駿
このレースだけ3冠レースの中で求められる適性が異なっていたので、本馬の得意不得意がわかる。
以下が3冠3レースの上がり4F-3Fの比較。
北斗盃(1着):56.0-42.9
北海優駿(5着):52.8-39.6
王冠賞(3着):54.2-40.6


このように、北海優駿が2000mと最も距離が長いにもかかわらず、上がりも速い。
つまりスローの瞬発力勝負となったのが北海優駿で、ほかの2レースはスタミナ勝負だった。
ここから、本馬はスタミナ勝負を得意とすることがわかる。
今回は川崎2100m戦。
スタートから最初のコーナーまでの距離も長いので、スタミナ勝負になりやすい舞台。
本馬との相性が良いことが予想できる。


川崎コースでは2歳冬~3歳春のホッカイドウ競馬がお休みの時期に2戦していて結果は残せていないが、距離が延びることでスタミナ勝負となるので変わり身が期待できる。
川崎競馬場門別競馬場は馬場の質も似ているので、馬場適性は問題ない。
地元の馬ではなく、圧倒的な能力差も感じないので軸にはできないが、抑えには必要な馬。

 

2ルイドフィーネ(先行)
南関牝馬クラシックで安定した成績を残しており、前走は牡馬に混ざって戸塚記念を4着に好走。
関東オークスでも地方勢で2番手になる4着と、この距離に強い。
ただ関東オークスの地方勢最先着馬がアクアリーブルで、この馬との逆転は考えづらい。
牝馬3冠では全て先着を許している。
よって抑えまでだろう。

 

8ヒキュウ(好位)
前走は11人気に低評価を覆しての勝利。
正直驚きだったが、本馬を肯定するならば川崎適性の高さが言えるだろう。
これまで川崎では6戦して(3-1-2-0)と馬券外が1回もない。
重賞経験がないので実績自体はないが、川崎適性の高さが前走の好走を呼んだ。
今回は定量の54kgで、前走アクアリーブルとあった3kgのハンデ差がなくなるので逆転はされるかなと思うが、本馬自体は前走から1kg増のみなので大きな変化はない。
前走の勝利はフロックと捉えず、適性面の優位性と捉えて抑えておく。

 

予想(11/10時点)

※最終予想はレース当日Twitterにて!!
◎11アクアリーブル
〇2ルイドフィーネ
▲5レッドカード
△8ヒキョウ

 

馬単】◎→〇▲△(3点)

 

Follow me!!

note.com

twitter.com

以上、デイリー盃 第31回ロジータ記念(SⅠ)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(明日は名古屋競馬東海菊花賞の見解です)