競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【地方vs中央真っ向勝負】JBC2歳優駿2020予想見解

 友だち追加

f:id:shumpei116:20201102042631j:image

初めましての方も、初めましてじゃない方も!
こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は14頭立ての6頭見解です。
それでは、農林水産大臣賞典 第1回JBC2歳優駿(サンダースノー賞)(JpnⅢ)の出走馬見解をしていきましょう!

 

JBC2歳優駿見解

【お品書き】
門別競馬場の特徴
・1800mに求められる適性
---------------------------------------
・有力馬見解(6頭)

展開や馬場状態は当日やってみないと分からない不確定要素ですが、コース形態・競馬場の砂の深さ・スタート位置は基本変わりません。
この変わらない条件から、求められる適性を探っていきます。
その上で、展開予想を含めて好走可能性の高い馬の見解を述べていきます。(※約2300字と長めなので、読みたい情報だけお読みください)

 

門別競馬場

・1周1600m(外回り)
・直線(400m×2)とコーナー(400m×2)というコース設計。
・全体的に広く、砂の深いコース(時計がかかる)

【1800m】
・外回りコース
・スタートはゴール前
・最初のコーナー(1角)までは270m
→前半のペースは落ちやすく、かつ中距離なので先行~中段有利

 

8ラッキードリーム(好位)
・先行力
・瞬発力
・当日の馬場状態


対抗評価はこの馬。
スタートセンスがあり、馬なりで好位を確保できる。
前走サッポロクラシックCでは道中3番手からインを突いての勝利。
最後の叩き合いを制することができたのは、2着トランセンデンスよりも前半で脚を使わなかったからだと思っている。
上がり3Fは最速タイの39.9。
上がり最速を好位から出せるのが本馬の凄み。
今回JRA勢は先行力のある馬が多いので、先頭集団にいないと勝負にならないと思っている。
先頭集団にいつつ、上がりで良い脚を使える馬が勝利に近いと思っているので、本馬を対抗にした。
対抗な理由は、本馬以上にその適性が高い馬がいるから。


また、当日の馬場状態がJRA勢に味方しそうだからでもある。
門別競馬場がある日高町の天気予報だが、月曜が雨、当日の火曜も晴れのち雨となっている。
門別競馬場は砂の深い競馬場で有名だが、雨が降ると一気に時計が速くなる。
4オタクインパクトの前走は重馬場の1800m戦だったが、1:54.8と古馬OP以上のタイムをマークしている。
この日行われた1200m戦でもクラス平均より2秒以上速くなっていた。
ちなみに、レイニーデイの前走は2歳の中京1800mレコードだったが、そのタイムは1:54.4とオタクインパクトの1:54.8と0.4秒しか違わない。
重馬場になると、門別勢の馬場適性の優位性が薄れてしまう。
当日の馬場状態は非常に重賞となるが、現状の天気予報では重馬場位になると想定している。
この点も、本馬を対抗にした理由。

 

【中央勢短評】

2プライムデイ
ワンターンよりもコーナー4つ向きに感じるので、コース替わりはプラス。
前々走の勝利は圧巻だったが、スローの瞬発力勝負といかにも中央競馬の内容。
前走流れた展開で敗れていたので、中央の上がり勝負向きで軽視。


5カズカポレイ
前走は前半速い流れで地方競馬のようだった。
前傾ラップの流れで勝てているので、今回も好走が期待できる。
ただ、逃げられないと厳しく、今回は内にプライムデイ、外には2走前にハナを奪われているレイニーデイがいる。
キレがないので、逃げられないと厳しく思う。


6ルーチェドーロ
ワンターン競馬しか経験したことがなく、抑えを利かしたレースはしたことがない。
1200m戦や1000m戦でも好位or逃げられるスピードがあるので、コーナー4つは合わないと思う。


13レイニーデイ
前走レコード勝利も、鞍上は減量騎手でその恩恵があった。
今回は重賞なので斤量は定量となる。
1kgの差は大きい。
またレコード勝ちを見てみると、後半が速い展開で、本馬は逃げていないながら上がり37.8と速かった。
地方競馬は前傾ラップで後半はスタミナ勝負のような展開になるので、本馬の適性と異なる。


次に紹介するのが、JBC2歳優駿の軸馬です。

 

9タイセイアゲイン
・テンのスピード
・気性面
・瞬発力


本馬はラッキードリームと似ている。
馬なりで好位を取れる先行力がありながら、しまいの脚も持っている。
加えて、馬群に入れても全く問題にしない気性面が大きな武器。
新馬戦・2戦目といずれも馬群の中で競馬をしており、砂を被っても入れ込むことがない。
折り合いに関しても、新馬戦ではかなり遅いペースながら道中3番手からの競馬でしっかりと折り合えていた。
地方競馬の場合はこの時期でもキャリアが豊富なので気性面は大人であるが、中央競馬の場合はまだキャリアが浅く気性面に問題のある馬が多い。
そんな中で、本馬は新馬戦から馬群の中での競馬をしており、結果を残している。
非常に大人びたレースをする。

瞬発力にも長けている。
新馬戦は上がり36.6、2戦目は36.7と地方競馬の馬場適性を疑いたくなるような数字。
それでも、当日の馬場状態は雨が降って馬場が硬くなりそうなので、対応できるのではないかと思う。
仮に良馬場なら、ラッキードリームと評価を逆転しようと思う。

 

予想(11/2時点)

※最終予想はレース当日Twitterにて!!

◎9タイセイアゲイン
〇8ラッキードリーム

 

馬単】◎↔〇(2点) 

 

Follow me!!

note.com

twitter.com

以上、農林水産大臣賞典 第1回JBC2歳優駿(サンダースノー賞)(JpnⅢ)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(この後17:00にJBCレディスクラシックの見解をアップします)