競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【ここで快挙】JBCスプリント2020予想見解

 友だち追加

f:id:shumpei116:20201101014627j:image

初めましての方も、初めましてじゃない方も!
こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は16頭立ての4頭見解です。
それでは、農林水産大臣賞典 第20回JBCスプリント(JpnⅠ)の出走馬見解をしていきましょう!

 

JBCスプリント見解

【お品書き】
大井競馬場の特徴
・1200mに求められる適性
---------------------------------------
・展開予想
・有力馬見解(4頭)

展開や馬場状態は当日やってみないと分からない不確定要素ですが、コース形態・競馬場の砂の深さ・スタート位置は基本変わりません。
この変わらない条件から、求められる適性を探っていきます。
その上で、展開予想を含めて好走可能性の高い馬の見解を述べていきます。(※約3000字と長めなので、読みたい情報だけお読みください)

 

大井競馬場(外回り)

・1周1600m
・直線400m(正面、向正面)、コーナー約400m×2(1~2角、3~4角)
・最後の直線は386m(長い)


【1200m】
・短距離戦なので基本は逃げ・先行有利
・スタートは向正面
・最初のコーナー(3角)までは414mと長い
→好位~先行有利

 

展開予想

今回逃げ馬がとにかく多い。
1ヒロシゲゴールド→レコード決着のクラスターカップで逃げ
2モズスーパーフレア→芝のスプリントGⅠで逃げ
3ノブワイルド→1000m戦で逃げ
10マテラスカイ→海外GⅠで逃げ
15クルセイズスピリツ→東京盃で向正面先頭


これ間違いなくハイペースです。
前哨戦の東京盃は前半3F33.8でしたが、それ以上に速くなっても驚きません。
ハナ争いの激化によるハイペース。


加えて、大井1200mは差しが決まりやすいコースでもある。
ハイペースも相まって今回は差し・追込有利になると想定される。

 

6サブノジュニア(差し)
・近走のスタート


東京スプリント時の走りができれば、今回は6番枠と内目の枠が引けたので本命にしていただろう。
近走はスタートが遅くなっており、前走東京盃(JpnⅡ)は3角11番手、前々走は南関重賞でも11番手だった。
東京スプリント時は3角4番手だった。
どんなに差し・追込有利の展開になろうとも、同じ脚質同士の戦いになれば少しでも前にいる馬の方が有利となる。
前走上がりの脚は最速タイだったが、3~4角を捌いてインをつけたことが大きい。
それでも、外を回して距離ロスのあったコパノキッキングとは上がりが同タイム、同じくインを突いたが本馬よりも前にいたブルドッグボスよりもは0.1秒遅い。
今回は前走よりも、より差しが決まりやすくなるので本馬に展開は味方するであろうが、同脚質の上記2頭には及ばない。
スタートが問題。

 

14ブルドッグボス(差し)
・展開利が見込める脚質
・外枠


前走東京盃は58kgながら2着に好走。
勝ち馬のジャスティンは56kg、3着のコパノキッキングは57kgだった。
それでも勝ち馬とはタイム差なしなので、1kg=0.2秒換算すると逆転できる。
ただ、前走は内枠で今回は外枠。
本馬にとってはこの差は大きい。
というのも、本馬の特徴の一つがコーナリングの上手さにあるから。
特に左回りのコーナリングが上手いので浦和コースを得意としており、右回りの大井でも前走ではうまく曲がれていた。
東京スプリント時点では右回りのコーナリングはあまりうまくはなかったが、前走でそれは改善されている。
前走は内目の5番枠からスタートし、3~4角では内ラチ沿いを走っている。
コーナリング×直線の瞬発力が2着という好走をもたらした。
今回は外枠14番。
しかも13番枠には同脚質のコパノキッキングがいる。
前走コパは7番枠だったので3角突入時は本馬の外を回っており、4角でも外を回すことになっていた。
今回は枠の並びが逆となるので、外を回すかは別にして、本馬が内ラチ沿いを取れる可能性は低くなった。
しかも外枠。
本馬の好走はラチ沿いのコーナリングありきなので、それができないとなると評価を落とさざるを得ない。

 

11ジャスティン(先行)
・大井1200m重賞連勝
・展開面の不利


大井1200m重賞2連勝と、抜群のコース適性を見せいてる。
馬場も大井と合っている。
前走の東京盃はハイペースを逃げ馬をマークする3番手から競馬をしたが、それでも勝ちきった。
展開と位置取りを考えれば、着差以上に能力差はあったように思う。
なのである程度のハイペースならば、勝ち負けだろう。
ただ、今回は前走以上のハイペースが予想される。
中央・地方・芝・超短距離戦とあらゆるところからの逃げ馬が集結したので、先行馬には難しいレースになるだろう。
前走も勝ちはしたものの、勢いは2・3着のブルドッグボス、コパノキッキングの方が良かった。
馬券圏内は堅いと思うが、アタマまではどうか。

 

13コパノキッキング(差し)
・差し脚質に戻した
・中央向き
・前走の内容


もともと追込馬だったが、地方競馬参戦とともに先行策に脚質を切り替えた。
そのおかげで昨年の東京盃は逃げて勝利したものの、そこからなかなか先行策で人気ほどの結果は出ていない。
前走は久々に後方からの差しを目論み、勝ち馬に0.1秒差の3着となった。
差し脚質に戻したことが、結果的には良かったのではと思う。


実績を見ても、本馬は中央のダート戦向きである。
先行が残りやすい地方競馬に比べて、中央競馬のダート戦は差しも決まりやすい。
地方競馬で勝つにはどうしても先行力が必要となり、またダート重賞は地方競馬に多いので、地方競馬に最適化しなければならなかった。
本馬の場合、期待値が高いので2着以下はあまり意味がなく、勝つしか評価は上がらない。
勝つためには先行策が必要だったのだろう。


しかしながら、前述したように前走は今までの差し脚質に戻した。
一度先行策を覚えての差し脚質戻りなので、以前よりも前目での差しとなっていた。
前走は3~4角で外を回しており、その点はインを通って勝ったジャスティンや2着ブルドッグボスとは異なる。
単純に距離ロスが多かった。
それでも最後は勝ち馬に0.1秒差、ゴール前の勢いは本馬が一番良かった。
それを踏まえると、前走以上のハイペースが予想される今回は逆転ができるのではないかと思っている。
奇しくも、ハイペースの差し決着は中央競馬のダート戦でよくある決まり手。
そう、本馬が元々得意としている展開なのである。


追込馬としてカペラSで初重賞を制し、脚質転換で逃げて交流重賞東京盃を制覇。
そして、脚質をキャリア前半の追込×直近の先行策のハイブリッド=中段差しに戻して、ハイペースの交流GⅠという中央競馬的な展開のレースに臨む。
本馬のキャリア集大成を、女性初の重賞勝利騎手藤田菜七子騎手がエスコートする。
コパノキッキングと藤田菜七子騎手の、人馬ともに初のJpnⅠ制覇を期待する。

 

予想(11/1時点)

※最終予想はレース当日Twitterにて!!
◎13コパノキッキング

 

単勝】13

 

Follow me!!

note.com

twitter.com

以上、農林水産大臣賞典 第20回JBCスプリント(JpnⅠ)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(明日、というか本日17:00に大井競馬のJBCクラシックの見解を上げます)