競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

サルビアカップ2020予想見解

 友だち追加

f:id:shumpei116:20201015030253j:image

初めましての方も、初めましてじゃない方も!
こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は14頭立ての7頭見解です。
それでは、準重賞サルビアカップ(ロジータ記念TR)の出走馬見解をしていきましょう!

 

サルビアカップ出走馬分析

【お品書き】
川崎競馬場の特徴
・川崎2000mに求められる適性
---------------------------------------
・展開予想
・有力馬見解

展開や馬場状態は当日やってみないと分からない不確定要素ですが、コース形態・競馬場の砂の深さ・スタート位置は基本変わりません。
この変わらない条件から、求められる適性を探っていきます。
その上で、展開予想を含めて好走可能性の高い馬の見解を述べていきます。(※4500字以上と長いので、読みたい情報だけお読みください)

 

川崎競馬場の特徴

川崎競馬場はユニークなコース。
1周1200mで最後の直線は300m。(ゴール板までの直線)
ここまでは普通だが、コーナーが特徴的。
1~2角、3~4角はそれぞれ200mずつしかない。
コーナーの短さは全国の地方競馬場の中でも最短。
その分直線が長く、向正面側とゴール前側でそれぞれ400mもある。


さらに、砂が深く時計がかかる競馬場でもある。
南関4場で最も砂が深い。
南関競馬をやる上では、各競馬場の砂の深さを知っておくと予想を組み立てやすいのでお勧めです。


【川崎2000m】

・スタートから最初のコーナー(3角)までは300m
・コースを1周半=コーナー6つ
→前半のペースは落ちづらい、内枠有利=内枠先行馬有利

 

13アクアリーブル(先行)
・南関牝馬2冠+2着=準3冠馬
・ポイントは56kgだけ


上記の実績を考えれば、普通に走れば本馬の楽勝だろう。
ただ、今回は56kgの斤量を背負う。
牝馬の56kgは牡馬に換算すると58kgとなる。
この斤量を3歳で走るのは地方競馬ならでは。
先日のプラブールを例にとる。
この馬は南関牡馬3冠緒戦の羽田盃を2着、東京ダービーは除外で、中央勢とも戦ったJDDでは4着に好走した馬。
そんな馬が黒潮盃に出走したが、その時の斤量が58kgで、結果は1人気ながら11着に大敗した。
黒潮盃は大井1800m戦で、これは羽田盃と同じ舞台。
敗因は斤量に依るところが大きいと思われる。

本馬の懸念点はこの斤量に尽きる。
レースセンスは日に日に良くなってきおり、既に完成の域。
前走関東オークスも中央馬のレーヌブランシュにこそ敗れたが、他の中央馬3頭は撃破している。
プラブールとのもう一つの違いとして、プラブールは差し馬で本馬は先行馬。
斤量の影響が出やすいのはスピードの緩急を要する差し馬だと思っているので、先行馬の本馬の方が斤量の影響は出づらいと思われる。
実績、斤量の影響から、プラブールとは違った結果になることも十分にあり得るが、3歳のこの時期にこの斤量は正直酷。
休み明けでもあるので、軸にはしづらい。

 

ホワイトベリー(逃げ)
・川崎2000mは逃げ馬には酷なコース
・1500mまでしか経験がない
・軽い馬場向き


最内枠の逃げ馬なので、枠は本馬にとっては最高。
コーナーを6回周るので、単純に内枠は距離ロスなく運べて有利といえる。
ただ、2000mを逃げ切るのは至難の業。
2100mよりは走りやすいが、それでもダート戦においては長距離ともいえる2000mで、しかも前走から500mの距離延長では厳しいレースが予想される。
直近2戦の戦績をみても本馬は軽い馬場の方がパフォーマンスが良いので、距離延長によるスタミナ懸念が大きい。
軽い馬場の方が負担が少なく、スタミナ<スピードに適性が振っているからだ。
スタミナ不安で、かつ2000mと相性の悪い逃げ馬なので、実績よりも適性の低さで軽視する。

 

4ミリミリ(追込)
・スタート×、スタミナ〇
・コース適性は前走で証明済み
・軽い馬場向き


本馬はスタートが悪いので、前々走関東オークスのような中央勢も混ざってのレースはペースが上がるので相性が悪い。
道中の追走で脚を使わされ、最後の直線まで脚を残せないから。
そういった意味では、前走の好走はある程度納得がいく。
条件戦の2000m戦なのでペースは遅く、後方からの競馬だったが楽に追走はできていた。
脚を溜められていたので、2週目の向正面からのまくりが上手くハマっていた。
直線でも脚を伸ばしてきていたので、これくらいの距離が本馬は合うのだろう。
今回は南関の3歳牝馬限定戦なので、ペースはそこまで速くならないだろうから、本馬は好走しやすいのではないか。


本馬は門別出身馬だが、門別では1勝しかできていない。
その後に南関に移籍し、連対2回はいずれも大井と軽い馬場に適性が出ている。
前走川崎2000mで好走できたのは距離適性によるものだろう。
本来川崎の深い砂は適性とマッチしていない。
なので、当日の馬場状態は重要。
前走は川崎開催の中では軽い馬場だったので、同じような馬場状態ならば好走が期待できる。

 

5レイチェルウーズ(差し)
・南関牝馬クラシックを皆勤
・前走は不完全燃焼
・55kgの斤量
・川崎適性


2歳牝馬チャンピオンも、3歳になってからはアクアリーブルに逆転を許す。
それでも、南関牝馬クラシックをすべて走り、掲示板は2回載っているのでここでは実績上位。
前走関東オークスでは直線で進路がなくなる不利があり、じわじわとながら伸びていただけもったいなかった。
スムーズにいっても上位には来れてはいないだろうが、中央勢が混ざる交流重賞でもしっかり走れていた。
今回は55kgでの出走。
牝馬なので、牡馬に換算すると57kgということになる。
アクアリーブルが56kg(牡馬換算で58kg)と1kgさながら酷な斤量を背負うので、本馬の方が斤量面を考慮すると狙いやすい。
ただ、馬場面では砂の軽い浦和や大井で実績をあげているので、砂の深い川崎は合っていない。
砂の軽い馬場で再度見たい印象。

 

7トップレベル(差し)
・距離適性〇
・馬場は合いそう
・左回りはやってみないと分からない


佐賀の馬で、佐賀クラシック2冠を2着、1着となっている。
クラシックの佐賀皐月賞九州ダービー栄城賞を比較すると、本馬は砂の深い馬場の方が適性がありそうである。
上がり3Fを比べても、前者が38.3、後者が39.3とダービーの方が時計がかかっている。
それでいて、皐月賞は2着、ダービーは1.1秒もの差をつけての圧勝なので、上がりがかかったレースの方が内容が良いことがわかる。
佐賀競馬場は意外にも時計が速く、川崎と比較すると以下のような差がある。
・2競馬場の1400m最低クラスの連対平均タイム
川崎競馬場:1:32.2
佐賀競馬場:1:31.6


このように、川崎競馬場の方が時計がかかる。
馬の質的には賞金で考れば川崎>佐賀であろうが、このタイム差。
なので、本馬も本来は川崎の適性は怪しいものがある。
ただ、皐月賞とダービーから見る馬場適性、2000mでのパフォーマンスをみると魅力は十分。
左回りはやってみないと分からないが、抑えておく必要はありそう。

 

9クサヒバリ(好位)
・元中央の短距離馬
・ワンターン経験しかない
・斤量増×


中央時代に2着が2回あるので人気になりそうだが、危ないと思う。
変化が大きすぎる。
1000-1200mの短距離馬なのでワンターン競馬しか経験がなく、今回いきなりコーナー6つの競馬となる。
中央の砂は軽いので、そこから川崎の深い砂に替わるのも大きな変化。
それでいて、馬格がないので中央時代は減量騎手を多く乗せていた。
その時は51-53kgあたりだったが、今回は54kgとなる。
450kgもない軽い馬なので、1kgの影響は大きいだろう。
距離延長、砂の変化、斤量増と、変化が大きくかつポジティブな変化がないので買い要素は限りなく少ない。
なまじ中央で2着という好走が、逆に川崎の馬場適性への不信感を招く。


10クロリ(差し)
・重い馬場向き
・距離延長〇
・脚質の優位性
・恵まれた斤量

 

春のクラシック未参戦の上がり馬の中では、本馬が最も魅力的。
3連勝中がいずれも川崎で、100mずつ距離延長をしている。
個人的にスタートから1角までの距離が長い1600mを対応できれば2000mもこなせると思っているが、本馬は前々走1500mよりも前走の1600m戦の方がパフォーマンスが良かった。
前走は川崎でも時計のかかっていた日。
そこで快勝できていて、かつ差し馬なので距離延長はプラスに働くと思われる。
距離が延びれば延びるほど差しが決まりやすくなるのが競馬で、タフな馬場に対応できる=スタミナのある証拠。
斤量も53kgと最軽量で臨める点も魅力。
初めての2000m戦となるが、前走の走り・脚質的に距離延長はプラス、斤量も恵まれているので、人気薄から狙うならこの馬からかなと思います。

 

12ラストラフ(好位)

・先行力のある元中央馬
・1700-1800mが主戦場
・時計のかかる展開が得意

 

元中央馬の移籍初戦なので、気になる点は地方適性。
中央と地方競馬の違いテンのスピードと馬場。
地方競馬は小回りコースで直線が短いので、中央に比べて先行有利。
なので好位を取ることが重要となる。
スタートと先行力が問われる。
また、馬場は基本的には中央が軽く地方は重い。
今回の川崎競馬場は南関で最も砂の深い馬場で時計がかかる。
本馬は中央時代に逃げ~好位から競馬をしているので、先行力に関しては問題ない。
また、馬場適性に関しては2・3走前を見るとヒントがある。
いずれも函館1700m戦を走っているが、2走前は不良馬場で勝ちタイムが1:44.5、3走前は良馬場で1:47.6が勝ちタイムとなっている。
本馬は2走前が勝ち馬に1.3秒差の5着、3走前が0.4秒差の3着と、3走前の方が好走できている。
つまり、時計のかかる方のレースで好走している。
以上から、地方競馬でも好走できる可能性が高いと判断できる。
今の川崎馬場は速くなっているので、それも本馬にとってはありがたいところである。
脚質的にも後ろすぎず前すぎずな位置を取るので、53kgという斤量も含め期待ができる。

 

予想(10/15午前時点)

※最終予想はレース当日Twitterにて!
◎12ラストラフ
〇10クロリ
▲13アクアリーブル
△7トップレベル、1ホワイトベリー、4ミリミリ

 

馬連】◎-〇▲△△△(5点)

 

Follow me!!

以上、準重賞サルビアカップ(ロジータ記念TR)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(明日は盛岡競馬の若駒賞(M2)の見解です)