競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

マイルチャンピオンシップ南部杯2020予想見解

 友だち追加

f:id:shumpei116:20201010033050j:image

初めましての方も、初めましてじゃない方も!
こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は16頭立ての6頭見解です。
それでは、第33回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ)の出走馬見解をしていきましょう!

 

マイルCS南部杯出走馬分析

盛岡競馬場は門別、大井に並び地方最大の競馬場。
1周1600m、1~2角・3~4角は400mずつと広いコース設計。
最後の直線も330mある。
さらに、起伏のあるコースでもある。


盛岡1600mは2角の奥深くからのスタート。
3角までは緩やかな上り坂で、その距離は約900mととてつもなく長い。
よって前半のペースは落ちづらく、かつ起伏があるので先行馬には不利である。
3角からは緩やかな下り坂となり最後の直線でまた登る。
コーナーもゆったりとしていて、直線も330mとそこそこ長いので差しが決まりやすい。
総じて差しが決まりやすい設計となっているのが特徴。


今回の見解のポイントはワンターンのマイル戦ということ。
コーナー4つの1800m寄りのマイラーよりも、ワンターンのスプリンター寄りのマイラーが好走しやすい。


以上を踏まえて見解を述べていく。

 

3インティ(逃げ)
1600mでは短い印象。
昨年のフェブラリーSは制しているものの、この時はストレスなく逃げ、しかもスローペースに落とせたのでかなり楽な展開だった。
勝ててはいないが、パフォーマンス的にはコーナー4つのチャンピオンズカップの方が高い。
ハナを切るにはマイル戦では脚力が足りず、コーナー4つの1800mの方が逃げやすいからだろう。
本馬は1800m寄りのマイラーなので、舞台適性が少しずれている印象。


今回は同脚質にワイドファラオがおり、この馬は今年のフェブラリーSかしわ記念と2戦続けてマイル戦で逃げている逃げ馬。
テンのスピードでは本馬よりもこの馬の方が勝る。
逃げられないと中々好走は難しいだろう。

 

6モズアスコット(差し)
今年のフェブラリーSを制した馬。
もともと芝の安田記念を制しているように、芝スタートだったことも勝利の要因となっている。
本馬は芝・ダートいずれのGⅠを獲った馬になったわけだが、つまりはこういうことだろう。
高速馬場の芝のレースではキレ負けする、砂の深い地方のダート戦ではパワー不足。
芝とダートの中間くらいで最も優位性が出る。


前走は初の地方競馬かしわ記念で全く見せ場なく7頭立ての6着に敗れている。
これは地方の砂への適性のなさがあった。
ダート戦に限ってみた場合、本馬は高速馬場の軽い砂が良い。
中央の砂は地方の砂よりも軽く、タイムが出やすいので、フェブラリーの好走とかしわ記念の凡走は馬場状態が一つにあったと思う。
また、かしわ記念はコーナー4つのマイル戦。
本馬はワンターンの競馬でしか結果を残してきていないので、これも敗因の一つだろう。


そして今回の盛岡1600m戦。
ワンターンで地方でも随一の砂の軽さを誇る。
砂の軽さは先日のクラスターカップのタイムで分かる。
勝ち馬のマテラスカイが良馬場で出した1:08.5はJRAの1200mレコードと同タイム。
ちなみに、JRAレコードは中山の1200m、重馬場であった。
中山1200mといえば、スタートから数100mが芝から始まるコース。
重馬場で芝スタートの1200m戦と同タイムということは、砂の軽さで言えば盛岡>JRAということがわかる。
この盛岡1600mは本馬には絶好の舞台といえる。
ワンターンで砂の軽い馬場。
まさにフェブラリーSと同じような舞台である。
前走はコーナー4つに泣いたが、今回はワンターンで巻き返せる。
軸候補です。

 

11サンライズノヴァ(差し)
モズアスコット同様、ワンターンのマイル戦が得意な馬。
昨年の本レースの勝ち馬であり、今年のフェブラリーSでも3着に好走している。
モズとの違いは臨戦過程。
前走は59kgの斤量を背負いながらもプロキオンSを制している。
阪神1400mのワンターン競馬である。
前々走もかしわ記念で3着。
このレースは逃げ馬のワイドファラオが勝っているようにスローペースだった。
それを後方2番手から唯一追い込んでいる。
得意ではないコーナー4つの競馬、かつ展開が合わなかったにもかかわらずの3着は高く評価できる。


地方競馬はその他に3歳時にJDD6着、2019年さきたま杯4着というのがある。
これらはいずれもコーナー4つの競馬で、特にさきたま杯は距離的には本馬の適性がありながらも馬券に絡めていない。
本馬はワンターン競馬の差し馬である。
モズが直近崩れての立て直しの1戦であるのに対し、本馬は安定した成績を残した充実期に入っている印象なので、軸は本馬に置く。

 

14アルクトス(好位)
昨年の2着馬。
この馬もワンターン競馬向きで、初めての重賞勝利が中京のプロキオンSである。
3走前のフェブラリーSは先行馬総崩れの速い流れに巻き込まれて9着に敗れている。
それでも、ほぼ同じような位置取りだったワイドファラオ(12着)よりも着順は上。
2走前かしわ記念(4着)はコーナー4つのマイル戦で力が出なかった印象。
前有利の展開だったので、それでも馬券には絡んでほしいところだが、それがこの馬の実力かと思う。
前走エルムS(6着)もコーナー4つの1700m戦。
直近の敗戦はいずれも酌量の余地がある。


今回はワンターンのマイル戦。
昨年2着があるように、この馬が最も得意とする舞台の一つ。
差し有利の舞台なので、好位からの馬である本馬を軸にはしないが、抑えておく必要はある。

 

15ワイドファラオ(逃げ)
この馬は逆にコーナー4つの短距離戦が得意な馬。
前々走のかしわ記念制覇にはびっくりしたが、それ以前にもテレ玉オーバルスプリントを3歳馬ながら古馬とほとんどハンデ差がない中で2着に好走している。
かしわ記念船橋1600mやオーバルスプリントの浦和1400mのような、コーナー4つで息の入る展開を本馬は好む。
今回はワンターン競馬のマイル戦。
最初のコーナーまで距離もあるので、逃げ馬にとっては難しいコース。
ペースを落としづらく、息が入らない。
本馬は軽視している。

 

16ゴールドドリーム(先行)
鞍上のルメール騎手はモズではなく本馬を取った。
鞍上の期待値の表れだろう。

ピークは過ぎたように思う。
昨年のチャンピオンズカップで2着の後、東京大賞典を4着、サウジC6着を経て、前走はGⅢで3着だった。
前走平安Sは58kgの斤量で臨み、勝ったオメガパフュームは59kgだった。


本馬は地方よりも中央の方が実績がある。
フェブラリーSは1勝2着2回のパーフェクト連対、チャンピオンズカップは1勝2着1回、着外1回というほぼ完ぺきな実績を持つ。
一方地方競馬では2018年のかしわ記念を制すまで4戦して(0-1-1-2)という結果だった。
さらにいうと、本馬は1800m寄りのマイラーだろう。
今回の盛岡1600mを苦手としており、3回走って(0-1-1-1)と勝てていない。
一方で、かしわ記念は2勝、帝王賞1勝。
コーナー4つでしか地方競馬では勝てていない。


以前のように絶対的な存在ではなく、ダート界の中心から少しずつ外れてきている本馬。
コース適性も高いとは言えない。
堅実に走る馬なので切ることはできないが、抑え評価が精一杯だろう。

 

予想(10/10時点)

※最終予想は当日Twitterにて
◎11サンライズノヴァ
〇5モズアスコット
▲14アルクトス
△16ゴールドドリーム

馬単】◎↔〇▲△(6点)

 

Follow me!!

note.com

twitter.com

 

以上、第33回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(明日は名古屋競馬の秋の鞍の見解です)