競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【サンライズカップ2020】100mの違いが勝負を分ける

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200930153655j:image

※画像は先日門別競馬場で行われたイノセントカップの勝ち馬リーチと鞍上の服部茂史騎手、その他関係者の方々です

 

初めましての方も、初めましてじゃない方も!
こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は10頭立ての6頭見解です。
それでは、大阪スポーツ杯 第20回サンライズカップ(マクフィ賞)(H1)の出走馬見解をしていきます。

 

サンライズカップ出走馬分析

門別競馬場(外回り)は1周1600mの広いコース。
1~2角、3~4角のコーナーは400mずつあり、最後の直線も330mと地方競馬の中では長い。

門別1800mはゴール前がスタート地点。
最初のコーナーまでは約270mと、1700mよりも100m長くなる。
それでも、ラップの速くなる2F目のほとんどがコーナーなので前半のペース上がりづらい。
特に今回は2歳重賞で、1800mを走ったことのある馬がいないので、より前半は慎重になるだろう。


1700mに100m延びただけだが、スタートからの直線距離が100m延びる分先行馬には苦しくなり、距離が延びれば延びるほど差しが決まりやすくなるのが競馬なので、1700mに比べると差しが有利になる舞台である。
その点を踏まえて見解を述べていく。

 

トランセンデンス(好位)
2走前は差して重賞3着だったが、前走は好位から2着に好走している。
キャリアを長い目で見れば先行からの好位差しの方が戦績は安定するので、おそらく今回も先行すると思われる。
なので、本馬に関しては好位からの競馬を想定して見解していく。


まず、前走よりも苦しい展開が予想される。
先述したように、1800m戦は2歳馬にとっては初めての距離で、加えてスタートからの直線距離が1700mよりも100m延びる。
その分差しが決まりやすくなるので、本来ならば3走前のようなレースが理想的。
1700m重賞で(0-1-1-0)と崩れていないので、距離適性に関しては問題なく、むしろ適性は高い。
なので消すまでには至らないが、前走以上のパフォーマンスは見込めない。
前走は結果的に先行馬のワンツーだったので、道中2番手にいた本馬に展開が向いた。


位置取りの優位性が低いので抑えまで。

 

4シンタロウ(追込)
前走は中央の芝のレースなので度外視。
前々走は1700m重賞で4着も、上がり3Fは最速をマークしている。
テンのスピードがないので1200mのスプリント戦では結果が出なかったが、コーナー4つの1700mではまずまずの結果を残している。
今回の1800mもコーナー4つなので、テンのスピードを補えるコース形態といえる。
前半の追走がこの馬の好走のカギとなるが、全頭未知の1800mというのは恩恵になると思われる。
ペースが落ち、本馬にとっては追走が楽になるであろう。


追込という点で舞台適性が高いが、同脚質には次に触れるノットリグレットがいる。
この馬とは2走前のブリーダーズゴールドカップで戦っており、先着を許している。
内容的にも、本馬は最内1番枠だったので終始内々の距離ロスのないコースを走っており、ノットリグレットは大外11番枠から外々を走らされている。
それでいて本馬は4着でリグレットは2着なので、内容的にも結果的にもリグレットが上といえる。
本馬は前走で中央の芝のレースを走っていて、リグレットは門別の重賞という点も、消耗の激しさは芝のレースなのでローテ的にも分が悪い。


本馬も抑えまでです。

 

ノットリグレット(追込)
流れ的に分かったかもですが、本命候補はこの馬です。


キャリア4戦で上がり3Fを40秒以上かかったことがない瞬発力型の馬。
前々走のブリーダーズゴールドジュニアカップでは後方から追い込んで2着に好走。
スタートからコーナーまでが短い1700m戦で、大外11番枠という不利をものともしなかった。
今回は真ん中の5番枠で、かつ1800m戦なので、その時よりも枠的にレースがしやすい。

前走のサッポロクラシックカップは前残りの展開がハマらずに4着。
重馬場でペースの速い展開に苦労していた。
向正面では流れに乗れずに鞍上が押していた場面があった。


本馬の不安要素はまさにここ。
前々走のようにスローの瞬発力勝負になれば信頼のできる追込馬だが、ペースが流れてしまうと前半で脚を使わされてしまう。
なので100mの距離延長でも、ペースが緩みやすくなるのでこの馬にとってはプラスに働くだろう。
それと、ロングスパートをする馬も出てこないと思われるので、それも本馬にはプラス。

前走サッポロクラシックカップと前々走のブリーダーズゴールドジュニアカップレースタイムの比較を見ていただきたい。
前走(4着):上がり4F→52.9、上がり3F→40.1
前々走(2着):上がり4F→53.7、上がり3F→39.9


上がり4Fでは前走の方が速いが、ラスト3Fでは遅くなっている。
つまり、前走は向正面からのロングスパート合戦だった。
本馬が前走向正面で追走に苦しんでいたのはこういった理由があったのだ。


今回もロングスパートが起こりえないとは言えないが、全頭が前走よりも距離延長の初めての距離ということで、その可能性は非常に低いとみる。
言い換えると、可能性としては前走のサッポロクラシックカップよりも前々走のブリーダーズゴールドジュニアカップに似た展開になると考えられる。
スローの瞬発力勝負になれば、本馬の良さが出る。
ペースが流れたとしても1700m戦よりは先行勢が垂れやすくなるので、いずれにしても本馬の好走しやすい舞台が今回である。


"全頭初めての1800m戦"というのが本馬に味方すると思っている。

 

シビックドライブ(先行)
器用貧乏な印象で、前走は4角で2着になるトランセンデンスを捉えに行ったものの、直線では突き放されて勝ち馬に0.4秒差の3着となっている。
後方から並びかけていながら捉えられないというのは、2,3着馬に多い特徴。
外枠で終始外々を走らされていたという酌量の余地はあるものの、今回も同じような着順までが限界に思う。


上がりの脚がないので、できれば好位の2~3番手で逃げ馬をぴったりマークする形が理想的。
今回はテンからペースが上がりづらいので、それはしやすい。
しかしながら、1800mの距離延長で差しが決まりやすくなるので、それはそれで課題が出てくる。
やはりこの馬は抑えまでかなと思う。

 

8ノットスウォージー(逃げ)
前走は中身の濃い勝利だった。
レースタイム1:49.1(重)は同じく重馬場だった重賞サッポロクラシックカップレースタイム1:49.4よりも速い。
前半900mのタイムはサッポロクラシックカップよりも1秒速いので、ハイペースを逃げきっていることになる。
逃げ馬にとって展開的に厳しいながら、勝ちきったのである。
1700m戦ならばこの馬がNo.1だろう。


ただ、今回は1800m戦。
何度も伝えているように、100m距離が延びるだけで先行馬には一気に厳しい舞台となる。
それが逃げ馬ならば、その影響はモロに受ける。
ポテンシャルは高いが、舞台設定との相性という点で逃げ馬の本馬に重い印は打てない。

 

10サイダイゲンカイ(好位)
ダート戦は1200mまでしか走ったことがない。
栄冠賞2着のスティールグレートがそうであるように、距離延長で一気に弱体化する可能性がある。
しかも今回は先行馬には不利な1800m戦なので、不安要素が重なる。
それならば距離の近い1700m戦の重賞で好走してきた馬を狙うのが妥当だろう。


父がマイラージョーカプチーノという点も、距離延長で引っ掛かるところ。
母馬は中央のダート1700m勝ちがある馬なので、母に似ればこなせなくもないが、母父デヒアもどちらかというと短距離馬なので、血統的には距離延長はプラスではない。
抑えorそれ以下の評価です。

 

Follow me!!

note.com

 

以上、大阪スポーツ杯 第20回サンライズカップ(マクフィ賞)(H1)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(明日は名古屋競馬のベイスプリントの見解です)