競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【姫山菊花賞2020】南関からの刺客は消しです。

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200930120349j:image

※画像は先日園田競馬場で行われた園田プリンセスカップの勝ち馬ラジアントエンティと吉村智洋騎手、その他関係者の方々です

 

初めましての方も、初めましてじゃない方も!
こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は12頭立ての5頭見解です。
それでは、第60回姫山菊花賞(重賞Ⅰ)の出走馬見解をしていきます。

 

姫山菊花賞出走馬分析

園田1700mはコースを1周半する。
特徴的なのは向正面からのスタートで、最初のコーナーである3角までは約143mと短いこと。
コーナーも6つ周り、1~2角、3~4角は約300mずつと短いので、内枠先行馬が有利となる。
最後の直線も213mと短い。


1700mという中距離は基本的に逃げ残りは難しい印象だが、今回は純粋な逃げ馬がいないのでペースが上がらない可能性が高い。
スタートから最初のコーナーまでが短いこともペースが上がらない要因となる。
2~5番手あたりの内枠好位・先行馬が好走しやすい舞台といえる。

 

エイシンニシパ(好位)
好枠を引いた。
有力馬が外目の枠に対して、本馬は最内1番枠。
枠の優位性が高い。


前走は名古屋1900m重賞に出走して3着。
本馬は門別出身の園田馬=砂の深い馬場が得意な馬なので、園田に比べて砂が軽い名古屋は得意な馬場ではない。
それでいて重賞3着は悪くない。
しかも外枠発走で取りたい位置が取れず、外を回されての3着だった。


直近は外枠発走ばかりで、好位から競馬をする本馬にとってはよろしくない枠が続いた。
今回は久々の内枠スタートなので、上積みが見込める。


園田1700mはスタートしてすぐにコーナーが来るコースなので、内枠先行馬は有利。
前半でロスなく脚を溜められる。
本馬は本レースを2017年に勝利、2018年に2着と相性が良い。(2019年は未出走)
今回は逃げ馬不在でより先行有利となりそうなので、本馬に好走条件が集まっている。
軸で良いだろう。

 

センチュリオン(追込)
消す予定なので手短に記すが、本馬は脚質と馬場が合わない印象。
先行有利の園田1700mで後方からの追込は決めづらい。
前走は大井のマイル戦で3着に好走しているが、大井1600mはコーナー4つに対して園田1700mはコーナー6つ。
その分ペースは落ち、差しが決まりづらくなる。


加えて、本馬はもともと中央馬で、南関時代も大井や浦和といった軽い馬場で好走をしている。
園田競馬場は砂が深くと競馬かかるタフな馬場なので、本馬の馬場適性と異なる。
ポテンシャル以外の買い要素が少ない。

 

7ジンギ(好位)
園田1700mで2連勝中で、この舞台を得意としている。
近走は先行力もついて、盤石感が出ている。
今回は逃げ馬不在で、真ん中の枠だが先行もしやすく、大きな不安要素がない。

最後に敗れた兵庫大賞典(1870m)では道中5番手から差し切れずの2着だった。
僅かではあるが、位置取り的に後ろだった。
本馬は好位からの差し馬なので、5番手辺りになると瞬発力で足りなくなる。


上がりの速い瞬発力勝負となったことも敗因と考えられる。
勝利した前走摂津盃(1700m、良)はレースの上がり3Fが39.0とかかっていたのに対し、敗れた兵庫大賞典(1870m)は摂津盃よりも距離が長いのにも関わらず上がり3Fは38.2と速かった。
5走前(1870m、不良)にマイフォルテに敗れたレースも、上がり3F36.3と終いが速いレースだった。
本馬は上がりのかかるレースを得意としている。
今回敗れるとしたら、"重"以上で馬場が軽くなった状態でのスローペースの瞬発力勝負。
それでも馬券圏内は堅いと思うが。。。

 

8マイフォルテ(差し)
先述したように、ジンギに先着した経験を持つ。
ただ、この時は1870mだった。


ポテンシャルは高いが、距離適性がどうか。
直近3走はいずれも2400m以上の長距離戦で、1700mの適性が疑わしい。
スタートが上手い馬ではなく、前走では2400m戦で出遅れて後方からの競馬となっていたので、1700m重賞だと先行力で劣る印象がある。
長距離戦で先行して差し切るのが本馬の勝ちパターンなので、中距離の1700mだと中段あたりからの差しになってしまうのではと思う。
長距離戦に比べて差しが決まりづらい中距離戦なので、中段からという位置だとより差しが決まりづらくなる。
加えて今回は再三記しているが逃げ馬がおらずペースが上がりづらい1700m戦。
直近の長距離戦よりも内容が良くなることは考えづらい。
抑えまで。

 

10タガノジーニアス(差し)
前走は摂津盃(1700m)でジンギの3着に好走している。
ただ、この時は内枠2番からの発走だった。
スタートの上手い馬ではないので、前走は2番枠から先頭グループの後方、かつインベタ付の進路を取っている。
距離ロスのない位置取りにより、3着という好走を生んだと思われる。


今回は外枠10番。
スタートから最初のコーナーまで約143mしかない1700m戦なので、スタートが上手くはない本馬だと外を周らされる可能性が高い。
前走とは全く異なるコース取りとなりそう。
この時点で、ジンギとの逆転は落馬などのアクシデントがない限り考えづらい。


2走前には名古屋の重賞名港盃(1900m)で勝利している。
この時にはエイシンニシパ、ストーンリバーを倒しているが、名古屋は園田に比べて馬場が軽い競馬場。
もともと中央所属馬で3勝クラスにまでいた馬なので、本質的には本馬は軽い馬場が得意な馬なのだと思う。
園田よりも名古屋や笠松が向いている印象。


本馬も抑えまでです。

 

予想(9/30時点)

◎7ジンギ
〇1エイシンニシパ
▲8マイフォルテ
△10タガノジーニアス

【3連複】◎-〇-▲△(2点)
馬単】◎→〇▲△(3点)

 

Follow me!!

note.com


 

以上、第60回姫山菊花賞(重賞Ⅰ)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(このあと17:00から門別競馬サンライズカップの見解です)