競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【金沢プリンセスカップ2020】金沢1400mは先行有利、ですです!!

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200925030859j:image

※画像は先日金沢競馬場で行われたサラブレッド大賞典の勝ち馬カガノホマレ(牡3、菅原欣也厩舎)と鞍上の吉原寛人騎手、その他関係者さんです

 

初めましての方も、初めましてじゃない方も!
こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は11頭立ての5頭見解です。
それでは、石川テレビ杯 第15回金沢プリンセスカップ(スピルバーグ賞)(金沢重賞)の出走馬見解をしていきます。

 

金沢プリンセスカップ出走馬分析

金沢競馬場は砂の深い競馬場。
地方競馬の各地区で多く行われているコーナー4つの1400m戦の平均タイムでは、高知に次ぎ2番目のタイムの遅さなのが金沢。
今回は元門別所属馬が多く出走するが、同じく門別も砂の深いタイムのかかる馬場。
なので門別馬でも金沢競馬場は対応できる。


金沢1400m戦はゴール前200m辺りからのスタート。
最初のコーナーである1角までは約250mと短く、ゆえに前半のペースを落としやすい。
コーナーは約350mずつあり、最後の直線は236mと短め。
内ラチ沿いの砂が深いためインを開ける傾向にある。
コーナーでも内側は開けるので、結果的にゆったりとしたコーナリングとなる。


スタートから最初のコーナーまでの距離、直線の短さを考えると前目にいる馬が有利。
スタートの上手い逃げ・先行馬から狙っていきたい。

 

2スツーカ(追込)
元門別所属馬で今回から金沢所属となる。
門別時代には1500m戦で1勝しているので、距離適性、コーナー4つの経験もあり、この点はアドバンテージ。
ただ、位置取りが悪い。
ここ2走は前走が11頭立ての6番手、前々走が最後方となっている。
前走は1700m戦と長い距離だったので中段あたりとなれたが、ペース自体も緩かったということもある。
メンバーレベル的に今回は中段やや後方辺りにはいることができると思うが、1400mのコース設計的に恩恵を受けづらい位置取りとなってしまう。
後方からの差しは決まりづらいので、先行力のない本馬は軽視している。

 

3マナバレンシア(逃げ)
元門別馬。
前走(金沢1400m)はスタートから押し出してハナを切っている。
スローペースの恩恵もあり、楽に逃げ勝っている。
ただ、内容的にはそこまで評価できない。
不良馬場で行われ、レースの上がり4Fは51.5、レースタイムが1:31.6。
次に紹介するサブノタマヒメの前走は良馬場の1400m戦で上がり4F52.4、レースタイムが1:31.0である。
前半600mのタイムでは本馬の前走の方が1.5秒も遅いことになる。
これでわかるように、逃げ馬にとってはかなり楽な展開だったといえる。
しかも、良馬場よりも不良馬場の方がタイムが出やすいので、勝ちタイムがサブノの前走よりも遅いというのは単純に能力差を感じる。
本馬の前走は最後の直線で調整しながらの、余力残しの勝利ではあったが、それでもサブノを上回ることは考えづらい。


門別1000mの1勝クラスだとスタートでは最後方となっていたので、本馬はそこまで先行力がある馬ではない。
金沢1400mはスタートして250mでコーナーを迎えるので、本馬からするとスピードに乗る前にコーナーが来てしまい前目の位置が取りづらい。
おそらく門別1勝クラスよりも今回の方がメンバーレベルが落ちるので、中段くらいには位置できると思われるが、それでもスツーカ同様位置が悪い。
先行力のある馬から狙っていきたい方針なので、本馬もそれには該当しない。
抑え程度で良いと思う。

 

4サブノタマヒメ(好位)
マナバレンシアの欄で話したように、前走は速い流れの中を先頭グループの後方4番手からの競馬。
馬なりでも先行でき、前々走では馬なりで逃げることもできているので、先行力は大きな武器となる。
金沢出身馬でこれまで4戦4勝。
今回、金沢デビュー馬には負けることがないだろう。
相手となるのは金沢未経験の門別出身馬。
特に実績的にはエムザックベールがライバルとなる。
コース適性、脚質ともに本馬が上回るが、エムザックは門別の重賞級の馬と好勝負をしてきているので、金沢と門別の序列で考えればポテンシャルはエムザックなのではと思う。
ただ、本馬の金沢1400mの持ちタイム1:31.0は古馬A~B1クラスに相当する好タイム。
正直、甲乙つけがたい。


だが今回は本馬を推す。
その理由として、まずは枠順。
スタートからコーナーまでが短い金沢1400mなので、内枠の方が有利。
コーナーで内目を周れる。
しかも、最内だと砂の深いコース取りとなってしまうが、4番枠なら砂の深くないコース取りでかつ内目を走ることができる。
そして安定感もこの馬が上回る。
エムザックは前走で出遅れ気味に最後方からの競馬となっていた。
前走のように出遅れる可能性がある。
一方本馬はスタートが上手く先行力がある。
金沢1400mのコースから考えると、先行力のある本馬の方が相性が良い。
エムザックはスタート次第では後方からとなることも考えられるので、その点で信頼が置けるのは本馬となる。
地元の筆頭として門別出身馬たちを返り討ちにできると信じている。

 

9ステップフォード(好位)
門別出身の未勝利馬ではあるが、新馬戦で敗れたデスフローは後に門別の重賞で4着に入る優秀な馬。
その馬相手にタイム差なしの2着という内容は評価できる。
重馬場ではあったが、前々走の1200m戦のタイム1:15.4も今回の門別出身のメンバーでは最も速い。
戦ってきた相手とタイム的には門別出身組でも上位に感じる。


距離延長もプラスに感じる。
これまでの負けパターンは道中の追走に苦労し、直線に向いた時点で先頭に離されすぎてノーチャンスというケースが多い。
距離延長することで、さらに今回はコーナー4つなので道中のペースは落ちる。
追走は楽になるだろう。
血統的にもフリオーソ産駒ならば距離はもっとあっても良いくらい。
道中楽に追走でき、好位から競馬ができれば勝機もある。

 

11エムザックベール(差し)
門別出身馬。
4走前の勝利では門別・園田重賞でそれぞれ3着に入ったマイハンプスを負かしている。
これだけで実績はNo.1といえる。
その他にも門別のOP戦で4着、この時の2着には重賞フローラルカップの勝ち馬ブルーカルセドニーがいる。
門別では重要な距離である1200mの持ちタイムは今回のメンバー中2位。
ただ、1位のステップフォードのタイム(1:15.4)は重馬場でのもので、本馬の1:15.6は時計の出ない良馬場でのものなので、馬場差を考えれば本馬の方が高く評価できる。


前走は重賞のリリーカップで出遅れが響き10着。
前々走も後方からの競馬だが、スタート自体は速く、そこから位置取りを下げて行っての差し競馬だった。
4走前の勝利も逃げてのものなので、もともと本馬はスタート自体は悪くない。
ただ前走で出遅れてしまったので、スタート不安は拭えない。
今回は金沢移籍初戦でもある。


運が良かったのは外枠ということ。
仮に出遅れても前に壁ができることがないので、巻き返しは可能である。
これが内枠だと巻き返しが難しくなる。


いずれにしても差し脚質なので、金沢1400mとは相性が悪い。
勝利した時のように逃げれば話は別だが、直近3走はいずれも後方からの競馬なので、おそらく今回はレベル的に中段前あたりになると想定される。
先行馬有利のコース形態を考えると、スタート難ではなかったとしても脚質的に本命は打ちづらい。

 

予想(9/25時点)

◎4サブノタマヒメ
〇11エムザックベール
▲9ステップフォード
△3マナバレンシア


馬単
◎↔〇(2点)
◎→▲△(2点)

 

Follow me!!

note.com

 

以上、石川テレビ杯 第15回金沢プリンセスカップ(スピルバーグ賞)(金沢重賞)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(明日はフリーなので中央競馬やるかもです)