競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【園田プリンセスカップ2020】園田1400mは深い砂ということもあり、差しが決まりやすい舞台

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200923025104j:plain

※画像は先日園田競馬で行われた園田チャレンジカップの勝ち馬ナリタミニスターと吉村智洋騎手他、関係者の口取り写真です
 

初めましての方も、初めましてじゃない方も!
こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は12頭立ての5頭見解です。
それでは、スポーツニッポン新聞社賞 第22回園田プリンセスカップ(重賞Ⅱ)の出走馬見解をしていきます。

 

園田プリンセスカップ出走馬分析

園田1400mは差しが決まりやすい。
4角ポケットからのスタートで、最初のコーナーである1角までは約400mある。
レースラップの最も速い2F目が直線なのでペースが落ちづらい。
また、非常に小回りなコースで1周は1051mしかなく、最後の直線は213mと短い。


1400m戦で見ると前半のペースが速くなるので差しが決まりやすくなる一方で、小回りコースでまくり差しができないと直線が短いので届かない。
よって、純粋な後方からの差し馬というよりも好位~先行からの差しができる馬が好走しやすい。
今回は門別勢が4頭出走する。
どの馬も1200m以下で活躍している馬で、特にデスブローは1000mで逃げて勝利している快速馬。
今回もこの馬が逃げると思われる。


2歳戦においては重賞の数や、今後南関に行く馬も出てくることを考えると園田よりも門別の方がレベルが高いと考えるのが普通だろう。
実際に、門別から移籍してきたアイルビーゼアは園田移籍初戦でいきなり快勝をしている。


それを踏まえて1000mの逃げ馬デスブローが逃げるとすると、道中の追走に苦労する馬が続出することが考えられる。
もちろんデスブローにとっては初めての1400mなので、思い切り逃げるとは思えないが、それでも門別のレベルの高いレースで逃げられる脚力があるのでそれなりのペースになると思われる。
よって中段前後にいる差し馬から狙っていく。

 

1アイルビーゼア(差し)
門別所属の園田移籍馬なので、この馬を中心に考えると整理できる。
まず、前走の勝利で園田勢との決着はほぼついていると考える。
勝ちタイムの1:31.8(重)はメンバー中持ちタイムNo.1で、未対戦の園田の有力馬では7フセノチェリーが前走1400mで1:33.6(稍重)、12ユナチャンは1:32.7(稍重)とタイムで大きな差がある。
ユナチャンに関しては3走前にフセノチェリーに敗れている
そのフセノもペースと上がり3Fで考えると、本馬に対抗できるレベルではない。


そんな本馬も、門別時代では今回のメンバー中最も劣等生だった。
初勝利には4戦かかっており、1000m、1100m、1200mの持ちタイムも劣っている。
コーナー4つの1500m戦で初めて勝利し、その後に園田に移籍した。
戦績を見るに、本馬はコーナー4つの息の入る展開が向いていて、ワンターン競馬向きではなかったといえる。
しかしながら、他の門別勢が優秀なので距離適性やコース適性を踏まえても見劣りがする。
門別時代の各距離での持ちタイムを比較する。


・1000m
本馬:1:03.1(良)
ラストスタンド:1:02.7(良)
デスブロー:1:00.7(良)


・1100m
本馬:1:08.4(重)
ラジアントエンティ:1:10.2(良)
マイハンプス:1:10.7(良)
※良馬場なら本馬は1:11.2


・1200m
本馬:1:17.9(良)
ラストスタンド:1:16.5(良)
ラジアントエンティ:1:15.7(良)
マイハンプス:1:15.5(良)


このように、いずれの距離でも本馬が劣っているのがわかる。
ラストスタンドラジアントエンティ、デスブローにおいては新馬戦で勝利しており、マイハンプスは門別2歳戦では最も重要な1200mの持ちタイムがNo.1。
本馬が上回れるのは園田1400mを経験済みというコース適性のみ。
ただ、これも本馬が示したように、門別所属馬は園田では活躍しやすい。
というのも、砂の深さが似ており時計がかかるのが2競馬場の特徴なので、馬場適性がマッチしている。
門別競馬場はコーナーが400mもあるゆったりとしたコースで、園田とはその点が異なるが、砂の深さに関しては似ている。
つまり、門別と園田は馬場は似ているが、園田は小回りコースなので門別に比べて逃げ残りやすく差しが決まりづらい。
言い換えると、差し・追込で勝ってきた門別馬は割引が必要になり、逃げ・先行で勝ってきた門別馬は園田の方が好走しやすい。


本馬の評価としては、門別1500mで3番手から勝利し、前走園田1400mを5番手から勝利している。
本馬と特徴の似た上位互換を探せば良い。
長くなりましたが、本馬は抑え評価です。

 

ラストスタンド(追込)
本馬は門別所属の追込馬。
先述したように、園田コースは小回りで門別は逆に広いコースなので、門別の方が差しが決まりやすい。
直線が213mしかなく(門別は330m)、コーナーも250m程度しかない園田において追込は非常に決まりづらい。
これまで4戦して前走、前々走が最後方から、3走前は12頭立ての10番手、新馬戦ですら9頭立ての4番手と中段からの差しとなっている。
スタートは平均的だがそこからのダッシュ力がないので後方に追いやられてしまう。
そういった意味では、今回の距離延長はプラスに働くだろう。
ワンターンの1200m戦では道中の追走にも苦労していたので、コーナー4つで道中のペースが落ちる1400m戦ならば追走も楽になる。
ただ園田コースは小回りなのでまくり差しができないと厳しい。
能力差的に今回は最後方にはならないであろうが、それでも後方からの競馬にはなるはず。
3~4角+直線を合わせても500mもないコースなので、本馬のように後方にいる馬はコーナーからのまくりが必須となる。
コーナーが400mもある門別とは、この点が大きく異なるので、いきなりそのような器用なことができるか。
それならば門別所属の先行馬から狙ったほうが得策なので、本馬も抑え評価です。

 

ラジアントエンティ(差し)
本馬は門別の勝馬場で2連勝した馬。
重馬場でのレースとなった3走前の栄冠賞では、直線で他の馬に馬体をぶつけられるアクシデントがあったものの、それがなくても勝利はなかっただろうという着差(0.7秒差)。
差し馬だが瞬発力勝負ではなくスタミナ勝負が得意な馬なので、砂の深い門別競馬場ですら馬場が硬くなるとキレ負けしてしまう。
なので直近の中央2連戦(いずれも芝)は不可解だが、いずれにしても時計のかかる馬場向きは園田にも向いていることを意味する。
2勝目の時にはのちに直接対決で敗れることにはなるが、重賞の栄冠賞勝ち馬サイダイゲンカイを負かしている。
この馬は門別1100mの前レコードホルダーという快速馬。
門別の良馬場ならば、レコードを出すような馬にも勝てるポテンシャルは本馬にはある。


器用な馬である。
スタートは馬なりでも先行できるほどに速く、道中の折り合いに関しても問題ない。
今回の園田1400mにおいても、テンのスピードという点ではアドバンテージがある。
このようにレースセンスがあるので、園田の小回りコースにも対応できるのではと思う。


懸念点は早熟説。
4月という非常に早い時期にデビューしており、2勝目も6月と早い。
直近は中央競馬に参戦していたので評価が難しいが、3戦連続で凡走しているので2勝目以降の上積みは感じない。


良馬場なら対抗評価まで。

 

9デスブロー(逃げ)
今回の逃げ馬候補。
門別で3戦しているがいずれも1000m戦。
前走は門別1200mの重賞で4番手だったので、園田1400m戦の今回ならばレースレベル的にも距離的にもハナを切れるはず。
園田コースは小回りコースなので先行馬の本馬にとっては門別よりも走りやすい。
コース自体が差しが決まりづらい設計となっている。


ただ、本馬は1000mしか経験がない。
門別1000mはスタートから270mでコーナーを迎えるので、前半のペースを落としやすい。
距離自体も短いので行った行ったで決まりやすく先行馬有利の舞台。
今回の園田1400mはスタートから最初のコーナーまでが約400mと長い。
前半のペースを落としづらくなることに加え、前走から400mの距離延長となるので前走比で非常にタフなレースとなる。
仮に好位からの競馬となればストレスは下がるので良いのだが、逃げるようだと不安が大きい。
他の門別馬に比べると不安要素が多い。

 

10マイハンプス(差し)
最もバランスの良い馬。
2~5番手辺りからの差し馬で、今回の舞台で好走しやすい位置取りからレースができる。
前走は重賞のリリーカップで3着に好走。
勝ち馬には1.6秒離されたが、2着馬とは0.1秒の僅差だった。
前走は押して押して位置を取っていたので、ペース的には1200mだと若干速い印象。
1400mに距離延長すれば追走は楽になるので、この問題は解消されるだろう。


本馬には大きな不安要素がない。
アイルビーゼアは門別時代の実績が、ラストスタンドとデスブローは道中の位置取り。
デスブローはそれに加えて距離不安もある。
ラジアントエンティは直近が大きく崩れているので立て直せるかが不安要素となる。
そんな中、本馬は実績もあり、位置取りも最高、距離は未知だがペースを考えるとむしろプラス、直近は重賞3着である。
小回りコースだが前半のペースが上がるので好位から中段前くらいにいる馬が有利と最初に記載したが、まさに本馬は絶好の位置から競馬ができる。
前走と前々走から、馬場は不問なタイプなので、大きな不安要素は見当たらない。
軸に最適だと思います。

 

予想(9/23時点)

◎10マイハンプス
〇3ラジアントエンティ
▲1アイルビーゼア
△2ラストスタンド
△9デスブロー


馬単
◎↔〇▲(4点)
◎→△△(2点)

Follow me!!

note.com

 

以上、スポーツニッポン新聞社賞 第22回園田プリンセスカップ(重賞Ⅱ)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(明日はフリー(何も書かない予定)です)