競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【フローラルカップ2020】門別1600mは内回りで直線は短いが差しも決まる。

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200914161342j:image

※画像は先日盛岡競馬で行われた青藍賞勝ち馬で元門別所属のヒガシウィルウィン&山本聡哉騎手&関係者さんです。

 

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は10頭立ての4頭見解です。
それでは、UHB杯 第20回フローラルカップ(H3)の出走馬見解をしていきます。

 

フローラルカップ出走馬分析

門別1600mは内回りコース。
最初のコーナーまでは約300mと比較的長め。
コーナー4つでゆったりとした広いコース。
内回りコースなので最後の直線が短く218mしかないのが特徴。

今回のメンバーを見ると、コーナー4つを経験している馬が10頭中半分の5頭、逆に経験がない(ワンターンのみ)のが5頭という構成。
また1勝して以降、逃げた経験があるのが4頭。

逃げ馬が多数おり、短距離馬も複数いる。
加えてスタートから300mという直線を鑑みると、前半のペースは上がりそう。
かといって、最後の直線も短いので後ろすぎては届かないだろう。
よって中段~中段やや前あたりにいる馬が走りやすいのではないかと思う。

 

3レディブラウン(好位)
前走リリーカップでは勝ち馬に1.5秒差をつけられるも2着を確保。
一応重賞で2着なので一目は置いておくが、抑え程度の評価。
3走前にマーサマイディアに完敗しており、これは距離を延長したところで覆らないだろうと思う。
本馬自身、1000mでデビューしその後3戦続けて1200m戦を使っているので、マイル戦は長い可能性がある。

 

位置取りも2~3番手なので、差しが決まりやすい舞台設定では優位性は低い。

 

本馬の良い点は大きく崩れたことがないこと。
重賞2着もさることながら、前々走の4着もレベルの高い中での4着なので評価できる。
勝ち馬中央にも挑戦している馬で、2着馬は重賞栄冠賞で3着、3着馬は中央のOP戦で2着という実績を持っている。
勝ち馬とも0.6秒差と多きk離されてはいないので、この4着は評価できる。
3走前はのちに重賞を且つマーサマイディアの2着と、レースレベルが高い中で戦ってきた。
崩れづらいという点で、抑えには必要な馬。

 

4マーサマイディア(逃げ)
前走は快速馬トンデコパがいたので2番手からの競馬となったが、それ以前の3戦ではいずれも逃げている。
4番枠と内枠にも入ったので、今回は逃げたくはないであろうがハナになる可能性は高い。
今回は1600mでコーナー4つなので、逃げ残りは難しくできれば番手からの好位差しの方が好走はしやすい。
前走が1000mの速い流れだっただけに、400mの距離延長で初めてのコーナー4つはハードルが高いように思う。
重賞を勝つポテンシャルは評価できるが、レースの質が前走と大きく異なってくるので、その対応が難しいだろう。

 

前目で競馬をする馬なので、舞台設定とも合っていない。
今回は逃げ馬多数でペースも上がりそうなので、後方から差されやすい。
短距離戦ほどの信頼は置けない。

 

5ケープホーン(差し)
前走は8頭立ての5番手追走で2着。
勝ち馬はのちに1700m重賞のサッポロクラシックカップで3着に入る素質馬だったことを考えると、その馬相手に0.5秒差は合格点。
距離適性も示している。

 

スタートは下手ではないが、馬なりで中段あたりをとって最後の直線での瞬発力勝負に持ち込むという、今回にはうってつけの脚質。
前半では中段で脚を溜めつつ、仕掛けどころの3~4角でまくって差すという戦法ができる。
前走では3番枠という内枠を活かして3~4角ではインを突いており、コーナリングの上手さも見せている。
今回は真ん中5番枠からの発走だが、内枠に前に行く馬が多いので比較楽にインを取れると思われる。
距離ロスなく立ち回れれば、直線ではじけることができる。

 

キャリア2戦でデビューが5月と速い馬。
前走が約3か月ぶりのレースだったので、今回は叩き2戦目となる。
その上積みも見込める。
スローペースになって前の行った行ったな展開になると厳しくなるが、平均ペース以上で流れればかなり期待ができる。
軸にすると思います。

 

6サブルドール(逃げ)
今回のメンバーで、1700m戦における持ちタイムNo.1の馬。
門別1700mは外回りコースなので逃げ馬に不利なコース形態だが、前々走はのちに重賞サッポロクラシックカップを制するラッキードリームの2着。
3着には今回出走するモリノオーシャンが入っているが、この馬に直線では一旦差を詰められるが、最後は突き放してフィニッシュしている。
マイル近辺に関しての高い適性を示した。

 

ただ、本馬は逃げられないと脆さが出る。
前走は逃げることができずに、3~4角の仕掛けどころで逃げ馬を捉えようとして失速し8着に沈んでいる。
今回は逃げ馬多数で逃げられるかもわからないが、逃げた場合にはチャンスがある。

 

予想(9/15時点)

◎5ケープホーン
〇4マーサマイディア
▲6サブルドール
△3レディブラウン

 

馬連
◎-〇▲△(3点)

 

Follow me!!

 

以上、UHB杯 第20回フローラルカップ(H3)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(明日は名古屋競馬秋桜賞の見解です)