競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【旭岳賞2020】門別2000mは1角までが長い=差し有利

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200908070345j:image
※画像はホクレンDAY開催記念プレゼント企画の画像です。詳細は下記より

keiba.rakuten.co.jp

 

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は11頭立ての4頭見解です。
それでは、ホクレン杯 第6回旭岳賞(クリエイター2賞)(H2)の出走馬見解をしていきます。 

 

旭岳賞出走馬分析

門別2000mはスタートから約470mで1角を迎える。
コーナーは4つでゆったりめで、直線は330mと長め。

ラップの速い2F目がまだ直線で、1角を迎える前に隊列が決まる。
逃げ馬からすると減速しづらく、前半で脚を使わされる。
ゆったりとしたコーナーなので、4角からのまくり差しも決められる。
逃げ・先行馬にとっては脚を溜めづらく、差し・追込有利の舞台。


1メイショウウタゲ(差し)
マイルCS南部杯のルヴァンスレーヴの3着イメージが強いのでマイル以下の印象だが、戦績を見ると1800mが一番走っている。
そういった意味では今回の2000mも適性外ではない。
門別移籍初戦が久々の勝利となったが、それ以前では2018年までさかのぼらないと勝利はない。
勝利どころか馬券圏内も2018年のマイルCS南部杯である。
長らく中央競馬に所属しているので、砂の軽い馬場を好むはずだが、歳をとって適性が変わってきたのかもしれない。
2019年以降は全く馬券に絡めておらず、6戦して5回が2桁着順となっている。
中央の砂のスピードに対応できなくなっている。
それを経ての前々走大楽勝なので、今は砂の深い馬場の方が合っているのだろう。


前走では不安要素も垣間見せた。
それは折り合い。
向正面で鞍上が抑えている姿があり、それが最後の直線で伸びを欠き5着という結果につながっている。
ただ今回は2000m戦なので前半のペースが上がりやすく、1800mよりかは折り合いをつけやすい。
最内1番枠なので前に壁も作れる。
能力はあるが折り合いは自滅の恐れがあるので抑えまで。


4ヤマノファイト(差し)
前走がホッカイドウ競馬移籍初戦。
ルールソヴァールに敗れはしたものの、着差は0.3秒と大差はついていない。
今回が移籍2戦目となるので、単純に上積みは見込めるだろう。
もともと門別でデビューし、長らく南関にいた馬だが、特に古馬になってからは川崎と船橋で実績をあげている。
古馬になっての重賞勝ちは川崎2100mの報知オールスターカップで、南関最後の勝利も川崎の2000m戦だった。
南関で砂が深いのが川崎、船橋で、軽いのが大井と浦和である。
つまり、砂の深いタフな馬場を好む馬で、それは砂の深い門別との相性の良さをも意味する。


良馬場で時計のかかる馬場になれば逆転の余地はある。
前走ルールソヴァールとは1kgのハンデ差をもらって敗れているが、馬場が稍重でタイムも1:53秒台と速かった。
さらに今回は2000mと距離が延びることで差しが決まりやすくなり、位置取りの優位性も本馬に向く。
先述したように、南関時代は2000m近辺で実績を持っているので距離延長自体もプラスである。
良馬場で時計がかかる馬場ならば、本馬を軸にする。

 

6コパノリッチマン(差し)
個人的にこの馬とは相性が悪く、毎度軽視して馬券を外している過去がある。
門別移籍後の最初の重賞である北海優駿では距離が長いと軽視し3着。
前走大井の黒潮盃では馬場が合わないと軽視し2着に入っている。
元々中央所属で全く見せ場のない状態で門別に移籍してきて、そこで連勝していたので砂の深い馬場を好むと思っている。
だが、前走の大井での好走でそれは打ち破られた。
大井競馬場地方競馬の中で比較的砂が軽くタイムが出やすい競馬場だからだ。
こうなってくると、いよいよ本馬の中央時代の凡走が意味不明になってくる。
砂の軽い中央ではダメで、門別の砂の深い馬場と砂の軽い大井には対応できる。。。
馬場は不問ということにしておこう。


2000mという距離と古馬初対決という点。
北海優駿ではスローペースを2番手だったので展開の恩恵があった。
2着のシンボが逃げ馬で本馬は3着だったので、それは着順にも表れている。
それでも勝ち馬には0.8秒差、逃げ馬のシンボとも0.7秒差と離されている。
距離適性においては1800m>2000m。
古馬は初めてで、正直今回はレベルが高い。
中央のOPを勝利した馬が2頭、南関の重賞勝ち馬が1頭いる。
中央競馬と異なり、3歳対古馬では古馬に分が出る。
それは中央からの移籍があるから。
古馬になってから地方競馬に移籍してくる中央馬はOP勝ち程度の実績を持つ猛者なので、それは交流重賞掲示板に載るくらいの力はある。
そのレベルの馬と地方所属の3歳馬が春に戦うことはほぼない。
あるとすれば大井のJDDくらい。
JDDで掲示板に載るくらいの実力があれば、元中央のOP級の馬と対等に遣り合えるが、本馬にその経験はない。
3歳馬は世代で突出した能力がないと、古馬初対決で高い評価はつけづらい。


8ルールソヴァール(好位)
中央から移籍して2戦2勝。
いずれも1:53秒台の速い時計をマークしており、勝ち方も楽勝。
前走ではヤマノファイト、ハヤブサライデン、ステージインパクトらを敗っており、1800mの持ちタイムならばこの馬だろう。
普通に考えればこの馬が今回は最も強い。


ただ不安要素がないわけでもない。
元中央馬ということで、馬場は軽いほうが良い。
門別での2戦はいずれも重・稍重と馬場が硬く、タイムの出やすい馬場状態だった。
中央の軽い砂でOP勝ちまでしている馬なので、そういった馬場を好むのは当然である。
ならば、良馬場の門別ならばどうか。
門別競馬場地方競馬の中でも時計のかかる馬場で、良馬場ならばなおさらである。
本馬はまだ門別の良馬場を経験していないので、パワー重視の馬場になった場合のパフォーマンスには疑問符が付く。


2000mの距離延長も好位からの馬なのでマイナス。
ただ200m距離が延びるわけではなく、スタートから470mが直線になるので前半のペースが上がりやすくなる。
ただでさえ距離が延びれば延びるほど差しが決まりやすくなるのに、スタートから最初のコーナーまでの距離までも延びることで、より差しが決まりやすくなる。
好位という脚質は舞台設定と相性が良くない。

稍重~重馬場ならばポテンシャル込みで軸クラスだが、良馬場or水たまりができるほどの不良馬場になればワンランク下げたい。

 

Follow me!!

 

以上、ホクレン賞 第6回旭岳賞(クリエイター2賞)(H2)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋