競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【園田オータムトロフィー2020】園田1700mは先行馬から

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200902105639j:image

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は10頭立ての5頭見解です。
それでは、第3回園田オータムトロフィー(重賞Ⅱ)の出走馬見解をしていきます。

 

園田オータムトロフィー出走馬分析

園田1700mは向正面からのスタート。
3角までは約147mと短く、前半のペースが緩みやすい。
1周1051mという小回りコースで、直線も213mと短い。
総じてコンパクトな競馬場で、ゆえに差しが決まりづらく逃げ・先行有利。


3カトゥール(先行)
前走は1400m戦で5着。
着順は良くないが、走破タイムの1:31.0は良馬場と考えると上出来。
1400m戦は4角ポケットスタートで1角までは約400mある。
それはテンのスピードが上がりやすく、ペースが上がりやすいことを意味する。
つまり、先行馬には難しい舞台。
加えて展開が流れた中を2番手で進んだので、ストレスの高い中での5着。
なので上出来だと判断した。


1700m戦はのじぎく賞で6着という実績があるが、5着のステラモナークとは0.4秒差。
この時は後方からの競馬だったが、それは他地区からの優秀な馬が多く出走してきたから。
今回は園田の中だけでの戦いなので、先行はできるだろう。
よって1700mに適した位置取り(先行)から競馬ができる。
枠も内目でコーナー6つ周ることを考えると〇。
馬券圏内までなら十分考えられる。


エイシンガネーシャ(差し)
追い込みに近い差し馬。
向正面からの追い込みで進出し、3~4角では先頭に並びかける戦法。
前走の1700m戦ではスローペースの上がり勝負で展開的には先行有利であったが、上がり最速の脚を使って勝利している。
今回は快速逃げ馬ステラモナークがいるので、確実に前走よりもペースは上がることが期待できる。
差し/追込馬の本馬にとっては走りやすくなる。


園田1700mは先行有利の舞台だが、前走で展開も向かずに勝利したことで能力を示した。
1700m×スローペースは圧倒的に逃げ・先行が有利。
なので今回も出走するポリバレントガミラスジャクソンに負けることはないだろう。
ライバルはステラモナークのみ。


ガミラスジャクソン(好位)
前走は他の馬よりも1kg斤量の重い57kgでの出走。
スローペースの恩恵と立ち回りの上手さで3着、勝ち馬とは僅かに0.1秒差だった。
1kg=約0.2秒換算すると逆転している。
直線では挟まれて窮屈になる不利もあり、その上での3着は中身が濃い。


1700mの持ちタイム1:49.0はメンバー最速。
重賞は笠松ゴールドジュニアを勝っており、砂の軽い舞台が向く。
園田ならば渋った馬場の方がパフォーマンスが高い。
タイム決着になればチャンスがある。


9ステラモナーク(逃げ)
同距離で園田クラシックの1戦菊水賞を勝利。
しかしながら、同じく同距離の牝馬限定重賞のじぎく賞では5着に敗れている。
この馬の戦績を見ると、重賞4勝と園田3歳勢でも屈指の実績を持つが、良馬場では勝利が少ない。
良馬場での勝利は名古屋での重賞若草賞(1400m)のみ。
名古屋競馬場園田競馬場に比べてタイムの出やすい競馬場で、最下級クラスの園田C3と名古屋Cクラスでは1400mの連対平均タイムが1秒違う。
馬のレベル的には園田の方が上だが、タイムは名古屋の方が速い。
つまり、名古屋の方が馬場が軽いことを意味する。


本馬は園田良馬場では4度走っているが勝利がない。
先述したのじぎく賞も良馬場だった。
馬場が渋って堅くなれば信頼のおける逃げ馬になるが、一方良馬場でタフな馬場になると脆さが出る。
園田1700mはペースを緩めやすく、逃げ馬には中距離戦にしては走りやすい舞台。
外枠なので逃げずらいが、適性的には問題ない。
当日の馬場状態次第。

10ジョウショウカーブ(好位)
JRA出身で高知を経て園田に。
中央では未勝利、高知で2勝、園田で3勝と、とにかく重い馬場が得意。
それは上がりの脚にも表れており、速い上がりが使えない。
地方競馬に移籍後、上がりで最も速かったのが39.5。
距離は1300-1700mで走っているので、距離に問わず速い脚はない。
なので、距離は長ければ長いほうが良い。
短距離だと上がりの脚も求められるが、距離が延びればスローにならなければ速い上がりは必要なくなる。
今回の1700mという距離も悪くはないが、もっと長いほうが良さそう。

ただ、今回は逃げ馬にステラモナークがおり、この馬は速い展開を好む。
なのでジョウショウカーブの望む展開が期待できる。
前走の1700m戦はエイシンガネーシャらが出走したクリスタル賞(1700m)と同じ日に行われ、勝ちタイムはそれぞれ1:53.4で同タイムだった。
本馬は斤量が1kg軽かったというのはあるが、ペースは本馬が走ったレースの方が前半が約1秒速く、タフな展開だった。
速い流れを道中3番手から差し切っているので、内容的には良い。
上がりのかかる展開になったことも味方になった。
前走を見るに、1700mの距離ならば同年代の重賞なら戦える。

 

Follow me!!

 

以上、第3回園田オータムトロフィー(重賞Ⅱ)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(明日は盛岡競馬のビギナーカップの予定です)