競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【サッポロクラシックカップ2020】門別1700mは極端な位置取りでなければOK

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200901051923j:image

※写真はホッカイドウ競馬のプレゼント企画です。詳しくは下記URLより是非!(http://www.hokkaidokeiba.net/topics/main.php?p_tcd=0000005570)

 

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は9頭立ての4頭見解です。
それでは、第7回サッポロクラシックカップ(H2)(パイロ賞)の出走馬見解をしていきます。

 

サッポロクラシックカップ出走馬分析

門別1700mはスタートから1角までが約170m。
ラップタイムが最も速くなる2F目が丸々コーナー、加えて中距離戦でもあるのでほぼ確実に展開はスローになる。
コーナーも4つあり、1つ辺りは200m=1~2角、3~4角で400mずつ。
直線は330mと長めで、コーナーもゆったりとしているので差しも決まりやすい。

早くに隊列が決まるので、スタートが上手くて好位が取れる、かつ瞬発力のある馬が強い舞台。


4ラッキードリーム(先行)
今回1700m戦で勝利経験があるのが本馬を含めた3頭。
他の2頭(シビックドライヴ、テイクアターン)には直接対決で負かしている。
また、1700m戦の持ちタイムで最も速いのも本馬。
実績的にはこの馬が最も優れている。
なので、弱点を探ってみる。


前走は芝のレースだったので参考外だが、3走前の栄冠賞(1200m)では9着に敗れている。
スタートで後手を踏み、3角では11番手(13頭立て)、4角では9番手にまで押し上げるが、直線では位置取りを上げることができずにそのまま9着でフィニッシュ。
1200mという短距離重賞ではテンのスピードが足らず、後方から差し切るほどの瞬発力もないことが分かった。
つまり、後方からの競馬では瞬発力が足らずに苦しくなるので、道中の位置取りがポイントとなる。


テンのスピードに関しては1700mに延びれば、重賞でも先行できるだろう。
前々走(1700m)の前半900mのペースは同舞台の重賞ブリーダーズゴールドジュニアカップよりも1.2秒も速かった。
そんなレースで4番手を取れている。
スタートで出遅れでもない限りは位置取りに関して問題はないだろう。
さらに今回は4番枠と内目の枠でもあるので、距離ロスなく立ち回ることもできる。
前々走では2番枠から内々を周って勝利しているので、この馬にとっては内枠の方が良い。
不安要素はスタートだけだろう。


ノットリグレット(差し)
前走は重賞ブリーダーズゴールドジュニアカップ(1700m)で勝ち馬にタイム差なしの2着に好走。
ラッキードリームが勝利した1700m戦よりも前半900mが1.2秒も遅い流れで勝ち馬も逃げ馬だったように、ペースが緩く先行有利の展開を道中9番手から2着にまできている。
もう少しペースが流れていれば、逆転も十分ありえた内容だった。
コーナーからのまくりができるので、差し馬にしては展開に左右されづらい。
前走は3角8番手から、外々を周って4角3番手まで押し上げている。
まくり差しにより、ある程度位置取りはカバーできる。


また先行有利な1700m戦であるが、今回救いは9頭という少頭数。
差し馬の本馬にとっては、馬群を捌きやすく競馬がしやすい。
後方からの競馬はベストポジションではないが、少頭数ということと、まくり差しで上位には食い込めるはず。

 

トランセンデンス(差し)
前走で戦ったノットリグレットとの逆転は考えづらい。
同じような脚質で、前走は後方・外側から差されている。
かといって、内容的に悪いわけではなかった。
上がり3Fの脚に関してもノットリグレットよりも0.1秒遅いだけで、走破タイムもわずかに0.1秒差。
能力に関しては間違いなくある。


ただ差し馬なので1角までの距離が短くペースが落ちやすい1700m戦は若干合っていない。
能力的にも、適性的にも悪くはないが最上位にはいない。

シビックドライヴ(先行)
1700m戦は3戦2勝。
勝利時は3番手の好位から、敗戦時は中段からの競馬となっている。
スタートが速いわけではなく、そこからのダッシュ力で位置を取るタイプなので、好位を取るにあたっては枠が重要となる。
内枠だと馬群が押し寄せてきて包まれてしまう可能性があるが、外枠ならその心配はない。
実際に勝利した2戦はいずれも外枠で、敗れた1戦は内枠だった。
今回は9頭立ての7番枠なので、この馬にとっては好位を取りやすい枠に入れた。
本来1700m戦は外枠不利だが、本馬の場合はそれでも外枠の方が良い。
自分の力を発揮できれば、持ちタイムではラッキードリームに次ぐ2位のタイムを持っているので、馬券圏内は十分考えられる。

 

Follow me!!

note.com

 

以上、第7回サッポロクラシックカップ(H2)(パイロ賞)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(明日は園田競馬の園田オータムトロフィーの見解です)