競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【リリーカップ2020】門別1200mで3歳牝馬限定戦なら差しでしょう

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は絞って絞って4頭見解です。
それでは、HTB杯 第17回リリーカップ(H3)の出走馬見解をしていきます。

 

リリーカップ出走馬分析

門別1200mは向正面スタートで3角までは約470mと長い。
門別1000mとは大きく傾向が異なる。
レースラップで最も速い2F目が1000mは3角で、1200mはまだ直線だからである。
前半でペースを落とすことができる1000mは先行有利となるが、1200mは前半で速い流れになりやすいので差しも効く。
また今回は牝馬2歳限定重賞なので、まだ身体が出来上がっていないということもあり体力がない。
よって、差し優勢と考える。


今回は1200mという短距離戦なので前半のペースが重要となる。
おそらく逃げ馬はトンデコパで、この馬が同距離で重賞の栄冠賞(重)では前半2Fを22.5で逃げている。
このラップタイムを基準に好走馬を探っていく。



3ソロユニット(好位)
1200mの持ちタイム1:13.8(稍重)はメンバー中最速。
その前走(1200m)は前半2F22.7というペースを2番手から勝利。
トンデコパは重馬場で前半2F22.5だったが、本馬の前走は稍重で22.7なので、おおよそ前走と同じようなペースで今回も流れると思われる。
したがって、前走のようなパフォーマンスが期待できる。
今回は3番枠と内目の枠も引けたので、3~4角でも距離ロスなく進めるという点では、前走(6番枠)以上である。
不安要素は限りなく少ない。


好位からの差し馬だが馬なりで好位を取れるタイプなので、門別1200mという差し優勢の前走でも結果を残せた。
トンデコパが極端な逃げを打ってリズムを崩される可能性があるのが唯一の不安要素。



4ブルーカルセドニー(差し)
前走(1200m)は良馬場の中、前半2F22.7という速いペースを6番手で追走。
8番枠ながら内ラチ沿いをうまく立ち回り、上がり3位の脚を使って2着に好走。
良馬場で前半2F22.7というペースは非常に速い。
なので6番手からの差しは展開の恩恵も否めないが、そのペースに耐えられたことは大きな収穫。
重賞の今回も崩れることなく能力を発揮できるだろうと思われる。


2走前には牝馬限定重賞のフルールカップ(1000m)勝ち馬マーサマイディアに0.6秒差の3着にも入っており、戦ってきた相手のレベルも高い。
差し有利の1200m戦で中段差しという脚質は非常に相性が良い。
不安要素としては、持ちタイムが稍重馬場で1:14.8と遅めなので良馬場向きの可能性が否めないことくらい。

 

7レーヴプルーヴ(差し)
前走は重賞のフルールカップ(1000m)。
前半2F23.3という速い流れ(1000m戦は2F目が3角に入るので1200mよりも遅くなる)を7番手で追走し、外枠11番ということもあり3~4角では外々を回されている。
それでも上がり3位タイの脚を使って6着。
1,2着とは離されたが、3着とは0.3秒差だった。


前走はスタートで出ムチを入れていたが、今回は200mの距離延長がされるので、前半で無理をする必要性が薄れる。
さらに枠も真ん中の7番枠を引けたので、外々を回される必然性が高かった前走に比べればレースは確実にしやすい。
1200mは初めてだが、テンのスピードと脚質を考えれば1000mよりも1200mの方が合っている。


10レディブラウン(好位)
前走(1200m)は前半2F22.3(稍重)と比較的ゆったりとした流れを好位3番手から追走。
展開に恵まれ、内ラチ沿いの距離ロスのない進路取りをするも結果は上位3頭に離された4着だった。
前々走も内枠からラチ沿いを走り2着に好走している。
今回は外目の10番枠。
これがネックとなりそう。
ここ2戦は立ち回りと展開に助けられてたが、今回はペースも上がるであろうし、枠も外。
抑えておく必要はあるが、重い印は不要に思う。

 

Follow me!!(いつかnoteに統合しようと思っています)

 

以上、HTB杯 第17回リリーカップ(H3)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋
(明日は笠松競馬の岐阜金賞の予定です)