競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【スパーキングサマーカップ2020】川崎1600mは差し馬から

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200824090741j:image

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は7頭見解です。
それでは、日刊スポーツ賞 第17回スパーキングサマーカップ(SⅢ)の出走馬見解をしていきます。

 

皆様の予想をする上での参考として、見解を楽しんでいって下さい。

地方競馬(KEIBA.GO.JP)のHPからレース映像を見る方法 - club keiba

 

スパーキングサマーC出走馬分析

川崎1600mは1角まで500mと長い。
つまり、前半のペースが落ち着きづらく脚を使わされる舞台。
川崎競馬場の特徴はカーブがきつい小回りコース。
また、砂が深く力のいるコースでもある。
以上から、パワー型の差し脚質でコーナリングが上手い馬が好走しやすい舞台である。


2ブラックジョー(先行)
JRAからの移籍馬で、OP級にまでなった馬。
南関移籍初戦の3走前は折り合いを欠きながらも2着、その後は連勝して今回を迎える。
ここ2戦で1500m戦を使っているので、ペースという点ではマイル重賞でも対応できるだろう。
ただ、中央時代から1400m以下で活躍してきた馬なので、100mの距離延長だが距離適性に不安がある。
中央時代は1200mと1400mでそれぞれ2勝、1300mで1勝という成績。
抑え程度にといった感じ。


4ヒカリオーソ(好位)
前走マイルグランプリ(大井1600m)では4角でパタッと止まってしまい10着に敗れている。
能力というよりかは精神的な問題があるように思う。
今年に入って川崎記念で2着にも入っているように、能力面では疑う余地がない。
川崎適性も、南関では最も得意な競馬場だろう。
しかしながら、前走の4角での止まり具合を見てしまうと、川崎1600mという条件でも買えない。


6ハルディネロ(逃げ)
今回は比較的逃げやすい。
逃げ馬をぴったりとマークする好位馬が有力馬におらず、ハナの取り方次第では逃げ残ることができるだろう。
前走スパーキングサマーチャレンジ(1600m)では楽にハナを切って勝利。
川崎競馬場は初めてだったが、2着に1.2秒差と高い適性を見せた。
今回は乗り替わりでテン乗りの岡部騎手になるので、おそらくは前走のレースプランを踏襲するものと思われる。
6番枠と比較的逃げやすい枠にも入った。
川崎1600mは逃げ残りづらいコース設計で、かつ古馬との重賞は初挑戦というハードルの高さだが、馬券内ならばチャンスはある。

 
10リンゾウチャネル(差し)
中距離馬だが2走前にマイル戦の京成盃グランドマイラーズで2着に好走。
この時は道中6~8番手で進み、3~4角では内ラチ沿いをうまく走り、距離ロスなく立ち回れたことが好走につながっている。
これを踏まえると、内枠3番だったことも大きかったと思われる。
今回は外目の10番枠に入ってしまった。
前走は川崎2000mという距離もあり、かなり楽なペースで逃げている。
400mの距離短縮でペースへの追走という懸念もあり、外枠も加えて懸念点が多い。


11トロヴァオ(差し)
直近は砂軽い大井、浦和で走っていることが多いが、実は川崎との相性は良い。
JpnⅠ全日本2歳優駿の4着を除き、重賞では3着以内を1度も外していない。(0-3-1-1)
昨年のこのレースも2着に入っている。
前走マイルグランプリ(大井1600m)では8番枠から道中は5番手追走、4角では大外を回されグレンツェントと併走して直線を迎えている。
追い比べて敗れて4着になるものの、グレンよりも外を回してグレンと0.2秒差なら挽回の余地がある。
今回は斤量差があるからだ。
本馬が57kg、グレンツェントは58kgと1kg差がある。
1kg=約0.2秒差といわれているので、その差がちょうど埋まる計算となる。
外目の11番枠に入ってしまったが、差し馬なので前半でそこまで脚を使うことはないので、先行馬に比べれば影響は少ない。
前走も重い印を打ったが、引き続き期待できる。


12リッカルド(好位)
ある程度位置を取る競馬をするので、外枠はレースがしづらい。
前半で脚を使わされることが想定され、特に1~2角で外を回される確率が高い。
3走前に今回と同じ舞台の川崎マイラーズで2着に好走しているが、その時は内枠2番だった。
適性面では船橋や川崎といった砂の深いコースを得意としているので問題ないが、枠的に割引が必要。
軸には置きづらい。

 

軸馬(1頭)

グレンツェント(差し)
今回マイル重賞で実績のある馬が外枠に入ったので、9番枠ながら悪くない枠といえる。
本馬はコーナリングが上手で、コーナーからのまくり差しを得意としているのでカーブがきつい川崎コースとの相性は良い。
実際に3走前に川崎マイラーズで勝利している時も、内枠4番から内ラチ沿いをうまく回っている。
前走のマイルグランプリ(大井1600m)も前々走の京成盃グランドマイラーズ(船橋1600m)でも外々を回らされていながらも結果を残している。
リッカルドには前走・前々走で外を回して先着、リンゾウチャネルには前々走で外からかわしている。
トロヴァオには前走内から差して先着しているが、これらの相手が皆本馬よりも外枠なので、レースがしやすいのは本馬である。
内枠ならもっと信頼が置けたが、この枠の並びなら9番枠でも十分。

 

予想について

予想は見解の答え合わせ、競馬の醍醐味でもあります。予想は当日になるのでTwitterにて公表しています。気になる方はそちらをぜひ!
またnoteをフォローしていただくと、あなたのマイページに僕の記事が表示されますので、いち早く記事を読むことができます。
予想を見るならTwitterを、記事を読むならnoteをフォローして頂けたらと思います。
Follow me!!

 

以上、日刊スポーツ賞 第17回スパーキングサマーカップ(SⅢ)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋