club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】皐月賞(2018)本命はデータを覆すこの馬

 友だち追加

どーも、今年の皐月賞イタリア語の馬名が多い。

ぺちです。

 

16頭中3頭にイタリア語が使われてるんですね。

3頭だけかよ!とも思いますが、競馬とイタリアってあんまり所縁がないように思うんですよね。

例えば、英語や仏語で馬名をつけるのは、競馬発祥の地イギリスに思いを馳せるであったり、仏語なら日本の悲願の凱旋門賞を意識しているとか、なんとなく理由が思い浮かぶんですけど、イタリアって、、、って思っちゃいます。

競馬とイタリアで思いつくのなんてデムーロ兄弟くらいなもんですよね。

「この仔には是非デムーロさんに乗ってもらいたい」みたいな想いからイタリア語にしてたら面白いんですけどね。

ちなみに3頭とは、エポカド―ロ(伊語で黄金の時代)、ジェネラーレウーノ(伊語で一番の将軍)、ステルヴィオ(伊語でイタリアの国立公園名)です。

マイネルファンロン(冠名+繁栄(中国語))なんて中国ですからね、もっと関係ない(笑)

調べてみると外国語で結構面白い名前のお馬さんが見つかったりするので、予想の箸休めにでも馬名の由来を見てみるのはいかがでしょうか。

 

 

皐月賞予想

さて、本題の皐月賞予想です。

 

◎ステルヴィオ

〇ジャンダルム

エポカドーロ

ワグネリアン

馬連◎-〇▲△

合計3点

 

予想のポイント

①差し有利

②マイル適性

③重馬場適性

 

①差し有利

過去のレースから逃げそうな馬がアイトーン、ケイティクレバ―、ジュンヴァルロあたりで、ジェネラーレウーノやサンリヴァルが続くと想定すると、逃げ馬が多いのでペースは上がると思います。

土曜の山藤賞(3歳芝1800m)を見た限りではスローペースで差し馬が上位に来ていたので中段差しが有利なのかなと思います。

②マイル適性

距離適性ですが、近年の皐月賞はマイル適性のある馬が人気以上の着順になることが多いです。

なので、マイルでの実績がある馬は評価を高くしています。

③重馬場適性

当日は雨予報なので重馬場適性のある馬はプラス評価です。

 

◎ステルヴィオ

本命はステルヴィオにしました。

ジャンダルムとかなり迷ったんですけど、重馬場経験がある(コスモス賞、1着)ことと持ちタイムがジャンダルムより良いという点でステルヴィオにしました。

実績、ローテーション、調子、持ちタイム、馬場適性、コース適性どれをとっても

不安材料は位置取りと距離適性、生まれ月(笑)ですね。

スタートが良くはなってきているものの、うまいとは言えないので発馬しだいで後方になってしまう恐れがあります。

ただ差し脚はありますし、中段あたりにいてくれれば勝機はあるでしょう。

2000mの経験がなく父親が名スプリンターのロードカナロアですから、距離の不安は多少ありますが、前走スプリングSを見る限りではこなしてくれると感じます。

1月生まれは皐月賞に勝てない説は、打ち破ってくれる方に期待しました。

 

〇ジャンダルム

対抗はジャンダルム。

こちらは調教が一番よく見えたこと、マイル適性があること、位置取りも先行~中段を取れることがプラス材料です。

気になるのは持ちタイムがないこと、重馬場経験がないこと、重馬場になった場合の2000mが持つかどうかということ。

特に重馬場となった場合の2000mが持つかは、母が名スプリンターのビリーヴですから気になるところです。

外国産馬なので馬場は何とかなると思いますし、マイルの持ちタイムも母がビリーヴなのでスピードはあると思いますので大丈夫でしょう。

 

エポカド―ロ

3番手評価はエポカド―ロ。

こちらの馬は可もなく不可もなくといった印象。

新馬戦で連対できていないので、その後の成長力で周りに追いついたのだとすると、

化けてもおかしくはありません。

全て平均的に良くて欠点のないタイプ。

ゆえに勝つにはもうひと押しが足りないって感じがします。

大きく人気を裏切るってことはなさそう。

 

ワグネリアン

4番手評価がワグネリアン

おそらく1番人気になるであろう馬なので実力、直線での瞬発力は他馬を圧倒しているのですが、懸念点が多いです。

まず折り合い。

調教でも折り合いを意識した走りをしていましたし、陣営もテンションの高さを気にしたコメントを多く残しています。GⅠでそれがどう出るかとジョッキーがうまくコントロールできるかは不安です。

次にエンジンのかかりが遅いこと。

前走の弥生賞でも4コーナー手前ぐらいから鞭をいれて追っているのに対し全然反応せず、直線残り200mくらいでやっとエンジンがかかって瞬発力を発揮していました。

今回は多頭数にもなるので、エンジンのかかりはかなり不安要素になると言えます。

ただ、エンジンがかかってからの瞬発力は他馬を寄せ付けない力強さがあるので、連対まではあるかなと思っています。

 

キタノコマンドール(無印)

キタノコマンドールは消しました。

キャリアが浅いこと、2000m以上でしか走ったことがないこと、位置取りが後方になりそうなこと、前走すみれSが皐月賞と直結しないこと、が消した要因です。

デムーロ乗り替わりだけが気になるところですね。

 

買い方

◎ステルヴィオは勝ち負けではあると思いますが、1月皐月賞馬なれない説が僕の脳裏にちらつくので馬連にしました。

また、今回は人気決着だと考えているので、点数を絞ってその分厚く買おうと思っています。 

まとめ

大本命ダノンプレミアムが回避したことによって、混戦模様になりましたが、馬券的には面白くなったと言えます。

今年の3歳世代は全然荒れないので今回も荒れないことを祈ります。

 

◎ステルヴィオ

〇ジャンダルム

エポカドーロ

ワグネリアン

馬連◎-〇▲△

合計3点

 

以上、皐月賞最終予想でした。

読んでくれてありがとう。

ぺち

友だち追加