club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】ダイヤモンドS(2019)~you can do it!!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

 

まずは血統傾向から。

と言いたいところですが、特に傾向はありません。

このレースにめっぽう強かったフェイムゲームハーツクライ産駒ですが、今回ハーツ産駒は1頭もおらず。

今回は血統よりも長距離適正に着目したほうが良さそうです。

 

血統よりも注目したいのが騎手。

長距離戦は騎手の腕が中距離以下のレースよりも影響することが多いです。

展開を読む力、仕掛けどころ、ペース配分など、騎手の腕の見せ所が多いのが長距離戦です。

このレースで好走が多いのが、蛯名さんと戸崎さん。

蛯名さんは直近5年で2着1回、4着2回の安定感のある騎乗ぶり。

戸崎さんは2着1回に5着2回。

 

またこのレースは外枠がなぜか好走していて、8枠が過去10年で(3-3-2-12)で勝率から複勝率までトップ。

勝利数は1~4枠が3勝、5~8枠が7勝と圧倒的ですので、外枠有利とみて良いでしょう。

 

ここら辺を踏まえて第69回ダイヤモンドステークス(GⅢ)の最終予想をしていきます。 

 

ダイヤモンドS予想

◎ユーキャンスマイル

〇ソールインパク

▲ララエクラテール

☆カフェブリッツ

 

※出走馬適正分析でレースへの適正、最終追い切り分析では調教内容を詳しく分析していますので、ここではその詳細は記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【データ】ダイヤモンドS(2019)出走馬適正分析~天皇賞(春)には結び付きづらいが~競馬予想ブログ - club keiba

【調教】ダイヤモンドS(2019)最終追い切り分析~長距離戦の追い切りはまだ試行錯誤中~競馬予想ブログ - club keiba

◎ユーキャンスマイル

【血統:◎】父キングカメハメハ×母父ダンスインザダーク

父キンカメは一昨年2着のラブラブライト(6人気)、4着のトウシンモンステラ(14人気)を輩出している。

母父ダンスはこれまた一昨年の勝ち馬アルバートの母父です。

父も母父もこのレースに馴染みのある血統です。

【総評】

前走万葉S(1人気2着)は勝ち馬ヴォージュに大逃げを決められての敗戦、実力というよりも騎手の腕の差によって負けた印象です。

前走と同じ負け方はしないと思うので、大逃げを許して負けるということは考えづらいです。

となるとこの馬の負ける姿が想像できず、ガチガチの1人気ですが本命にします。

ダイヤモンドSは3400mの長距離戦といえど東京コースで直線が長いのでしまいの瞬発力も求められます。

この馬は直近3走、しかも菊花賞を含めて上がり最速をマークしていますので、しまいの脚は問題なし。

3走前には新潟コースで勝利しているので左回りの経験もありますし、好走枠の8枠にも入れました。

ここは負けられない、というか負けないでしょう。

 

〇ソールインパク

【血統:▲】父ディープインパクト×母父ダンジグ系

この馬自身が昨年の3着馬。

ディープ産駒は過去10年でみても(0-1-3-8)と勝ち馬がおらず、2着馬も1頭のみ。

そこまで相性が良いとは言えません。

母父ダンジグ系もステイヤー血統ではないので良くはないでしょう。

【総評】 

東京巧者で(2-1-6-4)と3着が多いものの複勝率は69.2%を誇ります。

昨年の3着馬で、目黒記念もウインテンダネスに0.3秒差の5着と東京コースなら重賞でも戦える実績を持っています。

豪州からの海外帰りで状態が気になるところですが、最終追い切りを見る限りでは目黒記念時の状態くらいにはあると思えたので印を打ちました。

スタミナがありながら上がりの瞬発力も使える馬ですので東京コースでの長距離戦はうってつけ。

本命馬は強いですがそれ以外の馬は大差ないと思っているので、状態面が良くてコース適正を踏まえると好走が期待できます。

 

▲ララエクラテール

【血統:〇】父ステイゴールド×母父ボールドルーラー

3年前の勝ち馬トゥインクルは同じステイゴールド産駒。

母父ボールドルーラーはダート血統ですのでパワーはありますがスタミナはどうか。

このレースの過去の好走馬では見当たりません。

【総評】

出走馬適正分析、最終追い切りともに高評価にはしなかった馬ですが穴ならこの馬かと思います。

その根拠は近走と斤量。

3走前の古都S(5人気5着)では同レース4着で今回のレースにも出走するグローブシアターに0.2秒差をつけられています。

ここからの差分を考えたいと思います。

この時の鞍上はララが和田さんでグローブはミルコ、斤量は同じ57kgでした。

今回は鞍上がララ:戸崎さん、グローブ:浜中君なのでダイヤモンドSなら戸崎さんに分があるでしょう。

また今回は斤量がララ:51kg、グローブ:55kgと4kgも差があり、430kg台の軽量馬のララからすると斤量が軽いのは大きなアドバンテージです。

京都が得意なグローブシアター、東京で実績がないものの同じ左回りの中京で2勝しているララエクラテール

この馬は直近2走でともに上がり3位としまいの脚もあります。

以上を踏まえると、今回の舞台設定ならチャンスがありそうです。

 

☆カフェブリッツ

【血統:〇】父マンハッタンカフェ×母父ヌレイエフ系

父は菊花賞天皇賞・春を制しているステイヤー

産駒は非根幹距離に強く、3400mはどちらにも当てはまるのでこのレースへの実績はないものの相性は良さそう。

母父は昨年の4着馬リッチーリッチーの母父に入っている。

【総評】

鞍上蛯名さんが大きな魅力です。

鞍上は昨年暮れのステイヤーズSを勝っていますし、直近の重賞50勝のうち11勝が2400m以上、2200m以上だと19勝にも上ります。

これほどまでに長距離戦に強い騎手はいないのではないかと思うくらい成績が良いです。

馬自身も前走が初めての長距離戦で4着と好走、前々では初めての芝でのレース(1800m)で勝利しています。

最終追い切りでもしまいの瞬発力を確かめるような内容で、東京コース用に仕上げられていると思います。

斤量も前走から据え置きですし、前走以上の結果が期待できます。

マンハッタンカフェ産駒の長距離実績と非根幹距離適性も良い意味で不気味です。

 

買い方

◎ユーキャンスマイル

〇ソールインパク

▲ララエクラテール

☆カフェブリッツ 

 

馬単

◎→〇▲☆

計3点

 

ユーキャンが単勝1倍台になりそうなので、点数を抑えないとガミりますので3点で。

 

消した人気馬

グローブシアター

ララエクラテールのところで記載した通り、舞台設定が合っていないように思います。

斤量が55kgでハンデを背負いますし、東京コースは瞬発力勝負になると分が悪いので苦手コース(0-0-0-2)、最終追い切りも芳しくありませんでした。

鞍上の浜中君も長距離戦のイメージがなく、実際に2400m以上の重賞勝利は菊花賞スリーロールスオークスミッキークイーンの2勝のみ。(重賞は40勝)

ユーキャンを上回りことは考えられませんし、ララエクラテールにも分が悪いと思い消しました。

 

予想を終えて・・・

今週はGⅠフェブラリーSに重賞3つで予想が大変ですね(笑)

ダイヤモンドSは出走頭数が少ないのでまだやりやすかったですが。。。

本命のユーキャンスマイルはここでしっかり勝って善戦マンの匂いを払拭したいところ。

ローテなのか何なのか、天皇賞・春へは結び付きづらいレースですが重賞ウイナーの肩書を手に入れるのはどの馬か!?(1頭だけ重賞勝ち馬いますが)

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

東京3400m適正:4

最終追い切り:2

血統 :1

騎手:3

 

以上、第69回ダイヤモンドステークス(GⅢ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますので登録よろしくお願いします。