club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】青葉賞(2019)~サトノラディウス!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

今回も【血統】【騎手】【枠順】の傾向から見ていきます。

 

【血統】

ディープインパクト産駒

サドラーズウェルズ持ち

 

過去3年の5着以内馬で見ると、約半数の7頭がディープ産駒。

先週の3歳500万下の2300m戦でもワンツーフィニッシュを飾っている。

サドラーズウェルズ持ちは過去3年に5頭いて、2016年は勝ち馬を、2017年には2,3着馬を輩出している。

 

【騎手】

注目騎手:ルメール三浦皇成

 

ルメールはドバイ以前・以後で成績が如実に変わった。

おそらくだがアーモンドアイを最優先に考えているため、ドバイ以前はけがや騎乗停止を恐れて無理な騎乗はしなかったのではないかと思われる。

ドバイ以降は桜花賞皐月賞とクラシック2連勝中、というよりドバイ以降のGⅠは全てルメールが勝っていることになる。

もう一人、注目なのが三浦皇成

今年は全国レーディング7位、関東リーディングでは2位につけている。

昨年は全国で16位、関東で5位だったことを考えると今年は調子が良い。

 

【枠順】

過去10年ですべての枠で勝利があるように、枠の有利不利は少ない。

 

ここら辺を踏まえて第26回テレビ東京青葉賞(GⅡ)の最終予想をしていきます。 

 

青葉賞予想

◎サトノラディウス

〇リオンリオン

▲キタサンバルカン

△ウーリリ

 

※中間追い切り、最終追い切り分析については、ここでは詳細を記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【中間追い切り】青葉賞(2019)調教分析~マコトジュズマル!~競馬予想ブログ - club keiba

【最終追い切り】青葉賞(2019)調教分析~サトノラディウス!~競馬予想ブログ - club keiba

 

◎サトノラディウス

【血統:◎】父ディープインパクト×母父Danehill Dancer

父はこの舞台大得意。

母父はデインヒル系でこのレースとあまりなじみはないが、母の牝系にはサドラーズウェルズがいる。

ディープもサドラーも持つ、非常にレースと相性の良い血統を持つ。

【特徴】

・直線が長いほうが良い

新馬戦で上がり33.4で勝利しているように瞬発力があり、2勝目を2400m戦であげているようにスタミナもある。

ただ前走の弥生賞で露呈したのがコーナリング技術の低さ。

前走は3角から4角にかけてペースが上がったが、そこで後れを取ってしまっている。

勝利した梅花賞でも5頭立ての少頭数ながら4角では膨らんでしまっていたので、ここはまだまだ改善の余地があるだろう。

現状は直線が長くコーナーで加速する必要のないコースが良い。

そういった意味では東京コースは向いている。

 

・ワンターン向き

緩急のある展開よりも、一定のペースでよどみない展開の方が向く。

3走前の葉牡丹賞がまさにそのようなレースだったが、コーナリングがいまいちな割には見せ場を作って3着に入れている。

青葉賞は近年意外と平均ペースで流れることが多く、上がりも34秒台があれば足りる。展開面でもこの馬に向きそうだ。

 

・高速馬場も〇

新馬戦は秋の東京開催で勝利しているので高速馬場は不問。

 

〇リオンリオン

【血統:〇】父ルーラーシップ×母父クロフネ

エアグルーヴトゥザヴィクトリーなどが入っている超良血馬。

ここ2年の勝ち馬に共通するのがトニービン持ちということだが、この馬は父系にそれを持つ。

父はキンカメ系だが、キンカメ系はこのレース苦手。

母父はヴァイスリージェント系でマイル型ノーザンダンサー、このレースとは相性はいまいち。

【特徴】 

・前走ハイレベルなメンバーの中勝利

前走大寒桜賞ではルヴォルグ、サトノソロモンなど素質馬が揃ったレースだったが、絶妙のペースで逃げて勝利をしている。

逃げ馬なので直線は短いほうが良さそうなのだが、この馬の場合は逆で直sンの長いほうが結果を残している。

2勝は京都外回りと中京コース。

東京コースも向くはず。

 

・逃げの内枠

前走は初めて逃げて勝利をした。

鞍上は引き続き横山典さんのなので、きっと今回も逃げるはず。

枠も2番枠と逃げ馬としては絶好の枠を引けた。

脚質で被っている馬がいないのでマイペースで逃げれば、前走の再現も可能だ。

 

▲キタサンバルカン

【血統:◎】父ルーラーシップ×母父アグネスタキオン

父はトニービン持ちのキンカメ系。

母父はダート向きな種牡馬ではあるが、母の牝系にはサドラーズウェルズがいるので血統とレースとの相性は良い。

【特徴】

・スパッと切れる瞬発力

この馬の武器は瞬発力。前々走葉牡丹賞では上がり最速の34.1、同2位が34.5なので0.4秒の差がある。

前走も上がりは2位の33.7だったが、勝ち馬が強すぎた(上がり1位の33.4) 。

上がり3位が34.0なので、3位とは0.3秒差をつけている。

今回も上がりの脚なら上位である。

 

・エンジンのかかりが遅い

瞬発力はあるのだが、エンジンのかかりが遅いのが難点。

なので取りこぼしが多い。

前々走葉牡丹賞でもあと100mあれば差し切っているような伸び脚であったが、それでも結果は4着なので、仕掛けどころが重要となりそう。

直線の長い東京コースでのレースというのは、弱点を少しは補えるコースだといえる。

前走ゆりかもめ賞は今回と同じ東京2400m戦だったが、ここでも最後は勝ち馬に差を詰めていた。

鞍上の腕が試される馬。

 

△ウーリリ

【血統:〇】父ディープインパクト×母父フレンチデピュティ

全兄はマカヒキ(2016年ダービー馬)なのでコース適性は高い。

青葉賞と相性の良いディープ産駒で、母父は東京に強いクロフネと同じヴァイスリージェント系。

相性は良いほうだろう。

【総評】

抑えとして入れておく。

重賞で好走している馬がこの馬とランフォザローゼスくらいしかおらず、後者は3か月の休み明けなので、叩き2戦目という臨戦過程を踏まえてもウーリリは上積みが期待でき、実績面でも他の馬をリードしている。

キャリアが浅いのでまだ伸びしろもあるだろうし、何といってもマカヒキの全弟なのでこの舞台は合うはず。

追い切り内容的には前走の毎日杯時の方が良かったが、ポテンシャルと臨戦過程を考えると上位に来てもおかしくはない。 

 

買い方

◎サトノラディウス

〇リオンリオン

▲キタサンバルカン

△ウーリリ

 

馬単

◎→〇▲△

計3点 

 

予想を終えて・・・

血統面ではディープ産駒でサドラー持ちのサトノラディウス、追い切り面でもサトノラディウス、適性面ではゆりかもめ賞を好タイムで2着に入ったキタサンバルカンがそれぞれの最高評価となりました。

サトノラディウスは血統と追い切りの2冠達成です。

適性はキタサンバルカンですが、サトノラディウスも悪くはないので、前走大敗で人気落ちの今回はねらい目だと思います。

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

東京2400m適正:3

中間・最終追い切り:4

血統 :2

騎手:1

 

以上、第26回テレビ東京青葉賞(GⅡ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!