club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【調教】阪神牝馬S(2019)最終追い切り分析~アマルフィコースト!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

今年の阪神牝馬Sの目玉といえばラッキーライラックです。

阪神では阪神JF勝利を含む3戦2勝2着1回と抜群の成績を誇ります。

その他にも強い4歳世代が並び、ミッキーチャーム、カンタービレ、サトノワルキューレといった面々が顔を並べます。

ただ、追い切りで良くみえたのはこれらの馬たちではありませんでした。 

京都牝馬S組とポートアイランドS組です。 

 

今回はそんな第62回ウオッカ追悼競走 サンケイスポーツ阪神牝馬ステークス(GⅡ)の最終追い切り分析です。  

 

阪神牝馬S最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

 

アマルフィコースト

京都牝馬S最終:栗東/坂路/良/4F53.1-11.6【単走一杯】

阪神牝馬S最終:栗東/坂路/良/4F50.9-12.1【単走一杯】

 

前走13人気で勝ち馬に0.1秒差の3着と好走した京都牝馬Sとの比較。

その時と比較して今回は全体時計では1.2秒速く、ラスト1Fでは0.5秒遅れている。

この馬は先行馬なのでラスト1Fの瞬発力よりもスピードの持続力が重要。

なので全体時計に重きを置くと、前走から1.2秒のタイム短縮は素直に評価できる。

今回は坂路の自己ベストのタイムでもあり、状態面の良さが窺える。

前走で重賞のめども立ったと思うので、引き続き好走が期待できる仕上がり。

仕上がり:95%

 

ミエノサクシード

ポートアイランドS最終:栗東/CW/良/5F67.5-52.6-12.4【単走馬なり

阪神牝馬S最終:栗東/CW/良/4F52.9-11.6【単走馬なり

 

今回と同じ阪神マイル戦で勝利した古馬OP戦ポートアイランドS最終追い切りとの比較。

ほとんど同じメニューでの比較なので分かりやすいが、全体時計で0.3秒の遅れ、ラスト1Fでは0.8秒速かった。

ミエノサクシードは差し馬なのでラスト1Fの瞬発力に注目した。

馬なりでラスト1F11.6は単純に優秀だし、勝利したポートアイランドS時と追われ方が同じで速いタイムなので、単純にその時以上の走りが期待できる。

馬なりでタイムが良い=馬自身に走る気持ちが強く前進気勢があると考えられるので、レースに向けての仕上がりは上々といえる。

仕上がり:90%

 

リバティハイツ

ターコイズS最終:栗東/坂路/重/4F54.7-12.0【単走馬なり

阪神牝馬S最終:栗東/坂路/良/4F53.4-12.2【2頭併せ一杯】

 

古馬牝馬重賞戦で勝ち馬に0.1秒差の2着に好走したターコイズS最終追い切りとの比較。

前走京都牝馬Sこそスタートでダッシュがつかずに道中は11番手と後方からの競馬となったが、本来この馬は先行馬。

なので追い切りでは全体時計に着目した。

好走したターコイズSよりも今回は全体時計では1.3秒速く、ラスト1Fは0.2秒の遅れ。

ターコイズS時は馬場が重で追われ方も馬なりとタイムの出ずらい環境で、逆に今回は良馬場の一杯追いなのでタイムが出やすい環境ということを考慮しても、全体時計で1秒以上も速いのは好感が持てる。

今回は併せ馬もつけているが、きちんと先着できているし追ってからの反応も良かったので仕上がり状態は良好だろう。

仕上がり:85%

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

アマルフィコースト      :95%

ミエノサクシード          :90%

リバティハイツ             :85% 

 

データ分析・最終予想も併せてぜひっ!

【データ】阪神牝馬S(2019)出走馬適性分析~ラッキーライラック!~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】阪神牝馬S(2019)~ラッキーライラック!~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第62回ウオッカ追悼競走 サンケイスポーツ阪神牝馬ステークス(GⅡ) 最終追い切り分析でした。

読んでくれてありがとう!