club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【データ】阪急杯(2019)出走馬適正分析~阪神開幕週の馬場はどうなっているか~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。   

 

今週から中山・阪神開催が幕開けます。

中山では中や記念から始まり、弥生賞スプリングSの牡馬クラシック前哨戦が。

阪神ではチューリップ賞をはじめとした牝馬クラシック前哨戦、そして大阪杯(GⅠ)も行われます。

いよいよクラシック出走馬が固まりだす開催でもありますので注目していきましょう!

 

さて今回は第63回阪急杯(GⅢ)の出走馬適正分析です。 

 

阪急杯適正分析

ダイアナヘイロー

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日の最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:◎】

戦績の波が激しい馬ですが近走は安定している。

前走阪神Cでは久々の勝利、今回も出走するミスターメロディ、スターオブペルシャ、ダイメイフジやGⅠ馬ジュールポレール、ケイアイノーテック、レッドファルクスといった馬を完封。

前々走京阪杯でも3着と善戦している。

道中1~2番手で追走できると好走することが多く、GⅠを除くと(7-3-1-3)と好成績をあげている。

戦績の波は道中の位置取りに起因するのかもしれない。

【コース適性:◎】

前走阪神Cは全く同じ舞台で、昨年の阪急杯も制している。

1400mでは上記重賞2勝、開幕週の阪神小回りというのも逃げという脚質上合うのだろう。

【馬場適正:◎】

例年の阪神開幕週は時計が速い。

前走阪神Cこそ稍重の時計のかかる馬場で勝利していますが、重賞初勝利の北九州記念、昨年の阪急杯と時計の速いレースで結果を残しているように高速馬場向きな馬である。

【短評】

GⅠだと厳しいがGⅡ以下だと戦える。

逃げもしくは前に壁を作らない2番手あたりで競馬ができれば好走が期待できる。

好走期待値:90

 

スターオブペルシャ

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日のの最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:〇】

前走阪神CではGⅡで3着、逃げ馬のダイアナヘイローが勝っているように先行有利の展開の中、道中11番手から差してきている。

ちなみに2着のミスターメロディも道中2番手だった。

直近3戦が1400m戦で3、3、1着と安定して馬券に絡めている。

【コース適性:◎

1400m巧者でこれまで(4-3-4-2)と好成績。

阪神も2戦のみだが(1-0-1-0)と馬券を外していない。

前走阪神C3着も戦績をみるとフロックではないように思う。

【馬場適正:〇】

前走稍重阪神C3着の好走で分かるように時計のかかる馬場の方が得意。

それでも前々走では1:20.4で走れているし、速い時計でも対応はできる。

【短評】

舞台設定としては申し分なし。

あとは当日の馬場状態次第だが、なるべく高速馬場じゃない方が歓迎だろう。

好走期待値:85

 

ロードクエスト

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日のの最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:〇】

前走津京新聞杯は勝ち馬に0.4秒差の4着だったが、この時は内馬場有利で1-3着の馬はそれぞれ2番、6番、1番枠だった。

この馬はそれよりも外側の8番枠で道中も外を回していたので、馬場を考えると有鬚な着順だといえる。

前々走京都金杯では見せ場なしの13着、着順に波が激しい分狙いづらい1頭ではある。

【コース適性:〇】

1400m成績は(1-1-0-1)と良績、ただ阪神でのレース経験がない。

推測になってしまうが、この馬は小回り・急坂のある中山で京成杯AH勝利、ホープフルS2着、スプリングS3着と好走しているので、阪神小回りコースは得意な舞台だと考えられる。

昨秋の京成杯AHでも勝ち馬に0.2秒差の4着と善戦している。

【馬場適正:◎】

近2走を見れば高速馬場向きなのは明白。

前走東京新聞杯の走破時計が1:32.4で勝ち馬とのタイム差が0.4秒で4着。

前々走京都金杯は走破時計が1:35.4で勝ち馬とのタイム差が0.5秒で13着。

開幕週の阪神馬場は合うだろう。

【短評】

阪神小回り、開幕週の馬場、1400mといずれも得意に思う。

後は道中の位置取りだけ。

開幕週なので後ろ過ぎなければチャンスはある。

好走期待値:85

 

阪急杯適正まとめ

好走期待値:90

ダイアナヘイロー

好走期待値:85

スターオブペルシャロードクエスト

 

明日火曜日には久しぶりに地方の船橋メイン:報知グランプリカップの予想をアップしますのでぜひっ!!

 

以上、第63回阪急杯(GⅢ)出走馬適正分析でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければぜひっ。