club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【データ】金鯱賞(2019)出走馬適正分析~荒れても不思議ではない~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

 

今年の金鯱賞は非常に面白くなりそうです。

GⅠ実績のある馬から上がり馬、中京巧者までいて予想のやりがいもあります。

大阪杯がGⅠに格上げされて、今後このレースが前哨戦として重宝されていくのでしょう。 

 

さて早速、今回は第55回金鯱賞(GⅡ)の出走馬適正分析です。 

 

金鯱賞適正分析

リスグラシュー

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日の最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:◎】

昨年は充実の秋を迎えエリ女で念願のGⅠ初制覇、続く香港ヴァーズでも世界を相手に2着と好走。

鞍上モレイラと相当手が合っていたので乗り替わりは残念だが、昨秋でもう一皮むけた印象だ。 

休み明けは走るタイプで昨年春は東京新聞杯を制し、秋は府中牝馬Sでディアドラの2着、牡馬相手に走っているので今回の牡馬混合戦も問題はなさそう。

【コース適性:〇】

中京コースは初めてだが左回りでは東京で重賞2勝している。

また中京は実は直線400~200m付近で中山に次ぐ急勾配があるコースなのだが、この馬の戦績を見る限りは京都>阪神なので坂はないほうが望ましい。

それでも桜花賞2着があるように、こなせなくはない。

後方からの差し馬なので直線が長いほうが絶対に良い。

【馬場適正:◎】

中京は開幕週だが、昨年の金鯱賞稍重馬場だったということもあり前半1000m通過が1:03.0という超スローペースでありながら上がり最速が33.7。

良馬場なら33秒台前半は出たであろう。

府中牝馬Sで32秒台の脚を使っているこの馬からしたらパンパンの良馬場はウェルカムだろう。

高速馬場を想定する。

【短評】

直線の長いコースで道中脚を溜められればしまいの脚は伸びる。 

大崩れした安田記念(8着)では追走に苦しみ敗れた印象。

2000m戦なそこまでペースは上がらないので問題ない。

好走期待値:90

 

ギベオン

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日のの最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:〇】

前走はレベルが違えど今回と同じ舞台で勝利している。

大崩れしたのは前々走セントライト記念のみで、この時は個人的には距離ではなくコーナーワークで苦戦していたので小回りが苦手なのだと思った。

それ以外は6戦して5連対と安定感のある走りで、GⅠのNHKマイルCでも2着に好走している。

新馬戦で勝利してるように休み明け初戦から力を発揮できるタイプ。

【コース適性:◎】

前走は今回と同じ舞台で勝利している。

左回りの方が得意でこれまで(2-1-0-0)のパーフェクト連対。

コース適正はこの馬が1番。

【馬場適正:◎】

昨年末の中京コースで勝利していて、そこから大幅に馬場は変わらないと思うので信頼できる。

NHKマイルCでは高速馬場で2着に入っているので馬場は向きそう。

【短評】

ないのは格だけ。

勝負根性があり前走では一度差されてから差し返しているし、NHKマイルCでもしぶとく粘っている。

好走期待値:90

 

メートルダール

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日のの最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:〇】

前走AJCCはフィエールマン、ジェネラーレウーノら強いメンバーの中で3着と好走。

GⅡで結果を残している。

一昨年に制している前々走中日新聞杯は5着敗退。

ハイペースに泣き追走で脚を使ってしまった形。

GⅠでは届かないがGⅡ以下なら好走できる馬。

【コース適性:◎】

 一昨年同じ舞台の中日新聞杯を制している。

左回りが得意でこれまで新潟記念2着、新潟大賞典3着など重賞でも好走歴多数。

差し馬なので直線の長さ+そこまで切れる脚を持っていないので急坂のある中京コースはうってつけ。

【馬場適正:〇】

高速馬場だとキレ負けする。

追い込みに近い差し馬ながら、キャリアで上がり最速が3回しかない。

少し時計のかかる馬場方法が得意。

【短評】

差し馬ながらスパッと切れる脚のないこの馬にとって中京は1番合うコースだろう。

道中で脚を溜められればしまいはじわじわと伸びてくるはず。 

好走期待値:85

 

エアウィンザー

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日のの最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:〇】

前走チャンレンジCで重賞初制覇。

この時の3着馬は京都記念で2着に入ったステイフーリッシュ、4着馬は同じく京都記念で勝利したダンビュライト。

GⅡのワンツーを抑えている。

上がり馬だがエアスピネルの全弟でもともと期待されていた馬が開花した。

【コース適性:〇】

中京コースは初めて。

左回りでは3歳時に共同通信杯6着、キャリアで唯一3着以内を外している。

もっとも1600万下のむらさき賞では勝利できているので、本格化した今なら問題はないだろう。

直線に急坂のある阪神コースで連対率100%なので、坂も問題ない。

【馬場適正:◎】

高速馬場は歓迎。

前走チャレンジCでも1:58.3と好タイムで勝利しているし、1800m戦でも持ちタイムは1:45.4と良い時計を持っている。

【短評】

前走のパフォーマンスを見ると小回りコースでうまく立ち回る方が強さを発揮しそう。

最も得意とする舞台ではなさそうだが、兄のエアスピネル同様器用な馬なので競馬場は問わない。

好走期待値:80

 

金鯱賞適正まとめ

好走期待値:90

リスグラシュー、ギベオン

好走期待値:85

メートルダール

好走期待値:80

エアウィンザー

 

最終追い切り分析・予想も併せてぜひっ!

【調教】金鯱賞(2019)最終追い切り分析~今週も牝馬か~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】金鯱賞(2019)~リスグラシュー!~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第55回金鯱賞(GⅡ)出走馬適正分析でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければぜひっ。