club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】福島牝馬S(2019)~デンコウアンジュ!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

今回も【血統】【騎手】【枠順】の傾向から見ていきます。

 

【血統】

過去3年の福島牝馬S5着以内馬と先週の500万下(1800m)から傾向を探る。

この舞台と相性の良い血統はリファールの血が入っているか

これはここ2年で特に傾向が出ている。

福島もここ2年は時計が速く1:46秒台での決着となっているが、そこで大活躍なのがメイショウサムソン

そのメイショウサムソンニジンスキー系だが、父の母系にはリファールが入っている。

昨年2着馬の父はディープインパクト産駒だが、ディープの母型にもリファールが入っている。

昨年は1-3着、一昨年は1-2、4-5着にリファールの血が入っていた。

先週のレースでも勝ち馬の母父はリファール系と、これまたリファールの血が入っている。

父、母父などは関係なく、リファールの血が入っているかが血統傾向としては重要となる。

 

次点で傾向があるのは母父サンデーサイレンス

このレースはサンデー系種牡馬があまり活躍しないレースで、ノーザンダンサー系やキンカメ産駒が活躍している。

それをサポートしているのが母父サンデーというわけだ。

 

【騎手】 

ローカル開催なので有力騎手があまり福島には来ないという現状があるが、加kp3年で見ると勝利数(距離問わず)では35勝で圧倒的に戸崎さん

2位の丸山君が17勝なのでダブルスコアの差をつけている。

複勝率でも戸崎さんで47.3%、2位は秋山さんの41.7%

ちなみに今年に入ってからの福島開催(第1回途中だが)では若手の西村さんが5勝でトップ、特別レースでも2勝と今回のメンバーの中ではトップの勝利数となっている。

※今年の福島牝馬Sに乗る騎手のみで算出

 

【枠順】

枠順は真ん中が良い。(過去10年)

最多勝利数は4枠の4勝、次いで3枠の3勝とこの2枠で7勝も挙げている。

複勝率で見ても3・4枠がそれぞれ36.8%でトップ。

1-4枠で9勝と真ん中よりも内側の枠が好走している。

 

ここら辺を踏まえて第16回福島牝馬ステークス(GⅢ)の最終予想をしていきます。 

 

福島牝馬S予想

デンコウアンジュ

〇ダノングレース

 

※中間・最終追い切り分析では調教内容を詳しく分析していますので、ここではその詳細は記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【中間追い切り】福島牝馬S(2019)調教分析~ランドネ!~競馬予想ブログ - club keiba

【調教】福島牝馬S(2019)最終追い切り分析~ペルソナリテ!~競馬予想ブログ - club keiba

 

デンコウアンジュ

【血統:◎】父メイショウサムソン×母父マリエンバード

父はサドラーズウェルズ系で、父の母型にリファールが入っている。

母父はニジンスキー系なので、ゴリゴリのノーザンダンサー系。

母の牝系にサンデーサイレンスも入っている。

このレースに必要な血は全て入っている。

【特徴】 

・武器は追い込みの瞬発力

勝馬ながらキャリアで上がり最速は6回を数える。

追い込み馬の性だが、この馬は惜しいレースが多い。

ヴィトリアマイル2着というのもある。

素晴らしい瞬発力があるものの、毎回外々を回して届かないというレースが多いので、もしかしたらこの馬は馬混みが苦手なのかもしれない。

好走しているレースはほとんど外を回しての豪快な末脚によるもので、距離ロスをなくすイン突きはしない。

 

瞬発力はあるが馬混みがダメだとすると多頭数の小回りコースが苦手だろうが、今回は小回りコースだが10頭立てと頭数が少ない。

この馬からしたらレースはしやすいだろう。

 

・舞台適性〇

前走中山牝馬Sでは4角で大外を回しながら勝ち馬に0.1秒差の4着、上がりも距離ロスがありながら2位の34.8をマークしている。

昨年の福島牝馬S3着もあるように、小回りで直線に坂のあるコースが得意な馬。

この馬のもうひとつの武器がコーナリングで、コーナーで加速ができまくることができる。

それゆえに追込馬ながら小回りコースでも好走できるのだと思われる。

 

・枠も良いが・・・

真ん中の枠が引けたので好走条件はそろっているが、懸念点は鞍上の善臣先生。。

善臣先生が重賞に勝つイメージが持てないのと、追込はベテランになればなるほど体力面で厳しいのではないかと思う。

 

〇ダノングレース

【血統:◎】父ディープインパクト×母父Oratorio

父の牝系にはリファールがおり、母父もマイル型のノーザンダンサー系であるデインヒル系。

このレースとは相性が良さそうな血統を持っている。

【特徴】

・コーナーセンス

ディープインパクト産駒なので瞬発力があることは確かなのだが、それに加えてこの馬の場合はコーナリングが上手い。

4走前の西郷特別では今回と同じ舞台の福島1800mで勝利しているが、そこでは4角でまくり直線では楽に先頭に立って押し切っている。

この時のタイム差は0.3秒と完勝だった。

逆に前走初音S(東京1800m)では上がり2位の脚で勝利していて、タイム差もなしだった。

直線の長いコースよりも小回りで器用さが求められるコースの方が、この馬は得意なようだ。

 

・弱点は折り合い

3走前のノエル賞では道中の折り合いを欠いたことにより最後の直線で伸びを欠き勝ち馬に0.2秒差の4着となっている。

次走1000万下のレース(1着)では全く同じ舞台で同じ騎手で勝利しているが、この時の方がスローペースだったのにもかかわらず折り合いはついていた。

なのである程度改善はされてきているのだろうが、鞍上は折り合いに神経を使わなけらばならなくなるだろう。

道中にいかにじっとしながら追走ができるかがポイントとなりそう。

馬なりで追走できればまくり差しを決める脚を溜められる。

 

買い方

デンコウアンジュ

〇ダノングレース

 

馬連

◎〇

計1点 

 

予想を終えて・・・

血統面ではデンコウアンジュ、追い切り面ではペルソナリテ、適性面ではダノングレースがそれぞれの最高評価となりました。

ペルソナリテは追い切りは抜群に良かったのですが、いかんせん適正面が乏しいです。

直線は長いほうが良さそうですし、距離もマイルまでかなと思います。

ステゴ産駒の牝馬ですし。

良くて4-5着でしょう。

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

福島1800m適正:4

最終追い切り:3

血統 :2

騎手:1

 

読んでくれてありがとう!

以上、第16回福島牝馬ステークス(GⅢ)最終予想でした。