club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【調教】皐月賞(2019)1週前追い切り分析~ラストドラフト!~競馬ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

近年の皐月賞はのちにマイラーになるようなスピードがある馬が好走傾向にありますが、今回の1週前追い切りではのちにステイヤーとなりそうな馬が良く見えました。

マイラーっぽさならばアドマイヤマーズやダノンキングリーあたりが思い当たりますが、1週前追い切りはそこまでよくは見えませんでした。

今年の皐月賞は難しくなりそうです。

 

さて今回は第79回皐月賞(GⅠ)の1週前追い切り分析です。

 

皐月賞1週前追い切り  

今回予備登録をしているのは15頭。

その中から良く見えた馬を紹介します。

 

ラストドラフト

京成杯1週前【2頭併せ仕掛】

美浦/南W/良/5F68.5-13.4

皐月賞1週前【2頭併せ馬なり

美浦/南W/良/6F80.5-65.6-13.1

 

勝利した前々走京成杯1週前追い切りとの比較。

京成杯の時は鞍上が仕掛ける程度に追っているのに対し、今回は終始馬なりだった。

それでも全体時計は今回の方が2.9秒も速く、ラスト1Fも0.3秒更新している。

この馬は先行馬なので特に全体時計が重要だが、それを馬なりで大幅に更新できているのは非常に好感が持てる。

抑え気味の馬なりで併せ馬にも楽に先着できているし、鞍上が追えば一気に加速しそうな雰囲気がある。

状態はかなり上向いていると判断する。 

 

ヴェロックス

若葉S1週前【単走強め】

栗東/CW/稍重/6F82.7-12.0

皐月賞1週前【単走仕掛】

栗東/CW/良/6F79.0-12.0

 

前走勝利した若葉S1週前追い切りとの比較。

追われ方は強め>仕掛なので若葉S、馬場は良>稍重なので今回の方がタイムが出やすい。

また今回はコースの大外を回っており、若葉S時は7分どころを走っていたのでタイムは前走時の方が出やすい。

ここら辺を踏まえてタイムを比較すると、若葉S時の方がタイムが出やすそうではあるが、今回の方が全体時計は3.7秒も速く、ラスト1Fは同タイムとなっている。

ヴェロックスは先行馬なので全体時計で示されるスピードの持続力が重要となる。

3.7秒のタイム更新は前走からの状態の上向きを示しているといってよいだろう。

動き自体もフットワークが軽くのびのびと走れている。

 

サートゥルナーリア

ホープフルS1週前【2頭併せ馬なり

栗東/CW/稍重/5F67.8-11.5

皐月賞1週前【2頭併せ仕掛】

栗東/CW/良/6F81.3-66.0-11.5

 

前走勝利したホープフルS1週前追い切りとの比較。

良馬場で鞍上に追われているので今回の方がタイムが出やすいのは確かだが、走っているコースは今回が大外でホープフルS時は馬場の7分どころをなので、この点を踏まえるとホープフルS時の方がタイムが出やすい。

ここらへんを考慮しても、全体時計で1.8秒タイムを短縮できているのは成長分だろう。

ラスト1Fは同タイムだが、それでも併せ馬にはしっかりと先着できていて、追ってからの反応も良く一気にかわせている点は好感が持てる。

 

タガノディアマンテ

スプリングS1週前【単走馬なり

栗東/CW/良/6F85.2-12.0

皐月賞1週前【単走一杯】

栗東/CW/良/6F84.0-11.6

 

調教パターンが同じなので前走4着に敗れたスプリングS1週前追い切りとの比較。

今回は一杯追いなのでタイムが出やすいが、それでも全体時計で1.2秒、ラスト1Fも0.4秒速いタイムをマークしている。

この馬は追込馬なのでラスト1Fを重視したがしっかりとタイムを短縮できていて、ムチを入れられて一杯に追う鞍上の指示にもしっかりと応えて力強く前進できている。

重心も低く体幹がしっかりしている印象を持った。

 

1週前追い切りまとめ

良く見えた馬はこちら。

・ラストドラフト

・ヴェロックス

・サートゥルナーリア

・タガノディアマンテ

 

出走馬適性分析・最終追い切り分析・最終予想も併せてぜひ!

【データ】皐月賞(2019)出走馬適性分析~ダノンキングリー!~競馬予想ブログ - club keiba

【調教】皐月賞(2019)最終追い切り分析~ダノンキングリー!~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】皐月賞(2019)~ダノンキングリー!~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第79回皐月賞(GⅠ)1週前追い切り分析でした。

読んでくれてありがとう。