club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【調教】桜花賞(2019)最終追い切り分析~アクアミラビリス!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

今年の桜花賞はダノンファンタジー、グランアレグリア、クロノジェネシスの3強という構図ですが、最終追い切りでは期待のできる仕上がりには感じられない各陣営でした。

ダノンはいつものCWではなく芝での最終追い切り、グランは前走ほどでもなく、クロノも阪神JFほどの出来には見えませんでした。

一方良く見えた伏兵馬たちをこれから紹介します。 

 

今回はそんな第79回桜花賞(GⅠ)の最終追い切り分析です。  

 

桜花賞最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

 

アクアミラビリス

エルフィンS最終:栗東/坂路/良/4F54.7-12.3【単走馬なり

桜花賞最終:栗東/坂路/良/4F53.1-12.3【2頭併せ強め】

 

前走勝利したエルフィンSとの比較。

追われ方に違いがあり、今回の方が負荷のかかる内容なのはGⅠという舞台を考えると良い。

タイム的にも全体時計では1.6秒、ラスト1Fは同タイムと今回の方が優秀。

前走エルフィンSでは桜花賞にも出走するノーブルスコアに0.3秒差をつけて勝利してる。

そのノーブルスコアがチューリップ賞でダノンファンタジーに0.2秒差の負けなので、単純計算をすればアクアミラビリスは能力的には足りていることになる。

それでいて追い切り内容は前走以上となれば、好走は大いに期待ができる。

仕上がり:90%

 

フィリアプーラ

フェアリーS最終:美浦/南W/良/4F55.2-13.6【単走馬なり

桜花賞最終:美浦/南W/良/4F52.9-12.4【単走仕掛】

 

前走勝利したフェアリーS最終追い切りとの比較。

今回は鞍上に促されてはいるが、全体時計では2.3秒、ラスト1Fも1.2秒タイムを縮めている。

3か月前の追い切りとの比較なので成長が見られ、かつ状態面の良さも感じる。

相手関係や過去のデータと照らし合わせるとフェアリーS組が桜花賞で好走するのは難しいが、馬の調子自体は良いので注目したい。

仕上がり:85%

 

ノーワン

Fレビュー最終:栗東/坂路/稍重/4F51.9-12.3【2頭併せG強め】

桜花賞最終:栗東/坂路/良/4F51.7-12.3【2頭併せ一杯】

 

前走12人気の低評価ながら勝利したFレビュー最終追い切りとの比較。

馬場・追われ方を考えると前走の方が優秀なタイムではあるが、それでも今回は一杯に追われていて陣営の意気込みを感じるし、全体時計も0.2秒ながら今回の方が速い。

この馬は差し馬ながらスピードの持続力で勝負するタイプなので、全体時計を更新できている点は好感が持てる。

状態面は前走から維持できている。

仕上がり:80%

 

ダノンファンタジー

チューリップ賞最終:栗東/CW/良/4F48.1-12.1【単走強め】

桜花賞最終:栗東/芝/良/5F62.5-47.8-11.7【単走馬なり

 

前走勝利したチューリップ賞最終追い切りとの比較。

まず、馬場をCW→芝コースに変更している。

前走結果が出ているのに調教パターンを変更するのは個人的にあまり好まないが、この馬は阪神JFでは最終追い切りを坂路で行っており、すでに調教パターンの変更で結果を残しているのでパターン変更による問題はないだろう。

タイム的には芝の方が速くなるので、馬なりながら全体時計では0.3秒、ラスト1Fは0.4秒速くなっている。

ここをメイチ仕上げといった内容ではないが、前走と同程度には仕上がっている印象。

仕上がり:80%

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

アクアミラビリス      :85%

フィリアプーラ         :80%

ノーワン                    :80%

ダノンファンタジー  :80% 

 

1週前追い切り分析・データ分析・予想も併せてぜひっ!

【データ】桜花賞(2019)出走馬適性分析~クロノジェネシス!~競馬予想ブログ - club keiba

【調教】桜花賞(2019)1週前追い切り分析~ビーチサンバ!~競馬ブログ - club keiba

【予想】桜花賞(2019)~グランアレグリア!~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第79回桜花賞(GⅠ) 最終追い切り分析でした。

読んでくれてありがとう!